--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
09

【記事】'友へ'チョン・ユミ"ヒョンビン兄さん熱心に追いかけましたよ"

【記事】'友へ'チョン・ユミ"ヒョンビン兄さん熱心に追いかけましたよ"
原作映画にない新しいキャラクター
チームワーク立派で,配役心配はなくて
20090708001681_0.jpg
“実際にウンジの立場では嫉妬するでしょう。
ジンスク(ワン・ジヘ)やソンエ(ペ・グリン)や劇中男たちにサランを受けるのに,ウンジだけそうでないでしょう。
ウンジは幼い時からドンス(ヒョンビン)だけ好んで献身的サランを注ぐのに….
ドンスはジンスクが好きです。
シナリオを分かるけれど,ドンスがウンジを一度だけでも眺めてくれたらいいですね。”
MBC週末企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’で女子高生グループ レインボーのメンバーミン・ウンジの役割で出演中であるチョン・ユミは共に出演する他の女優らに向かって可愛い嫉妬を隠さなかった。
チョン・ユミは劇中肯定的でねじけたところがなく明るい金持ちの家お嬢さんに出てくるが,“片思いする役割だからドンス役のヒョンビンのあとをついて回る場面が多かった”と打ち明けた。
それで撮影会場でのニックネームも‘幽霊ウンジ’であった。
ウンジが片思いするドンスだけ一人でいる時,いきなり現れる時が多かったためとのことだ。
“事実初めにはヒョンビン兄さんに向かうのが難しかったです。
ドンスが寡黙だからドラマの中の感じが難しく感じられましたよ。
ところで実際のヒョンビン兄さんは開口する性格だったんですよ。
先にいたずらをして下さってからだ作りに包んできたサラダもくれましたよ。”
ところでドラマの中チョン・ユミという人物はドンスやジンスクなど他のキャラクターらと別に原作映画関係者‘友へ’に最初からないキャラクターという点で独特だ。
ドラマ化されながら,レインボーの比重が増えてラブラインが浮び上がりながら,ミン・ウンジという人物が誕生した。
“皆映画の中人物でしょう。
ところで私は映画には最初からない人物なので他の俳優らがうらやましかったです。
他の俳優らは映画とちがうシーンも共に行って映画という模範答案も持っているのに,私は白紙状態でしたから。
監督様がリーディングする時,特に気を遣って下さいましたよ。”
だがみな一緒に撮影する分量だけ少なくて惜しかっただけ,実際チームワークだけは最高だったと指を褒め称えた。
劇中友人関係で出てくる姿を自然に見えるようにするためにみな一緒にカラオケもたくさん行って酒もたくさん飲みながら,実際に親睦を図った。
2003年映画‘シングルス’を始め‘シルミド’ ‘ダンサーの純情’ ‘黄真伊’とドラマ‘花王の仙女様’ ‘大王世宗(セジョン)’等に出演した新人でない新人チョン・ユミはこういう過程を通じて,はじめてミン・ウンジという役割で自身の顔と名前を大衆の脳裏に記憶させている。
ところでチョン・ユミは中国人気ドラマ‘ファイブスターホテル’に女主人公で出演して,すでに中国ではよく知られた俳優だ。
だが国内ではドラマ‘ケセラセラ’と映画‘車(茶)右’のチョン・ユミと混同される場合が多かった。
そのような彼がこれからは‘友へ’を通じて,国内ファンたちにも堂々と自身を知らせる覚悟だ。
“チームワークも立派で,良い監督様と俳優らに会って幸せです。
たとえ劇中ドンスと結ばれならなくても,後半部一緒に出てくる場面が増えながら,さっと寄り添うのでもかまわないですよ。
これまで同名異人がいて,名前変えろという方々多かったのに,今は二人のチョン・ユミがいると大衆が認められられたらいいですね。”
(出処:sportsworld)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。