--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
06
16

【記事】ワン・ジヘ,ドラマ'友へ'でクァク・キョンテク監督に出会う(インタビュー)

【記事】ワン・ジヘ,ドラマ'友へ'でクァク・キョンテク監督に出会う(インタビュー)
OSEN |入力2009.06.16 15:11
[OSEN=キム・ミンジョン記者]去る2001年800万人を越える観客を動員しながら,話題の中心に立った映画'友へ'が2009年お茶の間劇場に戻る。
映画'友へ'が徹底的に男たちの話を扱いながら,マッチョ的な臭いを漂ったとすれば,ドラマに変身する'友へ,私たちの伝説'は映画の中ではそこまで全部見えてくれなかった彼らのサランと,背信がより一層詳しく描写される予定だ。
20090616151107_446_2.jpg
20090616151107_446_1.jpg
20090616151107_446_0.jpg
そしてその中には'友へ'の新しいヒロイン新鋭ワン・ジヘが強硬に位置している。
事前製作100%を目標に釜山で真っ最中詰めの撮影が進行された5月の最後の週,ドラマ撮影が終わらんとするほど物足りなさが大きくなって涙が出るという彼女,ワン・ジヘに会った。
#新鋭ワン・ジヘ,'友へ,私たちの伝説'のヒロインになる
大衆にワン・ジヘという名前はまだ見慣れない。
だが彼女はその間色々な作品を通じて,着実に顔を知らせながら,俳優としての地位を固めてきた。
新人らの登竜門の役割を正確にしたKBS 'ドラマシティ'とMBC 'ベスト劇場'を通じて,デビューしたワン・ジヘは以後ドラマ'1%の奇跡' '北京私の愛' '完ぺきな隣に会い方'をはじめとして,映画'KUMIHO/千年愛家族' 'ビューティフル サンデー'とさまざまなミュージックビデオ,広告に出演したし,いよいよ'友へ,私たちの伝説'で女主人公の役割に達した。
"すでに撮影を始めて4ヶ月を越えました。
役のためにオーディション受けたことを思えばまだくらっとします。
本来故郷が慶尚道(キョンサンド)となまりをする方法は分かったが監督様がセリフひとつひとつを録音して聞かせられるほど熱情があふれたでしょう。
クァク・キョンテク監督様をはじめとして,多い映画スタッフらがまた集まって作ったドラマと多分映画のようなドラマに会えるでしょう。"
#映画'友へ'とドラマ'友へ',のようだが違う
ワン・ジヘは今回のドラマでバンド'レインボー'のジンスク役を担った。
当時映画でキム・ボギョンが引き受けた役割で比重が大きくはないけれど映画の中歌とファッションなどで多い話題を産んだ。
ドラマ'友へ,私たちの伝説'でジンスクは女主人公としてヒョンビン,キム・ミンジュンなどと共に呼吸を合わせる予定だ。
彼女は"ドラマでは映画で見られることが出来ないジンスクの姿がたくさん公開されるでしょう。
映画よりはもう少し元気で,明るいキャラクターで登場します。
事情ももう少し豊富になったし,レインボーに対する話とメンバーらのあいだの話もたくさん描かれるでしょう"と話した。
映画の中キャラクターとの比較に対しても"負担がないと話せば嘘でしょう?だが明らかに映画の中ジンスクとドラマの中ジンスクは同じであるように見えても他の人物です。
ワン・ジヘから出てくるジンスクの姿も期待して下さい"としてしっかりしている覚悟を明らかにした。
#からだは大変だったがいつも夢見るように幸せで甘かった
ワン・ジヘはドラマ撮影が進行される4~5ヶ月の時間が夢のようだったと話した。
"現場で女優として愛されているということを感じました。
いつも現場で女優を光るようにされる方々があるという事実に感謝申し上げます。
撮影日程に倒れることのようにからだは大変でもいつも夢を見るように幸せで甘い時間らでした。"
彼女は自身を主人公で抜てきしたクァク・キョンテク監督を'お父さんのような方'と話した。
"クァク・キョンテク監督様は私の演技を豊富にさせて下さったプニです。
まだ演技が下手で,感情表現が激しくなったりぎこちないときは最大限私が気楽な演技ができるように配慮して下さいます。
全く一緒である演技も違う見解で見られる力を教えて下さったし,単純な演技で幅広いここができるように知らせられました。"
#ドラマ'友へ'は感動と郷愁の再現だ
来る27日'友へ,私たちの伝説'初放送を控えているワン・ジヘは"撮影する終始釜山に留まりながら,釜山をさらに愛することになりました。
撮影が末に行くほど1シーン1シーンがとても惜しいです。
映画'友へ'の演出者とスタッフがまた団結したからなのか皆映画を愛した大衆にその間のサランを回して差し上げたい心が大きいです"と伝えた。
最後に彼女は"映画'友へ'を見る方々ならば映画よりさらに大きな感動をドラマを通じて感じられたらいいですね。
そしてその時代を生きてみられた方々は思い出と郷愁を,そして若い世代の視聴者たちには当時の時代の雰囲気をそっくり感じられるドラマになるでしょう"としてドラマに対する関心と期待を頼んだ。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。