--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
06
21

イントロダクション(仮っ)

MBC週末企画ドラマ<友へ,私たちの伝説>

01.ドラマ概要
'思い出に蘇る,伝説で記憶される名前…チング'
題 目- 'チング,私たちの伝説'
ジャンル-ヒューマン メローアクションドラマ/ミニシリーズ20部作
初回放送- 2009年6月27日(土)夜10時50分予定
予想製作費-約75億ウォン
メイン コピー-思い出に蘇る,伝説で記憶される名前…チング
脚本-カク・キョンテク ハン・スンウン キム・ウォンソク
演出-カク・キョンテク キム・ウォンソク
出演-ヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,ワン・ジヘ,イ・シオン,チョン・ユミ,ぺ・グリンなど
製作-(株)眞人事フィルム
投資/放映/海外- MBC放送/日本Avex

02.演出編
脚本/演出カク・キョンテク
"チング"は私の人生を変えた映画だ。
私を非常に幸せにもさせたが,私を非常に大変にもさせた。
だが誰がもし“それでは‘チング’以前に戻るか?”と尋ねれば率直にそうしたくはない。
その以後で借金も多くなって暮らしの余裕と健康も失ったが一応ずっと映画を作ることができるクレジットができたためだ。
それで一回ずつ私が作った映画“チング”をまた見る時ごとに万感が交差する中でも特別に世話になった気持ちであることはどうにもならないと知った。
7年前の‘大当たり’以後で色々な知人から多くの続編に対する提案を受けたし,私もまたもう一度延長線上にある何かを作ってみるかという悩みも数回していた。
だが毎度状況が不如意だった。
歳月が流れる間,主役を演じた演技者らとの関係もたくさん変わったし,たとえ私が書いたシナリオだが,私が続編を作ろうとするなら契約上また版権を買ってこなければならない素直に飲み込めない立場もあった。
ところでどうしても“チング”は本来私でない他のひとりとの必然を大切にするようだ。
その人はまさに“イ・チャンジュン”プロデューサーだ。
二番目作品の“ドクターK”の興行に惨敗した後“果たしてどのような話が私を持ちこたえるようにしてやろうか?”という悩みを抱いて回った時“友へ”を提案したのがその友で,また私が崖っぷちに集まった心情で一日一日を持ちこたえる時に,釜山の撮影会場にいきなり訪ねてきて“チングTVドラマ”をしようと主張したのも同じ人物だ。
そして二度の提案を受ける時ごとに私は私の中で何かが生きてうごめく感じと共に強い確信もできた。
恐らくイ・チャンジュン プロデューサーは運命的に“チング”というタイトルの産婆役割をする人物に間違いない。
映画“チング”は映画的完成度を含んで,観客らからサランを受けた“郷愁,友情,ごろつき”という三種類要素がある。
濃い郷愁が切っている画面,4人の人物の共感行くエピソード,荒いノワール的クライマックスなどが興行要素らとして作用したことだった。
ここに“ドラマチング”ではもう一つの強力なテーマとして“サラン”が結合されるだろう。
“チング”以後線の太い男映画を主に作ってきたという評価を聞いたりしたが映画“サラン”を作りながら経た皮を脱いで軟らかい肌で勝負する評価試合を無難に払って出したと自負する。
それで相対的に呼吸が長いドラマではもう少し余裕があって繊細なメロー的感性を引き出す自信を持った。
私が男友達との友情に対する郷愁を美しく大事に保管してきたように異性と愛に対する大切な思い出の包みを解いておくのにこれ以上躊躇したり恥じないむしろを敷いたというだろうか..
私は映画“チング”ではし終えることができなかった話がとても多い。
その時,共に世の中に解いておくべきだった数多い話が機会だけあれば、私の頭の中をけって出てこようと一騒ぎしたことを,今や声と映像で解放させることができそうな安堵感から出発する。
それで気分が良い。
パッと翼を広げてもう一度彼らにその時期で私をのせて列思い出と回想の気流に私をのせる。
それで私と友人らの大切な友情とサランのメッセージで妙薬を作って,共に楽しもうと思うこれらに思う存分分けながら,もう一度幸せになるだろう。

03.ドラマ'チング,私たちの伝説'このような点が強い
映画原作のパワー
-ある映画が封切れば400ヶ以上のスクリーンで上映するマルチ上映館時代でもない,また18才以上等級の映画で870万人の観客を動員した韓国映画興行の神話‘チング’を原作にする。
-いまだに韓国最高の映画に選ぶ時,躊躇しない映画,テレビ番組のよく使われる素材で登場する名セリフらと音楽
-映画“チング”に呼び起こした大韓民国の復古郷愁文化が2000年代にまた再現される。
-その時その時期が忘れられる頃もう一度ドラマを通じて,映画で全ては扱えなかった濃い感動と懐かしさの思い出を引き出す。

映画以上の映像美具現
-ファン・キソク撮影監督など映画スタッフが参加した強力な製作陣の映画撮影を凌駕する撮影会場の雰囲気演出.
-照明設置時間基本三,四時間以上,ドラマでは想像するのが難しい高品質照明による映像.
-シルバーリテンション技法の導入で映画‘チング’の荒くて少し色褪せたような独特の雰囲気造成を通した映像の高級化実現.
-ドラマ撮影としては珍しく現場編集システム適用で映像と俳優演技の完成度倍加.
ドラマとしての面白味も充分
-史劇,不倫,同性愛でなければドラマになりませんか?企画ドラマの氾濫時代に時代のトレンドを導く大当たりドラマ.
-切なくて上品で威厳のあるジンスク,正しいが明るいサンテク,明るい気勢いっぱいであるチュンホ,可愛い金持ちの家の娘ウンジ,快活な腕白小僧ソンエ,悪辣であるカリスマ サンゴン,残忍なナンバースリートルコなど映画より一層多様化したキャラクターとそれと連結した興味深いストーリー.
- ‘砂時計’の時代精神と真剣さ,‘獄の義理母’の汚れがつかなかった面白味をまんべんなく持った

硬いストーリーライン.
完全事前製作ドラマの強力な点
-側台本,むやみに増えるスケジュール,苦痛な撮影現場でない100%辞典製作.
-俳優らと製作スタッフの呼吸で釜山オールロケを通したドラマの完成度極大化
-放映中台本の変動や放映回数の変更ない安定した製作システムの提示.

04.愛の物語を中心にしたシノプシス
映画‘友へ’とドラマ‘友へ,私たちの伝説’の最も大きい差異点は主要登場人物数の変化とそれにともなう多様なストーリー展開だ。
ドラマ“友へ,私たちの伝説”では男人物ドンス,ジュンソク,サンテク,チュンホの四人以外に女主人公ジンスクとベースをひくソンエ,そしてオルガンをひくウンジが女子高3人衆で登場する。
ウンジは金持ちの家の娘で学校で先生らが顔色を見る嫌えない愛嬌の塊りで,ソンエは豊かな遺産を受けた未亡人の母とともに生きる先作男子スタイルであり,主人公ジンスクは不遇な家庭環境の中でも元気な笑いを持った,漫画主人公キャンディと似ている。
小学校の時同じ班だった男4人中で,当時女班長をしたウンジは初めからなぜか転校してきたドンスが好きだった。
ところで数年がすぎて女子高の学芸会公演会場でシンガーのジンスクを初めて見たジュンソクとドンスそしてサンテクは思わず同時に彼女の魅力にぐいっと陥ってしまうが熱心に憂いの表情をしない。
難しく用意された合コンでチュンホはボーイッシュなソンエに必死に自身をアピールしてウンジはカッコよく成長したドンスを見ながら,自分だけの王子様になってくれるのを夢見る。
ジンスクを間に置いた三人の男どもの中で1人でも積極的に自身の感情を表現したならばむしろもう少し気楽に高3時期を送ることができたが,ただ心痛だけした三男たちのサランは友情という名分の下に辛く絡まって行った。
卒業を控えて劇場で広がった戦いのためにジュンソクとドンスは退学にあうことになって病床に横になっていたジュンソクの母の死まで重なるや常に強い姿だけ見えたジュンソクも胸中に大きな穴を持つことになってこれを埋めるために自身の率直な感情を告白した後ジンスクと恋人の仲で発展することになる。
浮気した母の家出と常に落伍者のように生きていくお父さんに腹が立ったドンスは自身の気に障ることを慰労することができることと信じたジンスクがジュンソクとパートナーになったことを確認しては最初から船に乗って海に出て行くことに考えをする。
ジュンソクが父を裏切ったごろつき組織の陰謀で麻薬純愛中毒に陥って,底辺生活を送ることになって,ある日,いつかは自身の姿に戻ることを信じながら大変に彼のそばにあったジンスクをジュンソクの父が呼んで,ジュンソクと別れることを命令する。
一方,不法搾取奴隷船に乗ることになったジンスクの父を偶然にドンスが救ってくることになって,ドンスとジンスクの関係はより一層近づくが麻薬を断って,出監したジュンソクの提案で力を合わせることになったドンスは自身も分からない間にますますごろつきの人生に陥ることになる。
ドンスはジンスクとのサランは結実を結ぶことができなくて健康が悪化したジュンソクの父のために本来はジュンソクが果たすはずだった自首まで自身が代ることになる。
出所後またジュンソクと手を握って組織暴力の世界へ入ったドンス,ジンスクに対する憐憫とジュンソクに対する劣等感で、ジュンソクと何時の間にか競争しようとするがすでに父後に続いて,組織の実力者になっているジュンソクがドンスには手ごわい相手だ。
いつのまにか大学を卒業して新聞記者になっているサンテクは検察の組織暴力掃討の知らせに耳を傾けて、ドンスはジュンソクの組織より独立したサンゴンの招請を受けて、ドンスと背を向けた間になるのに…

05.Character & Cast

donsu_20090621012353.jpg[ハン・ドンス]孤独な反抗児=ヒョンビン
-みすぼらしい生活を送っていく葬儀社の父を見ながら胸が張り裂けそうな苦しさの中で成長.
ジュンソクとの友情を重視しながらも,葛藤,ジンスクに対する気持ちを込めておいて過ごす。
-監房で会った組織ボスの目に入って,全国区ごろつき組織の核心人物になる。

junsok_20090621012359.jpg[イ・ジュンソク]運命のボス=キム・ミンジュン
- 70年代当時釜山最高の組織だった“革新派”の親分の父と反強制で結婚した在日同胞出身の年齢差が大きいお母さんがいる。
-父の死で組織を譲り受けて,日本と関連した釜山,慶南(キョンナム)地域を掌握する組織の実力者となる。

santek_20090621012412.jpg[チョン・サンテク]義理派エリート=ソ・ドヨン
-幼い時期友らが成長過程で組織暴力団の道を歩くのを見ながらも,友情を失わないエリート.
-他の友らと別に大学を卒業して新聞記者になって留学に行くなど学究的な姿を見せる。

chunho.jpg[キム・ジュンホ]いつも一様に気楽なやつ=イ・シオン
-平凡で豊かな家庭で育って楽天的な性格に他人笑わせるのが好きで、世の中の流れの中に自身を任せる肯定的思考を持った。
-4名の友人間で時には真剣に時にはコミカルに潤滑油役割をしながら,活躍素となる。

jinsuk.jpg[チェ・ジンスク]真剣な人生の夢=ワン・ジヘ
- ‘レインボー’ボーカル
-船員の父が集めてきたお金を日済し貸しでつぶす母のおかげで裂けるように貧しい幼い時期を送らなければならなかった。
-不遇な環境の中でも常に明るい姿を失わないで自身の人生を切り開きながら,高等学校の時会った男友達ドンスとジュンソクの間で葛藤することになる。

unji.jpg[ミン・ウンジ]可愛い80年代ニューヨーカー=チョン・ユミ
- ‘レインボー’キーボード
-肯定的でねじけたところがなく明るいお嬢さんで財力家の父のおかげで80年代米国留学に行って来るがドンスに対する心をたたむことができない。

songe.jpg[ソンエ]ボーイッシュ&クール=ペ・グリン
- ‘レインボー’ドラマー
-明るくて明朗なジンスクの仲良い友,未亡人の母の一人娘でうらやましさなしで生きながら,チュンホの求愛を受け入れるべきか悩む。

sangon.jpg[サンゴン] =イ・ジェヨン
-金のためにはどんなことでも拒まない冷血的な組織暴力.
-ドンスとジュンソクを仲違いする決定的な役割をする。

toluko.jpg[トルコ] =イム・ソンギュ
-残忍な性格を持ったジュンソクとドンスの高校同窓で後にジュンソクの右腕役割をする。
-ジンスクのいとこだが,ドンスとはいつも敵対的関係だ。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。