--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
06
18

【記事】制作発表会―⑭unionpress

2009年06月18日10:36
【記事】[フォト]キム・ミンジュン,“キム・ミンジュンだけのジュンソク見せること”
1245235430-94.jpg
1245235366-60.jpg
17日午後2時リベラ ホテルでMBC週末企画ドラマ<友へ,私たちの伝説>(以下友へ)製作発表会が開かれた。
発表会にはクァク・キョンテク監督をはじめ,出演俳優ヒョンビン,キム・ミンジュン,ワン・ジヘ,ソ・ドヨン,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリンが参加して,ドラマ<友へ>放映祝い席を持った。キム・ミンジュンは映画<友へ>でユ・オソンが演技した‘ジュンソク’役を担って,運命的ボスのカリスマを見せる予定だ。
映画<サラン>に続きまたクァク・キョンテク監督と作品を一緒にしてヒョンビンともドラマ<アイルランド>以後二番目呼吸を合わせて,相対的に安らかな気持ちであったというキム・ミンジュンは“キム・ミンジュンだけのジュンソクを見せるだろう”と話しながら,強い自信を表わした。
キム・ミンジュンは“9年前クァク・キョンテクという船長を中心に航海情報がない状態で映画<友へ>が完成されたとすれば今はその航海日誌が作られた状態で良い航海をまたすることになったこと”としながら所感を明らかにして“航海情報が取りそろえているから負担感よりはより一層没入力を高めて良い結果を出すことができた”と話した。
一方キム・ミンジュンは“ストーリーラインで映画<友へ>と分かれる,重要な反転がある。
今は保安を守らなければならないが期待しても良いだろう”と耳打ちした。

2009年06月18日10:40
【記事】[フォト]ワン・ジヘ,“風変わりなジンスクの姿,期待して下さい!”
1245235627-31.jpg
1245235671-20.jpg
17日午後2時リベラ ホテルでMBC週末企画ドラマ<友へ,私たちの伝説>(以下友へ)製作発表会が開かれた。
発表会にはクァク・キョンテク監督をはじめ,出演俳優ヒョンビン,キム・ミンジュン,ワン・ジヘ,ソ・ドヨン,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリンが参加して,ドラマ<友へ>放映祝い席を持った。
ワン・ジヘが引き受けた‘ジンスク’は三人の友のサランを一身に受けながら,葛藤を高めさせる女性に描かれる予定.
不遇な環境の中でも明るい姿を失わないで自身の人生を切り開く強い女性でもある。
映画<友へ>でのジンスク(キム・ボギョン扮)は高等学校時期バンド‘レインボー’のボーカルで多い人気を享受するが後でジュンソク(ユ・オソン扮)の夫人になって,窮乏した生活を送ることになる人物に描かれた。
しかしドラマ<友へ>の,ジンスクは映画とは違い明るくて抜け目のない‘キャンディ’型人物に新たに出る予定だ。
ジンスク役を担ったワン・ジヘは“初めには負担を感じた。
しかし映画のジンスクとは完全に違ったキャラクター”と話した。
彼は引き続き“ジンスクには家族に対するサランが最も大きい原動力だ。
したがって家族に関するエピソードがたくさん挿入される予定”としながら期待感を高めた。
ワン・ジヘは“後半部に行くほど男たちの間で葛藤を惹起させたり他の見方をすれば犠牲になる部分もある。
しかし監督様はジンスクがある程度のカリスマを持っていることを望んだ。
そのような部分を念頭に置いて演技した”と話した。

2009年06月18日10:43
【記事】[フォト]ソ・ドヨン,“ドラマの中‘状態’は最も現実的人物”
1245235947-39.jpg
1245235971-32.jpg
17日午後2時リベラ ホテルでMBC週末企画ドラマ<友へ,私たちの伝説>(以下友へ)製作発表会が開かれた。
発表会にはクァク・キョンテク監督をはじめ,出演俳優ヒョンビン,キム・ミンジュン,ワン・ジヘ,ソ・ドヨン,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリンが参加して,ドラマ<友へ>放映祝い席を持った。
ソ・ドヨンが引き受けたキャラクターはクァク・キョンテク監督の自伝的キャラクターと呼ばれる‘サンテク’.
学生時代苦楽をともにした友へらが組織暴力団の道を歩くのを見ながらも友情を失わない新聞記者だ。
ソ・ドヨンは“映画の中サンテクが話者ならば,ドラマのサンテクは事件の中心的人物”としながら“映画の中サンテクが純粋で汚れがつかなかった姿を大事に保管したとすればドラマの中サンテクは欲,熱情,成就欲などを持った現実的人物だ。
視聴者たち立場では最も現実的だと感じるだろう”と話した。
一方,ソ・ドヨンはなまり先生と2月の間合宿してクァク・キョンテク監督が録音したなまりテープをこれ以上音がしないほど聞いたと明らかにしながら,ドラマ<友へ>に注いだ熱情を伝えた。

2009年06月18日10:47
[フォト]ペ・グリーン,“撮影会場のかわいがられている子供が‘ソンエ’なんです”
1245236143-47.jpg
1245236173-49.jpg
17日午後2時リベラ ホテルでMBC週末企画ドラマ<友へ,私たちの伝説>(以下友へ)製作発表会が開かれた。
発表会にはクァク・ギョンテ監督をはじめ,出演俳優ヒョンビン,キム・ミンジュン,ワン・ジヘ,ソ・ドヨン,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリンが参加して,ドラマ<友へ>放映祝い席を持った。
ペ・グリーンはドラマ<友へ>でバンド‘レインボー’のベースその他を演奏する‘ソンエ’役を担った。
映画ではなかったキャラクターだが,ドラマで‘レインボー’の比重が大きくなりながら,ドラマの活力を高めることになる予定.
ペ・グリンは“映画上でソンエというキャラクターがたくさん紹介されないのにワイルドにしながら気さくな部分を表現しようと努力した。
そのようなキャラクターを生かすために監督様が頭を短く切らなければならないといって初めには気に障ったが今は満足する”と所感を明らかにした。

2009年06月18日10:49
【記事】[フォト]イ・シオン,“ヒョンビン?キム・ミンジュン兄にたくさん食ってかかりました”
1245236241-74.jpg
1245236264-61.jpg
17日午後2時リベラ ホテルでMBC週末企画ドラマ<友へ,私たちの伝説>(以下友へ)製作発表会が開かれた。
発表会にはクァク・ギョンテ監督をはじめ,出演俳優ヒョンビン,キム・ミンジュン,ワン・ジヘ,ソ・ドヨン,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリンが参加して,ドラマ<友へ>放映祝い席を持った。
イ・シオンは劇中で4人の友へ中最も快活なムードメーカー‘チュンホ’を引き受けて,ドラマの活力を高めた。
実際にも活発な性格の彼は親しい友への姿をよく表現するために撮影前からヒョンビン?キム・ミンジュンに尋ねた者,電話連絡をよくするなど親しくなるために努力したと。
演劇学科出身というイ・シオンは“演劇舞台にはたくさん立ってみたがドラマ出演は初めてだとたくさん緊張する”ながらも,“映画<友へ>は封切り日劇場に行ってみた。
私には伝説のような作品”としながら興奮する心を隠さなかった。

2009年06月18日10:51
【記事】[フォト]チョン・ユミ,“ヒョンビン兄さんを片思いする純情派です”
1245236321-39.jpg
1245236346-31.jpg
17日午後2時リベラ ホテルでMBC週末企画ドラマ<友へ,私たちの伝説>(以下友へ)製作発表会が開かれた。
発表会にはクァク・ギョンテ監督をはじめ,出演俳優ヒョンビン,キム・ミンジュン,ワン・ジヘ,ソ・ドヨン,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリンが参加して,ドラマ<友へ>放映祝い席を持った。
チョン・ユミは劇中でバンド‘レインボー’の鍵盤を引き受けて演奏する‘ウンジ’役を演技した。
ウンジはねじれたところがなく明るい明るいキャラクターだが,ドンスに対する最高の純真なサランを大事に保管する純情派でもある。
映画<友へ>でなかった役割だと負担になったがおもしろく撮影に臨んだと。
チョン・ユミは“ウンジがとても明るいキャラクターと現場でも普段にしても明るく生活しようと努力した”として“俳優らの間に常に集まって,間を固めたこと多い役に立ったようだ”と話した。
特に公演する場面に対しては“撮影二日前から監督様と講堂を借りてセッティングしておいて観客や演技者なしで熱心に練習した”として“MTVなどバンドが出てくるプログラムをつくづくと見たものがとても役に立ったようだ”と所感を明らかにした。

2009年06月18日10:53
【記事】[フォト]ヒョンビン,“チャン・ドンゴン先輩がたくさん応援して下さいました”
1245235844-66.jpg
1245235881-97.jpg
17日午後2時リベラ ホテルでMBC週末企画ドラマ<友へ,私たちの伝説>(以下友へ)製作発表会が開かれた。
発表会にはクァク・ギョンテ監督をはじめ,出演俳優ヒョンビン,キム・ミンジュン,ワン・ジヘ,ソ・ドヨン,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリンが参加して,ドラマ<友へ>放映祝い席を持った。
ヒョンビンは<友へ>でドンス(映画でチャン・ドンゴン扮)を引き受けて,熱演を広げた。
インタビュー前公開されたハイライト編集映像では既に見られなかったヒョンビンの男らしくて線太い演技を確認することができた。
チャン・ドンゴンが演技したドンスに負担感を感じるのではないかとの質問にヒョンビンは“それのために作品出演を反対した人もいた。
しかし9年前初めて映画<友へ>を見た時感じた感動と欲を忘れることができなくて挑戦した。
撮影しながら,後悔したことは一度もない”と話した後“比較するかと思って恐ろしかった感情は消えた。
心配はならない”として自信を表わした。
また映画<友へ>で演技力を認められたチャン・ドンゴンは時々電話通話でヒョンビンを励まして現場にも訪ねてきて,スタッフおよび俳優らを応援するなどドラマ<友へ>に対する高い関心を表わしたとヒョンビンは伝えた。

2009年06月18日10:54
【記事】[フォト]カク・キョンテク“過去の私と競争..今は幸福”
17日午後2時リベラ ホテルでMBC週末企画ドラマ<友へ,私たちの伝説>(以下友へ)製作発表会が開かれた。
発表会にはクァク・ギョンテ監督をはじめ,出演俳優ヒョンビン,キム・ミンジュン,王ジヘ,ソ・ドヨン,イ矢言,チョン・ユミ,ペ・グリーンが参加して,ドラマ<友へ>放映祝い席を持った。
クァク・キョンテク監督は今回のドラマを通じて,9年前800万以上の観客が観覧しながら‘友へ症候群’を起こした映画<友へ>をブラウン管で転生させることになる。
クァク・キョンテク監督は“初めに<友へ>のドラマ化を決めて見ると自ら9年前の私と戦って競争する姿を発見した。
9年が過ぎただけにもっと上手くやらなければならないという圧迫感があったこと事実”と告白しながら“楽しくしようと心を変えた。
また当時の末っ子スタッフらが今堂々としている位置で一緒に撮影を進行して見たら以前考えも出て一種の幸せなこともある”と所感を明らかにした。
またクァク・キョンテク監督は俳優イ・ジェヨンが映画に続きドラマでもまた出演することに対して“イ・ジェヨンはいくら探してみても代る人がなかった。
オーディションをたくさん見たが気に入る人がなくて,そのまま維持することに決めた”と明らかにしながら,信頼感を見せた。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。