--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
10

クァク・キョンテク監督インタビュー(アジア経済新聞)

【記事】クァク・キョンテク監督①"'友へ'初めての視聴率,槌5ヶで殴られた感じ"
記事入力2009.07.10 09:30最終修正2009.07.10 10:59 0 0
[アジア経済新聞コ・ギョンソク記者]
200907091218122533085A_2.jpg
映画'友へ'はクァク・キョンテク監督の他の名前とも同じだ。
全国スクリーン数が今の3分の1水準に過ぎない頃青少年観覧不可等級にも全国800万人以上の観客を集めた'超大'ヒット作の'友へ'はいつもクァク監督の名前の前に強硬に立ち続けている。
◆ "非難受ける覚悟した"
アジア経済新聞と会ったクァク・キョンテク監督は"初めから'友へ'をしぼり取って金を儲けてみるという意図ではないのかという非難は覚悟した"としてゲラゲラ笑った。
映画'友へ'のドラマ リメーク提案が入ってきた時,演出者で製作会社代表の彼には拒めない誘惑であっただろう。
それは製作会社をつくりあげなければならない経営者として感じる切迫することと映画'友へ'に対する愛着の結合だった。
'友へ'の興行以後、製作会社眞人事フィルムを整えたクァク監督は'チャンピオン' 'マット・ボーイ' 'タイフーン' 'サラン'などを製作,演出したが特別な収益を出すことができなかった。
結局日本側投資社の提案を受けて彼は'友へ'リメークを選択した。
日本側とMBCの投資だけでも製作費80余億ウォンは大部分回収したのでこれから稼ぐ収益は眞人事フィルムの持分だ。
"ウェブハードダウンロードが期待以上に多いと聞きました。
'超大当たり'水準ドラマぐらいといいます。
映画がさく烈する時だけではないがそれでも成功したビジネス モデルだと考えます。"
◆ "製作費惜しまなくて完成度にオールイン"
クァク・キョンテク監督は'友へ'をドラマでリメークしながら,多い悩みができた。
2時間の映画を20時間に増やさなければならなかったし,映画が好きだった視聴者たちを失望させてはいけなかった。
"映画が出てきて8,9年の歳月が流れました。
同じ監督に撮影監督がとってそこに装備はより良くなったのに映画より映像が良くなくてはいけないと考えました。
それで照明も多く使って力をたくさん入れましたよ。
だがそのたびにこれが合うかけるかという考えにもなりました。"
ドラマを初めて製作,演出する彼に自然に多い忠告があふれた。
最も多く入った話は"ドラマで芸術してはいけない,無条件安くとらなければならない"とのことだった。
"収支勘定が合わないという理由でスタッフらに低い完成度で妥協しなければならないのが合うか悩みましたよ。
だが同時にこのように5~10億ウォン惜しんで'友へ'を愛した方らを失望させて興行まで失敗すればその次に何の顔で次の作品ができるかという気がしました。
ちょうど日本投資金額の為替差益ができて,果敢に支出しましたよ。"
2009070908074146876_2.jpg
◆ "'砂時計'似ないように5回分量脚本また書きましたよ"
ドラマを映画と似させるべきか,違うようにさせるべきかも悩み事であった。
'友へ'と同じように行くのはとても食傷ぎみで,とても違うように行くのは原作を愛したファンたちに対する礼儀ではないようだった。
"自分の映画を自分が書き写したという話を聞くかと思って心配しました。
初めには話が大いに違いました。
高校生時期分量までは映画と似ていたのにそれ以上書いてみたら何か'砂時計'と似ていて何か虚構であるようですよ。
それで作家らを集めて5回分量程度飛ばす考えろと話した後、'友へ'原案のとおり行こうといいました。"
映画だけしてきたクァク監督にドラマは新しい挑戦だった。
作品を観覧する方式が能動的で積極的な映画に比べて,ドラマを見る視聴者たちははるかに受動的というものがカギだった。
"クライマックスに該当する結末の部分を先に見せて小学生時期,高校生時期へ渡るのは視聴率を考慮した編集でした。
映画的な考えかもしれないが製作費を多く使って見所が多い部分がクライマックスの部分でしょう。
ドラマ序盤から視線をひきつけようとするなら最もスペクタクル一場面を先に見せなければと考えましたよ。
だが時間順序で編集されたことでないので紛らわしがられる方々が多いですよ。"
◆ "1部視聴率,槌5ヶで殴られた感じ"
クァク監督は初めて視聴率を確認した後"槌五ヶで殴られたようだった"としてもう一度ゲラゲラ笑った。
"15%程度は期待したのに10%も出てこないから、一日の間気が気でなかった"ということだ。
"ドラマに対するレビューは良いが、視聴率はなぜこのように出てこないだろうかと思いました。
映画的に考えずに最後まで食い下がってみようと決心しましたよ。"
どうせ原作に対する献呈で作った作品であるから最後まで完成度を維持するということがクァク監督の腹案だ。
完成度のために追加補充撮影も決めた。
5回からは"お父さんも頭がこんがらかると不平を言った"というフラッシュバック編集もなくなって,時間配列にともなう混同はないことで彼は確信した。
クァク・キョンテク監督も今はドラマ リメークで'友へ'を離れて送ることであろうか。
"周囲で今は'友へ'話はもっとすることがないと話せば、ジュンソクとドンスの子供らがいないかと冗談半分で話します。
子供たちがもう20代初め頃なりましたから。
'友へ:ネスト(*ネクスト?) ジェネレーション'で作ることもできるでしょう。ハハ。"

【記事】クァク・キョンテク監督②"ヒョンビン キャスティング,チャン・ドンゴンが積極的に推薦"記事入力2009.07.10 09:30最終修正2009.07.09 17:16 0 0
[アジア経済新聞コ・ギョンソク記者]
200906291042451693485A_2.jpg
全国800万人以上の観客を集めた映画'友へ'は一つの伝説だった。
クァク・キョンテク監督には消せない影でもあった。
'友へ'の興行以後、製作会社眞人事フィルムを整えたクァク監督は'チャンピオン' 'マット・ボーイ' 'タイフーン' 'サラン'などを製作,演出したが特別な収益を出すことができなかった。
映画'友へ'のドラマ リメーク提案が入ってきた時,演出者で製作会社代表の彼には拒めない誘惑だった。
条件は簡単だった。
日本側で要求する六人の韓流スター中1人をキャスティングすること。
名前を出せば誰でも首を縦に振るほどの韓流スターであった。
"その中でヒョンビンはチャン・ドンゴンと親しいことを分かっていました。
やはりドンゴンと親しければ互いに似た点があることで疎通するのに大きい問題はないと考えましたよ。
ドンゴンに会えて'ビンが名簿にあるのにお前がキャスティングしたりならなければ君がしろ'といいましたよ。
それでドンゴンが席を用意して,共に酒を飲むことになりました。"
クァク監督はチャン・ドンゴンに対する信頼でヒョンビンを優先的に選択した。
日本側が提示した6人の俳優のなかで一番最初に連絡したことはああだこうだ話す必要ないだろう。
"酒の席でドンゴンがなかなかそのような子ではないが、正気になってビンに話をしたのです。
'俺はキョンテク兄の前では真裸になって立っていることができる。
君もそのようなことが出来る。
君がこの作品したら演技者として成長するのは、私が保障するからがんばれ'ですって。
私には'私がとても大事にする弟なので、この子ちょっとよろしくお願いします'としましたよ。
ドンゴンが強硬派の役割正確にしました。"
クァク監督がヒョンビンに繰り返し有り難みを表現するのは初期製作段階で体験した困難にもヒョンビンが揺れなかったためだ。
それは映画'サラン'を共にしたキム・ミンジュンにも同じだ。
"初めに状況がどれほど良くないならば,'友へ,私たちの伝説'が地上波でなくケーブルで編成されることもできました。
ビンやミンジュン二人ともケーブルに行っても出演するといってくれて,とてもありがたかったです。"
クァク・キョンテク監督は2人の俳優の演技力に対しても満足感を表わした。
初めにはチャン・ドンゴンとユ・オソンが浮び上がったが撮影を進行して見たらドンスは本来からヒョンビン,ジュンソクは初めからキム・ミンジュンだったような感じがしました。
視聴者たちもそのように見ることと考えます。"
ヒョンビン・キム・ミンジュン主演の'友へ,私たちの伝説'は毎週週末夜10時50分放送される。
200907091218122533085A_5.jpg

【記事】クァク・キョンテク監督③"ヒョンビン-キム・ミンジュン,なまり問題ない"
記事入力2009.07.10 09:30最終修正2009.07.09 17:16 0 0
[アジア経済新聞コ・ギョンソク記者]
2009070908074146876_3.jpg
MBCドラマ'友へ,私たちの伝説'のクァク・キョンテク監督が二人の主演俳優ヒョンビンとキム・ミンジュンの演技に対して満足感を表わした。
クァク・キョンテク監督は最近アジア経済新聞と会ってチャン・ドンゴンとユ・オソンが出演した映画'友へ'に比べて,ヒョンビンとキム・ミンジュンが押されるのではないかとの質問に"ややはり初めには同じ考えなかった"と反問した。
彼は引き続き"序盤に如何に多く心配になったか"として"ビンやミンジュンが演技する時,これがより良いのか違うのが良いかけるか頭の中がいつも複雑だった。
俳優らを立たせておいても初めにはチャン・ドンゴンとユ・オソンが見守る感じがした"と話した。
クァク監督はそのような感じが長続きしなかったといった。
10%程度撮影を終えて出た後からはむしろその反対現象が現れたということだ。
"あたかも映画の中にビンとミンジュンがあったような感じがするほどでした。
視聴者たちも同じことであることと考えます。
もう少し見ればヒョンビンとキム・ミンジュンをドンスとジュンソクで感じることができるでしょう。
私がそうしたようにですね。"
クァク・キョンテク監督は2人の俳優のなまり演技に対しても満足感を表わした。
"ミンジュンは本来釜山生まれで心配がなかったのに、ビンが問題でしたよ。
私もやはりどれくらい心配になるでしょうか。
どんな方法で行っても、なまりに対する話が出てくることと考えました。
それでビンにも100点でない80点だけ合っても大丈夫だという考えでしなさいと言いました。"
なまり演技にはドラマと映画の差もあった。
映画ではセリフが短くて,強い抑揚でなまり演技をすれば印象も明確に与えることができて意味伝達も明らかだがドラマではそれと違うためだ。
"映画でチャン・ドンゴンはセリフが短かったです。
2,3行ずつ行くセリフが殆どなかったんですよ。
ところでピンは一番長いのは4分独白ナレーションもあります。
ピンは本当に努力をよくしたしがんばりました。
'あれをなまりというのか'という話だけ聞かなければ大丈夫だと考えました。
現場で私が聞いてぎこちなければ直したでしょう。
私は満足します。"
ヒョンビン,キム・ミンジュン主演の'友へ,私たちの伝説'は毎週週末夜10時50分に放送される。
200907091218122533085A_4.jpg
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。