--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
06
23

【記事】友へ’組織暴力ドラマ論議“TVに合うように暴力性調節した”

【記事】友へ’組織暴力ドラマ論議“TVに合うように暴力性調節した”
[2009-06-23 10:58:39][ニュースエン ユン・ヒョンジン記者]
200906231035161001_1.jpg
映画‘友へ’のドラマ版‘友へ,私たちの伝説’の放映日が近づきながら,一部で‘暴力性’に関する問題が提起されているけれど製作会社側は“組織暴力はドラマの中心素材ではない”という反応だ。
最近MBCを通じて‘友へ,私たちの伝説’ティーザー予告篇とみた予告篇が放送されて製作報告会を通じて,公式ハイライトが公開されながら,アクション場面らが浮び上がった。
特に劇中ジュンソク(キム・ミンジュン扮とドンス(ヒョンビン扮)が幼年期をすぎて,暴力組織に陥りながら体験することになることらがアクションシーンを通じて公開されることによって一部視聴者たちは否定的な立場を表わした。
ドラマ‘友へ’の暴力性に疑問を提起したネチズンらはドラマ公式ホームページを通じて“なぜ組織暴力ドラマが空中波で放映されるのか” “暴力性を助長するドラマだ”という意見を伝えた。
だが公式予告篇でジュンソクが“私の生涯初めてのサランを感じた”というセリフとともに女主人公ジンスク(ワン・ジヘ扮)の姿を浮上させるなどドラマ中の多様な話に対する予告が露出したのも否定できない。
これに対してクァク・キョンテク監督は“ドラマ‘友へ,私たちの伝説’はすべての人々が生きてきた1980年代,1990年代の記憶と思い出,友へらの間の色々な話を構成したのだ”として‘友へ,私たちの伝説’が組織暴力団で代表されるドラマではないという点を明らかにしたことがある。
ドラマ製作会社の(株)眞人事フィルム測度“暴力シーンの登場は色々な友人の中の一部がげんこつの世界に入るのを表現するためのエピソード中一つだけのことだ”として“‘友へ,私たちの伝説’には幼い時期の記憶や極限状況でも友情のために葛藤する友人ら,サランと友情の間で手に負えながる男たちなど多様な素材とストーリーらが入れられている”と説明した。
特に“映画でし終えることができなかった人の死は話が大幅追加されるだろう”として映画で表現されたストーリーの他に多いエピソードとストーリーラインが追加的に公開されることだと強調した。
また憂慮をもたらしているアクション場面の暴力性に対しても“MBC内部スタッフらの調整により地上波放映に全く無理がない水準で調節している”と伝えた。
一方‘2009外人球団’後続で放映されるMBC新しい週末ドラマ‘友へ,私たちの伝説’はチャン・ドンゴン,ユ・オソン主演の映画‘友へ’のドラマ版で来る27日初放送される。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。