--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
13

【記事】‘友へ’胸痛い個人史共感100倍,視聴者鳴った

【記事】‘友へ’胸痛い個人史共感100倍,視聴者鳴った
[2009-07-13 07:02:39]
200907130000351001_1.jpg
[ニュースエン ユン・ヒョンジン記者]
人生で最もきらきら光った時期を一緒にした友へらが各自自身の道を歩きながら,20代に入り込んだ。
だが時間が流れても心の片隅に閉じ込めておいた初恋の思い出と稚気に充ちた幼年時代の記憶は相変らず各自の胸中に鮮明に残っていた。
7月12日放送されたMBC週末企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’ 6回では高等学校を卒業した友だち4人衆とレインボーメンバーらの幼い時と現在の人生が交差した。
特にジンスク(ワン・ジヘ扮)に向かったジュンソク(キム・ミンジュン扮)とドンス(ヒョンビン扮)の切ない心は各自の現実の中でさらに深くなって行った。
ジンスクの不遇だった幼い時が公開された。
船員のお父さんが集めてきたお金を日数遊びで手抜きママのせいで、裂けるように貧しい幼い時期を送ったジンスクは、不遇な環境の中でも常に明るい姿を失わないで銀行員になって,自身の人生を切り開きながら生きていっていた。
ジュンソクは亡くなったお母さんを思い出させながら,懐かしさに深くしみた。
12才の時亡くなったお母さんを火葬して,日本に送った。
以後ジュンソクはジンスクを訪ねて行って,焼酎一杯を傾けながら,お互いの悩みを打ち明けた。
ジュンソクはお母さんの最後の遺品をジンスクにプレゼントしたし二人はお互いの痛みを共感した。
ジンスクはお母さんを懐かしがりながら悲しむジュンソクを暖かく抱いた。
チャガルチ市場で仕事をしながら生きていくドンス.
女子大生になって,ソウルに発つウンジ(チョン・ユミ扮)はドンスに心を告白したが、ドンスは互いに記憶だけして生きようとしながら,ウンジの心を断った。
絵に格別な素質を持っているドンスはある有名画家のギャラリーを訪れて、展示された作品らを見物しながら,絵に対する夢と熱情をまた再確認した。
この後、ドンスとジンスクはジュンソクの家で久しぶりにまた会った。
ドンスは自身よりジュンソクと深い関係に発展したジンスクに、2年の間海に船に乗って金を儲けにでかけるという話をしてはあわてて席を離れた。
だがジンスクはドンスが出港する直前に港に訪ねて行って,自身のお父さんから受けたハーモニカをプレゼントした。
放送後視聴者らはドラマ関連掲示板を通じて,鼻先じいんとした感動に絶賛を送った。
視聴者たちは“心が痛い。
忘れられた思い出らが思い出して涙が出る” “序盤に比べて,ますますさらにおもしろくなる。
特に6回では思い出を喚起させるつらいハーモニカの音をはじめとして,海辺,防波堤,カモメ,老いた船員など皆とても素敵な映像だった。
穏やかに近づく率直な話がドラマでさらに光るようだ”等意見を現わした。
また“70~80年代愛する家族を故郷に置いて一寸の前を見通せない海に向かって進むお父さんらの姿を代弁するジンスクお父さん,お母さんに対する深くしみる感情を揺り動かすことが出来ないジュンソク,画家に対する夢を捨てられないまま、自身が好きな女に自信があるように近寄ることができない孤独と悲しい反抗児ドンス,気さくで図太くて,絶対に悲しい姿見せないけれど胸深いところで涙を流しながら,生きるジンスクなど、映画とは風変わりな雰囲気を見せるドラマ友への感動にますます胸一方がかすかになって,とても良かった”という視聴者意見もより増した。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。