--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
06
28

【記事】ドラマ'友へ'3つの成功要因と1つの物足りなさ

【記事】ドラマ'友へ'3つの成功要因と1つの物足りなさ
記事入力2009-06-28 08:47
200906131143455347044A_5.jpg
[アジア経済新聞ファン・ヨンヒ演芸パトロール]
クァク・キョンテク監督の映画'友へ'がドラマに変身,8年ぶりにテレビ劇場に戻った。
27日夜MBC新しい週末ドラマ'友へ,私たちの伝説'(以下友へ)という名前で戻った'友へ'は視聴率9%(TNS基準)を記録,期待には多少至らないが前作の後光を全く着られないうえに,まだドラマ超綺羅という点でその可能性は無尽蔵だと見ることができる。
初めて'友へ'がドラマで製作されるといった時,多い視聴者たちは映画'友へ'との差別点をどのように克服するのか,また訴求点が違う映画とドラマの差をどのように埋めていくのかに多い憂慮を現わした。
だが27日初回放送結果三つ面で成功を予感することができた。
#はやい展開&差別化されたストーリー
この日放送された'友へ'は非常にはやかった。
初めての導入部で映画'友へ'の大きいラックがマックスをそのまま描写して,ファンたちの関心を引くとすぐドンス(ヒョンビン)とジュンソク(キム・ミンジュン)の幼い時期に帰って,映画でし終えることができなかった話を始めたこと。
1974年釜山を背景に4人の友へらが互いに会って,交わって,心を開く場面らが子役らの優れた演技を土台にパノラマのように繰り広げられたし,この過程でドンスとジュンソクの成長背景を見せた。
引き続き背景はまた1981年に飛び越える。
小学校から高校生にふわりととんだ4人の友へはそれぞれ違う姿に成長して行く。
この過程で高校時代ボクシングをするドンスの姿が追加されて,新しい見どころを提供した。
これから高校時期の話が強化されながら,4人の友らが変化していく過程が詳しく描写される予定.
他のドラマで2~3回をひっぱる子役シーンが1回で皆消化されて多様な時代的背景らが3回も続きながら,視聴者たちはスピーディーな展開に大きい点数を与えた。
"映画で全部見えてくれることが出来ない話を解いていく"という演出者クァク・キョンテク監督の話のように差別化されたストーリーらがドラマの楽しみを与えると期待される。
#映画のような映像
ドラマ'友へ'は映画製作技法を全面に導入,さわやかで雄壮な感じの画面を作り出した。
ドンスとジュンソクが互いに競合する導入部はもちろん4人の友らの成長過程を映画のような映像らで満たすことによって居間視聴者らに風変わりな面白味を与えた。
一言で映画を見た視聴者たちは当時の感動をそのままテレビ劇場でまた感じることができたこと。
クァク・キョンテク監督はスクリーンで経験した映像美をドラマにそのまま適用することによって新しい'友へ'の誕生を作り出した。
このようにドラマ'友へ'が映画のような映像を作り出すことができたことは製作チームらが大部分映画側スタッフなどで,装備もまた映画製作に使うことらが大挙動員されたため。
より良い画面のためにカメラはもちろん照明までも特殊装備を動員しながら万全を期した。
#ヒョンビン,キム・ミンジュンの演技変身
ドラマ'友へ'のヒョンビン-キム・ミンジュンラインは映画'友へ'のチャン・ドンゴン-ユ・オソン ラインに比べて,出演陣自体があたえる重い感じは落ちることが事実.
それで彼らは最善を尽くす演技でこの部分をカバーしていった。
キム・ミンジュンとヒョンビンの演技力はまだ最高と見る訳には行かないが完全に駆使するなまりなど彼らができる努力には最善を尽くした。
したがってこれからこれらの努力如何により新しいヒョンビンとキム・ミンジュンを作り出すことができると期待される。
これとともに初回に少しの間登場したチョン・ユミなど女演技者らも安定した演技を駆使すると期待される

これは'事前ドラマ製作'という原則に忠実だったためと解説される。
ドラマ製作者のヤン・ジュンギョン代表(眞人事フィルム)は"ドラマ大部分が事前製作になっている。
そうしたら出演者1人1人の演技も詳しく覗いて見ながら,長短所を皆把握して出すことができた。
クァク監督など多い人々が演技者らの一挙手一投足を見ながら,キャラクターとともに行く演技を作り出せるように最善を尽くした。
演技者らやはり決心してドラマに没頭したのが大きい力になった"と話した。
#物足りなさ-19才以上視聴可
だが19才以上視聴可判定を受けたことはドラマ放送中ずっと大きい負担になるものと見られる。
劇中ドンスが刃物で相手組織員を殺害する場面やジュンソクが血だらけ状態でルームサロンで酒を飲む場面など暴力場面と頻繁に登場する悪口は地上波ドラマとしては不適切な場面だったこと.
もちろん深夜時間帯に放送されるという点がまだ幸いだがドラマでは異例の19才以上視聴可判定がこの日期待に至らない視聴率と関連があるかはもう少し見守らなければならないようだ。
200906101024119374330A_2_20090628115942.jpg
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。