--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
12

【記事】キム・ミンジュン タッチャ-友へ2連続リメーク作出演,明暗は?

【記事】キム・ミンジュン タッチャ-友へ2連続リメーク作出演,明暗は?
[2009-07-12 16:54:50]
200907071526081001_1.jpg
200907071526081001_2.jpg
[ニュースエン パク・セヨン記者]
MBC '友へ,私たちの伝説'に出演中である俳優キム・ミンジュンの動向が目を引く。
キム・ミンジュンは昨年9月SBS 'タッチャ'に出演したのに続き現在'友へ,私たちの伝説'に出演中だ。
二つのドラマ皆人気の原作(あるいは前作映画)があるドラマで興行作のリメークという点で放送前から話題を集めたことがある。
'タッチャ'というホ・ヨンマン画伯の同名漫画をドラマ化した作品.
チョ・スンウ主演映画'タッチャ'と放送前からストーリーと演技力の面で多くの比較に苦しめられた。
劇中、コニ(チャン・ヒョク扮)の竹馬の友ヨンミンに扮したキム・ミンジュンは漫画と映画の中にないキャラクターで三角関係など劇の緊張感を吹き込んだ。
だが実質的なキャラクター上の比較対象がないことにもかかわらず,キム・ミンジュンは'タッチャ'自体が前作らと比較されながら'突然に'公然と比較線上に上がっては下りる経験をした。
次期作で選択した'友へ,私たちの伝説'やはりユ・オソン,チャン・ドンゴン主演の映画'友へ'のクァク・キョンテク監督がメガホンを捉えたドラマで,実際にドラマがベールを脱ぐことも前から映画のフォースと比較された。
俳優らやはり同じこと.
ドンス(チャン・ドンゴン扮)役のヒョンビンはもちろん,ジュンソク(ユ・オソン扮)役を担ったキム・ミンジュンやはり放送前から各々チャン・ドンゴンとユ・オソンのカリスマにたびたび肩を並べたりした。
もちろん冷淡な比較評は大部分、これら俳優らの演技力自体に対する異見よりは前作で演じた俳優らに比べて,力が落ちるという指摘だった。
現在序盤よりはるかに安定的になった演技力に視聴者たちの挟まった腕組(!
)を解きほぐすのに成功することはしたが、俳優自ら望んだか願わなかったかのこのような比較は宿命的につながって,毎回映画とオーバーラップされる場面の中でまないたの上に上がることもできる。
こういう状況の中で結局、勝負の賭けは演技力に帰結されなければならない。
概して多い原作作品の登場人物らが、以前の俳優の演技で刻印されたキャラクターとの比較の中で、自由でなかったが劇が末放映終了頃には作品とよく交わって,好評受ける場合が多かった。
相変らずキム・ミンジュンの演技に対してユ・オソンのカリスマと比較するこれらが少なくないが、現在キム・ミンジュンは序盤憂慮を踏んで自分だけの色で実感できる熱演を広げている。
これまでキム・ミンジュンは'茶母'(2003)カリスマチャン・ソンベク以後'アイルランド'(2004)に現れたキャラクターの感じが大きかったせいで、以後'外科医者ボンタルヒ','インスンは可愛い'映画'強力3班','サラン'などでの変身にもかかわらず,その真価を正しく認められることが出来ない傾向がある。
'タッチャ'で冷血一に変身して,多様な演技スペクトラムを誇示したキム・ミンジュンが、'友へ,私たちの伝説'でカリスマ強い男の中の男での変身に成功することができるか注目される。
一方'友へ,私たちの伝説'はクァク・キョンテク監督の同名映画ストーリーを骨組みでより繊細で具体的なストーリー展開で視聴者たちをひきつけている。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。