--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
05

【記事】[大衆文化] '友へ'映画になかった場面挿入…新鮮で明るくなって

【記事】[大衆文化] '友へ'映画になかった場面挿入…新鮮で明るくなって
記事入力2009.07.05 00:13最終修正2009.07.05 00:13 0 0
[アジア経済新聞ムン・ヨンソン記者]
200907050011462623648A_1.jpg
MBC週末企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’(以下友へ)が映画にはなかったいくつかの場面らが挿入されながら,かなり明るくなった。
初放送で成人組織暴力団の話で殺伐でくすんでいた‘友へ’は主人公らの1980年代の話を展開しながら物静かながらも,愉快な姿を描いている。
ジンスク(ワン・ジヘ扮)のお父さんに対する過去の考えを除いて,男主人公ジュンソク(キム・ミンジュン扮)とドンス(ヒョンビン扮)連中らの学生時代は視聴者たちの思い出を思い出させるようにしながら,笑い作るようにする。
特にバンド‘レインボー’のメンバーらの学校生活は映画の中にあまりなかった内容だとより一層目を引く。
ジンスクとソンエは遅刻してひどい目にあうことを避けるために、近所のお兄さんを利用して,パーマ跡をなくすために髪の毛にピンをつけて通う。
学校に電気代出すべきだとお金受け取るソンエ,好きな先生が結婚するという知らせに復讐するというウンジ,その金で事件になろうという女子高生らだ。
成人のような服を着てナイトクラブを訪れたこの女子高生らは日本人のフリをしながら無難に入る。
取り締まりの前で身分証を探すウェイターにパスポートがなくて出ようとするがむしろ“ノーパスポート,出て行くだろう”として退場を要求される。
200907041406361836687A_4.jpg
軽い洋食家での団体合コンや男DJがいる喫茶店の姿が郷愁をかもし出す中で‘友へ’のジャンル上主要場面のアクションが抜けられない。
チュンホの弟チュンギを探しにナイトクラブに入ってきたドンスとジュンソクは、よく戦ったチュンギが危機に陥るや舞台の上に飛び込んで,彼を救う。
問題はその次に.
これが禍根になって,チンピラ連中に取り囲まれる状況が広がる。
'友へ'は先週放送で暴力性により過度なモザイク処理が避けられなかった。
だが多様なストーリーが本格的に繰り広げられるこの日の放送からはモザイク処理された画面を見るのが大変だった。
映画'友へ'とは違い十分な分量を必要とするドラマなので企画(?)段階から準備された風変わりな面白要素が補強されたこと。
今後男主人公らと女主人公らの友情とサランはもちろん,過去の思い出に浸る部分でも笑わなくては耐えられないコミカルな状況らが続く展望だ。


3話はいよいよレインボーメンバーとのお話が本格始動で、また映画とは別のおもしろさがひろがった~
冒頭はジンスクのきれいなウエディングドレス姿で、そこからこれから展開していくメローが。。。
交差するあるラブラインを長~く、時代時代で主人公たちの成長や環境に合わせて違ったテイストで見せていくのも短期決戦的なのと違って興味深いと思った~。
明日もたのしみだ♪
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。