--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
12

【記事】‘友へ’クァク・キョンテク監督,“ヒョンビンはマッチョ中のマッチョ”

【記事】‘友へ’クァク・キョンテク監督,“ヒョンビンはマッチョ中のマッチョ”
入力:2009年07月12日18:31:48
20090713_02500117950061_01L.jpg
ドラマ‘友へ,私たちの伝説’のクァク・キョンテク監督が映画とドラマ内容を全く違うように構想したが、結局映画をそのまま借用することにするほかはなかった理由を打ち明けた。
ソウル,城北洞(ソンブクトン)あるカフェでスポーツカンと会ったクァク・キョンテク監督は“ドラマ製作が決定された後作ったシノプシスは、映画とは違った話であった。
だが10回分量で高校時代から成人まで話を作って見たらどういうわけか嘘をつく気がしたし,映画の中の話が真実という気がした”と話した。
だからドラマ製作決定後、新しい内容で企画されたシノプシスと台本作業の全部を廃棄した。
代わりに映画の大きいあらすじを柱として,映画でそこまで見せられなかった内容を追加して,リモデルリングすることに決めた。
そのように自身が直接シナリオを書いて演出した映画に新しい内容を追加しながら‘実際の話’という確信が聞いた。
新しい話を追加しながら,最も気を遣った部分は‘サラン’だった。
クァク監督はその間‘マッチョ監督’という別称を得る程、主に女性性よりは男性性が強い作品をお目見えした。
だがドラマはどうしても映画と違うように、視聴者たちが簡単に興味を感じさせるためにメローラインが目立っていなければならないという周辺の助言により、バンド レインボーメンバーらを浮上させた。
また視聴者たちが見るのに易しくなれるように、コミック的な要素をたくさん追加した。
20090713_02500117950061_02L.jpg
クァク監督はドラマに参加した俳優らに対して大きく満足した。
釜山とソウルを行き来しながら,7回も行われたオーディションに一度も抜けなくて‘友へ…’に対する深い関心をのぞくことができた。
また撮影直前まで多い部分が不足して,俳優らに任せるほかはなかったが監督の不安感をさっさと振り払ってしまう程満足な演技をしたためだ。
特にチャン・ドンゴンという傑出したスターに対する負担感があるドンス役を担ったヒョンビンに対する称賛を取り除かなかった。
“当時(映画)の縁も有難くて,今の演技者らもありがたい。
ドラマに出演した誰一人不満ではありません。
特にヒョンビンの場合には‘上手でこそ元手’という周辺の人々の反対にもかかわらず,出演を決めましたよ。
一度はヒョンビンが‘監督様,私すべての事をかけてしますよ’として意欲を表わしたりもしましたよ。
そのためだけではないが,撮影会場を訪れた(チャン・)ドンゴンに‘もうこれ以上チャン・ドンゴンのドンスではなくて,ヒョンビンのドンスだけ記憶されるだろう’と話しましたよ。
ヒョンビンは容貌のために貴公子のように見えるが、実際には‘マッチョ中のマッチョ’というほど自分の決定に後悔しないで全力疾走する馬鹿正直なスタイルの男性でしょう。”
クァク監督はドラマ‘友へ…’の展開と結末に対して多い関心を見せている視聴者たちに感謝の気持ちを伝えながら、高い完成度のドラマになるという約束を忘れなかった。
“やはり‘友へ…’はドラマのヒット要素不在という負担があります。
はなはだしきは視聴者たちと周辺で冗談みなして‘分かってみたら、ドンスとウンジが腹違いであったんじゃないか’ ‘ジュンソクに出生の秘密がある’等おもしろい展開を話したりもします。
絶対そのようにしないでしょう。
ただし友達と関連した多様なエピソードを加えて,映画でつくせなかった話を今回みな解いてスッキリする気ができるように努力します。”
<文パク・ジュンボム・写真イ・ソク記者>
(出処:sports khan)
Comment

[133]

マッチョの中のマッチョv-91ですか。
馬鹿正直なスタイルの男性・・・・。
確かにそんな感じ。

決して器用じゃないけど・・・・
派手さもないけど・・・・
人を惹きつける・・・そんな人だと思います。

[136]

あはは~。
なんかv-352あるねv-290
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。