--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
12

【記事】'友へ'キャンプ-劇場 乱闘-卒業,80年代郷愁追って'注目'

【記事】'友へ'キャンプ-劇場 乱闘-卒業,80年代郷愁追って'注目'
記事入力2009.07.12 00:03最終修正2009.07.12 00:03 0 0
200907120002471892694A_1.jpg
[アジア経済新聞ムン・ヨンソン記者]
MBC週末特別企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’(以下友へ)が主人公らの高校時期を扱いながら,視聴者たちの郷愁を呼び起こしている。
11日放送された‘友へ’は学校から劇場まで走る場面,劇場内での乱闘など映画の中の有名な場面をはじめとして,40代視聴者たちの郷愁を呼び起こすほどの場面をたくさん入れた。
映画が数多くの観客を動員しながら、人気があったことも80年代私たちの人生を反映したのが一役したように、ドラマは映画ボーダーさらに具体的な内容が繰り広げられながら,興味を加えている。
キャンプを離れたドンス(ヒョンビン扮),ジュンソク(キム・ミンジュン扮),サンテク(ソ・ドヨン扮),チュンホ(イ・シオン扮)とレインボーメンバージンスク(ワン・ジヘ扮),ウンジ(チョン・ユミ扮),ソンエ(ペ・グリン扮)は楽しい時間を送ってまた日常に戻る。
事故を起こした後,退学処分を受けたドンスとジュンソクは学校に訪ねて行って許しを乞うて、また学校を通うことにする。
だが4名の彼らは劇場の乱闘によりまた退学処分を受けることになる。
差別された学校の措置に腹が立ったサンテクは申し訳ない心に家にいる札束を盗んで,ジュンソクを訪ねて,ソウルに発とうというがジュンソクはそのようなサンテクを止める。
ドンスは葬儀社のお父さんに対する不満と、お母さんの浮気に歯ぎしりしながら,焦点失った目で学校の器物を破損させて,各種賞状とトロフィーらが陳列された陳列棚を全部たたき壊しては制服を投げ捨てる。
ジュンソクがサンテクに残した話は“私は私のように生きて,君は君のように生きよう”ということ.
何ヶ月後高等学校卒業を迎えることになった彼らは各自の他の運命の門に向かって,社会第一歩を踏み出すことになる。
レインボーメンバーらはチュンホを通じて,サンテクが大学行く話やジュンソクとドンスも元気だという消息を聞く。
だがジュンソクは不法カジノでマネジャーとして,ドンスは魚市場で荒れた人生を生きていく。
各々自身の生活を送っていく4人の彼らとレインボーメンバーらが成人になった後,どんな歩みを見せるのか‘友へ’に対する気がかりなことはより一層大きくなって行く。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。