--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
12

【記事】‘友へ’クァク・ミンソク“ヒョンビンと激闘だった後全身にシップ薬付けた”

【記事】‘友へ’クァク・ミンソク“ヒョンビンと激闘だった後全身にシップ薬付けた”
[2009-07-12 11:08:02]
200907121005561001_1.jpg
200907121005561001_2.jpg
[ニュースエン パク・セヨン記者]
俳優クァク・ミンソクがヒョンビンとの激闘シーンに絡まった因縁を公開した。
現在MBC週末ドラマ'友へ,私たちの伝説'(脚本カク・キョンテク、ハン・スンウン、キム・ウォンソク/演出カク・キョンテク キム・ウォンソク)に出演中のクァク・ミンソクは劇中、ドンス役ののヒョンビンと拳骨争い(?)をした。
クァク・ミンソクは劇中でドンスのお母さん(イェ・スジン扮)を誘惑して家庭を捨てて家出するようにさせるクレンナム役を担った。
ドンスの幼い時期が不遇なのは原因の中の一つを提供する主要人物だ。
7月11日放送された'友へ,私たちの伝説'(以下友へ) 5回分では高校生になったドンスの前にお母さんが戻って,クレンナムやはりドンス母の周辺をうろついて、結局ドンスに袋叩きをむかえる状況が演出された。
クァク・キョンテク監督はこの場面のためヒョンビンに、ドンスの怒りを表現するために実感できる腕力を要求したと知らされた。
クァク・ミンソクは"一度にOKシーンを引き出してみようという考えに、まさしく殴ってくれと言ったのに撮影が続いて見たら実際に殴る状況がかなり長く演出されたよ"として"翌日全身にシップ薬をつけるほど苦労したが撮影がよく終わってうれしい"と話した。
実際当時撮影では現実感あふれる演技をして、ヒョンビンはやはり腕等に傷を負ったし、演技後には俳優らがお互いを励ましたという後聞だ。
クァク・ミンソクは映画'モダンボーイ','タイフーン',MBC 'かえってきた一枝梅'などで個性強いキャラクター演技をお目見えした実力派だ。
一方'友へ' 5回は9.8%(TNS全国基準)の視聴率を記録した。


こりゃ、息子が非行に走って当然だ~。
ボコボコにしてよし!
なのに母親が息子をひっぱたくだなんてサイテー
#52828;#44396;, #50864;#47532;#46308;#51032; #51204;#49444;.E05.090711.HDTV.XviD-Ental[(076293)14-13-20]
#52828;#44396;, #50864;#47532;#46308;#51032; #51204;#49444;.E05.090711.HDTV.XviD-Ental[(076792)14-15-21]
#52828;#44396;, #50864;#47532;#46308;#51032; #51204;#49444;.E05.090711.HDTV.XviD-Ental[(077370)14-16-09]
#52828;#44396;, #50864;#47532;#46308;#51032; #51204;#49444;.E05.090711.HDTV.XviD-Ental[(077513)14-16-23]
Comment

[131]

こんな息子がいたら、浮気なんて絶対しない!
だんなもいらないくらいだよ(笑)

まったくパボなオモニだね~e-281

[132]

こらこらっ!
だんなは捨てるでない(笑)
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。