--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
12

【記事】‘友へ’カク・キョンテク,ドラマ止めたのにかけるから

【記事】‘友へ’カク・キョンテク,ドラマ止めたのにかけるから
ニューシス|ユ・サンウ|入力2009.07.12 13:09
【ソウル=ニューシス】
"視聴率のためにストレスたくさん受けた。
1年半の間の苦労が水の泡なればどうするかと思い恐怖感まで聞いた。"
映画'友へ'をドラマでリメークしたクァク・キョンテク監督が予想より低調な視聴率に気に障った。
彼が期待した視聴率は最小15%であった。
しかし視聴率は一桁から抜け出せずにいる。
"初回視聴率を受けてみてこのように違っているかと思った"ながらも"ドラマに対する評価が良くて,その上に幸運"としながら自らを慰安した。
"ドラマで見るのが難しい映像でも精魂を込めたようだという話を多く聞いた"
20090712130907245.jpg
彼はこういう評価だけ信じて行こうという考えたという。
主演俳優ヒョンビンが彼をより一層促した。
"ヒョンビンが心配しないでと慰労をよくしてくれた。
代わりにタシポギのようなのが多ければ良いといったよ。
幸いなことにタシポギ接続者数が大当たりドラマ数値とした"として軽い微笑みを見せる。
大作を作った映画監督がいつのまに視聴率を気を遣う演出者になった。
むしろなじむように近づく。
彼は映画'友へ'が大当たりを打ったがTVは考えなかった。
"報道プログラムでなければ出演もしなかった。
怖くなった。
このようにスポットライトを受けたら後日に落ちる時如何に多く痛いだろうかと思った。"
そうした彼が視聴者に会っている。
通常のPDらのように視聴者たちを鋭意注視する。
TV芸能プログラムにも出演した。
"ダイエットのために公共交通と徒歩で移動する"というクァク監督はMBC看板芸能プログラム'黄金漁場'出演以後、多い人々が気が付いて気軽に親しく接してくれるとし笑う。
それでも視聴率だけ考えれば気に障る。
また一つ.
モザイクなった画面だ。
"スタッフらの間でもモザイクの伝説という言葉が出回るほどであった"と吐露した。
"追加撮影をしながらスタッフらが'後に何見えるんですが'といえば'モザイクすれば良いだろう…'このような形に変わったよ。"
彼はTVで放送が禁止された場面をろ過なしで撮影したことは違うと強調した。
"放送局と協議になったし、それに合うように撮影・編集した"ということだ。
タバコを吸ってはいけないという基準も守った。
暴力場面も最大限水位を下げた。
それでも視聴者たちは残忍な暴力性を指摘する。
"すでに映画の暴力性が定評があったことだし編集しても映画を見た人々はそのイメージが思い浮かんで,暴力的な場面と考えられるという。"
放送会社も緊張した。
"暴力場面のために放送二日前に公文書書簡がきた。
内容は鋭意注視するから処理しろという式だった。
MBC関係者たちも負担になるといった。
それで結局他の人々よりさらに多く消したようだ"と気に障るといった。
"モザイクで区分されなければならなかった放送とは違って、ウェブハード業態のダウンロード サービスでは原本を見られるだろう"と付け加えた。
現在情報通信部と文化観光部などに審議を受けている。
審議が通過すれば、ウェブハードダウンロード サービスでモザイクがない映像を見られる。

'友へ,私たちの伝説'は多い悩みの末に誕生したドラマだ。
"初めてドラマを作るといった時,周辺で上手くしてこそ元手とし引き止めていた。
監督は製作者役割だけしてシナリオだけ触ってドラマPDに任せろといった。"
彼は"他の作品だったらそのようにしただろう"と話した。
しかし'友へ'だから,そうできなかったんだ。
"'友へ'はすべての人が私の作品であることを分かるのに他人の手にまかせれば後悔が多いそうだった。
後ほど非難を受けても持ち出さなければならないように見えてメガホンを捉えることになった。"
負担を減らすために日本エイベックス(AVEX)に早目に事前販売で製作費を充当した。
日本では来年初めにでも放送されることだと予想した。
国内でも放送前後につく広告は皆販売されたという。
"同じ時間帯に25ヶの広告が売れれば通商的に完勝はされたというのに28~29ヶ程度の広告がついた。"
ドラマは映画と違った内容に展開する。
結末の部分も違う。
主題もより明確にあらわれる。
彼は映画を通じて'ごろつきで生きてはいけない。
君だけが損する'という話をしたかった。
しかし結果的にはごろつきを量産した代表監督になったと苦笑いを作った。
しかし今回のドラマでは同じ主題をより明確に表現するためにドンスの死以後の話を加味した。
すでに製作を終えた。
次期作は?"今の気持ちだけではドラマは絶対したくない。
映画をしたい"として市場を広げることができる作品を望んだ。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。