--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
13

クァク・キョンテク監督インタビュー~スポーツソウル

【記事】[クァク・キョンテク,友へ]ドラマと妥協できなかった数々①
[スポーツソウルドットコム|キム・ジヘ・ソ・ポヒョン記者]
20090713_124757720624_0.jpg
"ドラマですか?今当分はさらにしたくないですね。
映画考えが切実ですね。
だが何年後にも映画よりはドラマで解きほぐすことがはるかに価値あることという気がすればその時またするでしょう。
ただしもう少し余裕があるようにしてしたいです。
'友へ'は初めてのドラマのためなのかちょっと大変だったんですよ。
かなり苛酷な申告式を行ったもようだ。
初めてのドラマを,それも自身のヒット作をドラマ化した作業を終えたクァク・キョンテク監督は"またするだろうか"と尋ねた質問に手で遮った。
惜しいのも多くて苦々しいのも多かった。
ストレスは話をすることもなくてからだも大変だった。
体力一つは自信があったクァク監督も、暇さえ出来れば現場で仮眠するほどであった。
演技者らと焼酎一杯しながら,あれこれ話を交わす面白みを感じる余りの時間は当然なかった。
そのように6ヶ月をずっと投資して作り出したのがMBC-TV '友へ,私たちの伝説'(以下'友へ')だ。
'友へ'はクァク監督が私の欲をつくして作り出した,それで自負心がすごいドラマだ。
しかし期待とは違いまだ視聴者の幅広い呼応は得られずにいる。
数値的結果には100%満足できないが作品に対してだけは自負心が伺えた。
映画より比較的制約が多い放送という垣根の中で最善の結果を作り出すために努力したためだ。
だがTVという媒体の中ではあきらめなければならなかったのが多くて,速度ちょっと痛んだことも事実だ。
それでも守らなければならないことは最後まで守った。
それがクァク監督が虚心胆慨に笑うことができる理由でもある。
ドラマ'友へ'に戻ったクァク・キョンテク監督に会った。
20090713_124757720624_1.jpg
◆ "ドラマと映画は確かに違ったよ"
▲映画だけしてきてドラマに飛び込んだ。
製作環境と撮影条件はなはだしきは作品に対する反応まで全てのものが映画とは違う。
ドラマは放送局と利害関係も絡まっていて見たら演出者と製作者の限度を越していく部分もあっただろう。
ドラマに適応するのが容易でなかったようだ。
"映画5編をとった気持ちだったんですよ。
'これでドラマを骨を折るというんだな'という気がしましたよ。
映画は撮影する瞬間から監督が全てのものを主体的に導いていくが、ドラマは色々な状況を考えなければなりませんでした。
映画に比べて,多い制約がある媒体だから。
特に地上波のために放送会社の立場を考えなければならなかったし、視聴者の目に合わせて,撮影を進行しなければならなかったんですよ。
放送がされて一番あきれた時が画面の下に広告がつくことでした。
1回から映画のハイライトということができる緊張した場面が出てきているのに、映像下段に放送と関係ない文句が出てくるのです。
私の映像に意図しなかった広告字幕が出て行くというのがどんなに当惑したのか血圧が上がったのです。"
▲ '友へ'の初回放送は残念だった。
いや正確に話して当惑した。
クァク監督は広告字幕のために神経が過敏だったとしても、多い視聴者たちは行き過ぎたモザイクに頭を横振った。
刃物と血はもちろん野球バットまでモザイク処理されたためだ。
論議の中心になったモザイク,これは放送会社と事前に調整されたことだったのだろうか。
"もちろん放送前にモザイクに対する部分は協議をしました。
撮影を終えた状態だったために、放送会社で問題視する場面をまたとることもできなくて切ることもできなかったのに妥協点がモザイクでした。
だが棒までモザイクなるとは思いませんでした。
放送を見ると視聴者たちが'このように行くことならば最初からしないだろう'と怒りそうだったんですよ。
事実,史劇や米国ドラマでは刃物が出てくるでしょう。
なぜ唯一'友へ'はならないのかよく分からないです。
暴力性に対する部分はある程度考慮をしてとりました。
私はもちろん撮影スタッフ大部分がドラマ経験がないからドラマを撮影した演技者らにいちいち尋ねました。
'(ヒョン)ビナ 棒はだめか?タバコの煙だけ出てくるのは大丈夫だろう?'ということですよ。
そのようにとってみると後ほどには'私が今何をしているのか'思いましたよ.
そこまでしてとったのに思わなかった部分らまでモザイクで区分されると肝を冷やす感じがしましたよ。"
20090713_124757720624_3.jpg
◆それでもこれだけは放棄しなかった
▲クァク監督にドラマ'友へ'はかけがえのない子供だ。
だから自身でない他の人が演出するということは想像もできないこと。
製作から演出まですべての部分を直接した。
映画がドラマ化される過程は多くの変化が要求されるほかはない。
しかし媒体が変わるといっても作品のために絶対放棄できないことらがあっただろう。
クァク・キョンテク監督が最後まで妥協しなかったことは何だろうか。
"映画の核心的な場面らでしょう。
ドラマに放送されるのに、暴力的な面が強いといっても'友へ'といえば人々が思い出させる場面は絶対放棄しなかったです。
例えばドンスが死にいたる場面とか。
ジュンソクとドンスが組織を別にして,対立することになる場面ら同じようなものはそのまま生かしましたよ。
またコメディー的な状況も捨てることができませんでした。
'友へ'という作品は重たい悲壮美があるのにこれを呼吸が長いドラマに継続してみるならば視聴者たちも疲れることができますね。
だから視聴者たちを疲れささないためにコミックは絶対的に必要だと考えました。
コミカルな神々は現場で笑わせる時までずっととりました。
予算や撮影日程は全く神経使わないでのことですよ。"
▲話した通りドラマ'友へ'はかなり多いことを見せようと努力した跡が見える。
新しさを与えるために主人公ら一人一人のエピソードを強化してコミックとメローを補強した。
また過去と現在を行き来する編集,はやい展開などテクニック的においても映画劣らず精魂を込めた。
しかし努力に比べて,結果はそれほど良くない。
初めての視聴率が9%をとるとなかなか二桁台に上がれずにいる。
"率直に放送前まで視聴率はよく出てくることができました。
初回視聴率見て大いに衝撃受けましたよ。
だが今は謙虚に受け入れることにしました。
視聴率低調の原因です?序盤に欲をたくさん働かせたのがむしろ逆効果が出たようです。
周辺知人らがドラマは序盤4回の視聴率が最後まで行くというので初めから映画の主なハイライト場面と強くて濃い場面をたくさん入れました。
男視聴者たちは良いというのに、女視聴者らはちょっと暗くて重くて嫌いですよ。
それでも自負心はあります。
こういう形態のドラマもあるということに対してです。
この頃よく話す財閥2世,出生の秘密,不倫のような要素は全くないでしょう。
私たちが扱っている友情とサランが情緒的な側面でとても現実に近い話をしていると考えます。"

【記事】[クァク・キョンテク,友へ]自己複製?それで新しく試みたものなど②
[スポーツソウルドットコム|キム・ジヘ・ソ・ポヒョン記者]
20090713_124835720628_9.jpg
ドラマ'友へ-私たちの伝説'が作られることにした時,人々は"映画'友へ'とどれくらい違うこともあるだろうか"という疑問から抱いた。
クァク・キョンテク監督の自分の複製作にならないかという憂慮も少なくなかった。
憂慮はある程度現実にあらわれた。
ドラマで作られた'友へ'は映画のストーリーはもちろんセリフと撮影場所まで大きく変わったのがなかった。
映画で主要場面だったことは、ドラマでも同じように比重あるように扱われたし、カメラ構図もこれについて行った。
はなはだしきは同じキャラクターを演技する出演陣もいた。
結局クァク・キョンテク監督は論議から自由になれなかった。
800万以上がみた場面を再び繰り返したことに対する批判的な視線があちこちに存在した。
だが本来当事者は'ゲラゲラ'笑うだけ,自己複製論議に対して意に介さながるようだった。
クァク監督は"映画と似ているように行ったことはそれが最高のベストカットだったため"としながら"だがドラマ'友へ'は映画と違ったのが明らかに存在する。
映画ではしなかったことをドラマで皆見せるだろう"と自信ある姿を見せた。
クァク・キョンテク監督が自己複製論議に対して自由でありえる理由,ドラマで新しく試みたものなどに対して聞いてみた。
20090713_124835720628_5.jpg
◆ "ドラマ'友へ'で新しく試みたものなど"
▲話も話だが,現場環境もまた映画とははっきりと違ったところだ。
クァク監督はこのような困難を予想したから企画段階から100%事前製作を主張した。
製作費78億ウォンもあらかじめ調達したので約6ヶ月に経て,20部作を皆完成することができた。
"事前製作をしたので多くの方らが撮影条件面では気楽でなかったかと入るして下さい。
もちろん良い点などが多かったんですよ。
断片台本,超撮影は免じることができたからです。
だが事前製作だから欲はより多く出すことになったのです。
またとることができないから。
結果的に現場では強行軍の連続でした。
普通映画を作る時は一日14時間,4~5日に一回ずつは必ず休むという原則を守ったのにドラマは一日15時間を渡しながら,撮影する常であり6~7日連続で撮影することが大部分でした。
俳優らとスタッフら苦労たくさんさせたそうです。"
▲ドラマ'友へ'やはりクァク監督が直接脚本を書いた。
2時間中にすべての話を解かなければならない映画と20部作という長い呼吸を持って話を解かなければならないドラマは多い差がある。
シナリオと脚本はどのように変ったのだろうか。
"10年前映画'友へ'のシナリオは8とまで書いた産みの苦しみの終わりに出てきた作品でした。
映画は一シーンあたり3分を渡してはいけなかったし、話を集約しなければならなかったために、多くの内容を減らしました。
だがドラマは長さに束縛を受けないで思う存分使えて良かったです。
作家立場で見た時,その部分ではドラマが映画よりもう少し自由なようです。
ドラマでは主人公らの関係をもう少し詳しく説明したかったです。
結末の場合にも、映画は開かれた結末を選択したが、ドラマは違うように行きました。
映画ではジュンソクがドンスの死を見守るのに、ドラマでは死んでいくドンスに走っていきます。
'ドンスがなぜ死んだのだろうか'という責任を与えるためにでした。
いずれにせよそれがエンディングシーンになると思いますね。"
20090713_124835720628_6.jpg
▲ドラマ'友へ'は序盤から映画'友へ'のハイライト場面が全く同じく再演されて目を引いた。
俳優だけ変わっただけ同じ場面を同じ場所でとったものなども多い。
これは他の見方をすれば自分の複製ともできて,監督立場では負担も大きかっただろう。
"もちろん初めには映画でとった場面を全く同じく再演することが果たして正しいことであろうか疑いもしましたね。
だが撮影監督と話をしたのがその時私たちが如何に多い悩みの末に探した場所,とった場面らか考えをしてみるともうこれ以上のベストはないという結論が出てきました。
結局10年ぶりに映画を撮ったその場所らをまた訪れました。
隔世の感を感じました。
影島大橋やデビョン港防波堤のような映画の主要場所らは完全に変わってましたよ。
それで他の所を探してとりました。"
▲映画のような点があるかと思えば変わった点もある。
今までクァク・キョンテク監督は男性中心の映画をたくさん作ったし、メローも深く扱わなかった。
ところでドラマ'友へ'は違う。
ジンスクのキャラクターが映画に比べて,比重あるように描かれていて、彼女を囲んだメローが眼に触れる。
'友へ'のメローバージョンはどんな感じに描かれるだろうか。
"映画に比べて大きく変わった点がメローをもう少し強化したということでしょう。
ドラマを作るというから周囲で一番最初に話したのが'ドラマは無条件メローだ。
メローがなければならなくて'といったのです。
シナリオ作業する時からメローラインを構築したのもそのためです。
ジンスクを囲んだジュンソク,ドンス,サンテクの三人の男のメローラインをより明確にしましたよ。
また映画で暗示だけしたチュンホとソンエの愛の物語も薬味のように追加しました。
ところで私たちが描くラブ ストーリーは新世代愛物語でなく、昔の郷愁を刺激するそのようなメローと中壮年層視聴者たちもおもしろく見られるでしょう。"
20090713_124835720628_7.jpg
◆ "跳躍夢見る'友へ',アジア市場も狙う"
▲ '友へ'が話題になったのが途方もない金額(製作費の2/3)に日本に先販売されたということだ。
国内からよりむしろ海外でさらに歓迎される感じだ。
その間まばらだったドラマ韓流にまた燃料を入れて火をつけることができることと期待を集めていて、日本で'友へ'がこのように大きい期待を得ている理由は何だろうか。
"日本では私の名前と'友へ'というコンテンツ,そしてヒョンビンなど韓流スターで跳躍しているスターらの可能性だけ信じて多量の金を投資するのです。
最近韓国ドラマらの輸出単価が急激に落ちた状況で、私どもでも期待以上の成果を取ったことでしょう。
今年の冬や来年初め頃日本に放送されると思うがどのような反応を得るのか私もとても気になります。
撮影前から海外放映を念頭しておいてたくさん気を遣っただけ良い反応があったら良いでしょうね。"
▲海外版の程度は国内地上波放映版より高いと聞いた。
聞くところでは、撮影当時刃物,棒などバージョンを違うようにしてとることもしたと聞いた。
どんな点などが変わるのか気になる。
ひょっとしてあらすじやセリフや特定場面,結末などでも変わることがあるようだ。
"海外輸出を考慮して,特定場面は国内版と海外版を違うようにしてとりました。
国内地上波版の場合刃物は棒で,棒は角材に変えてとったとすれば、海外版は映画と最も似ているように撮影しましたよ。
しかし内容的な面であらすじやセリフ,結末などの話が変わるのはありません。
編集の場合海外版はまたもう少し修正補完する予定だよ。"
映画監督が興行を意識しないわけにはいかなくて、ドラマ監督が視聴率を気を遣うほかはないのは当然の道理だ。
しかしクァク監督は話では死ぬ話をしても、インタビュー中ずっと笑いを失わなかった。
その理由は評価と関係なしで内容物に満足をしているためだ。
6ヶ月間の強行軍を終えたクァク・キョンテク監督はもう安らかな気持ちで毎週週末夜を待っている。
釜山の撮影現場で'アクション"声を叫んだ記憶を想いうかべながら,結果を一つ一つ確認する面白味もかなりよいんだ。

【記事】[クァク・キョンテク,友へ]ヒョンビンはチャン・ドンゴンと違った色があって③
[スポーツソウルドットコム|キム・ジヘ・ソ・ポヒョン記者]
20090713_124904720629_0.jpg
"(ヒョン)ビニもたくさん負担になりました。
どうしても比較にならなければならないから"
映画'友へ'がドラマで作られるといった時,多い人々が関心を持ったこと中の一つはチャン・ドンゴンが引き受けた'ドンス'役割を誰が引き受けるのかであった。
クァク・キョンテク監督が'ドンス'役割にヒョンビンをキャスティングしたという便りが聞こえてくるや'友へ'のファンたちは憂慮を現わした。
ヒョンビンのジェントルなイメージは荒いカリスマを持ったドンスの姿とオーバーラップされなかったためだ。
なにをかいわんや。
放送が始まるや憂慮は現実にあらわれるようだった。
初回放送から'演技力論議'がふくらんだ。
なまり演技から発音,表情演技までぎこちないという指摘が続いた。
だがクァク・キョンテク監督はインタビューでヒョンビンに対する無限の愛情を表わしながら"さらに上手でしょう。
期待されても良いです"と話した。
クァク監督のヒョンビンに対する信頼は撮影現場で得られたのだ。
彼はチャン・ドンゴンの'ドンス'ぐらいヒョンビンが描く'ドンス'は風変わりな魅力があると話した。
クァク監督がヒョンビンを信頼する理由,一緒に他の俳優らに対する評価まで聞いてみた。
20090713_124905720629_3.jpg
▲クァク監督は俳優から新しいものを引き出すのに卓越した能力がある。
映画'友へ'ではチャン・ドンゴンを'サラン'ではチュ・ジンモを美男スターで演技派俳優に変身させた。
今回はヒョンビンだ。
だが、まだ彼の演技に対する評価は入り乱れている。
"演技論議があるのは知っています。
だが、それは時間が過ぎれば解決される問題と見ます。
(ヒョン)ビニは羊の仮面をかぶっている俳優です。
初めてのミーティングをした時からビニからドンスの姿を見ました。
目つきに反抗期が渦巻いていながらも,凄然なことも宿っています。
今見せている演技はヒョンビンの中に内在したまた他の姿です。
視聴者たちがぎこちない理由は、ヒョンビンに対して持っていた既存のイメージと違ったところで来る拒否感でしょう。
多分もう少し見るならば、私がそうしたように視聴者たちも慣れるでしょう。
▲チャン・ドンゴンの場合のようにヒョンビンのなまり教育も直接担当したと聞いた。
ヒョンビンがなまり演技のために撮影序盤から負担がとても大きかったと聞いた。
どのように方式で教育をさせたのか気になる。
またチャン・ドンゴンと比較しようとするなら、ヒョンビンの場合、習得力はどの程度だったか。
ドンスという役割が俳優立場では負担になるほかはない役です。
チャン・ドンゴンというスターがあまりにもよくした役割で、また何より釜山なまりを使わざるを得ませんから。
ビニもその点を心配していました。
それであらかじめ勉強できるようにすべてのセリフを直接録音して与えました。
二人とも教えてみた結果,習得力は似ているが、演技においてはドンゴンがはるかに有利にならざるをえません。
ドンゴンはセリフがあまりなかったし、ビニはセリフがものすごく多いですから。
撮影をしながらビニはセリフごとに"監督様これ合ってますか?あの大丈夫でしたか?"といちいち確認を受けたのです。
それで私は"ビナ,50点だけ合わせろ,100点を合わせようとすれば大変だ。
代わりに重要な時は本当に集中して上手にして、残りは80%完成度でだけやれば出来る"と軽く叩きましたよ。
20090713_124905720629_1.jpg
▲ヒョンビンぐらい負担が大きいキム・ミンジュンの熱演も引き立って見える。
キム・ミンジュンはこれまでの色々な作品で演技をしてきたが、眼に触れるキャラクターが多くなかった。
ところで'友へ'でキム・ミンジュンはヒョンビンより比重が少ないことにもさらに引き立って見える。
なまり演技やはり俳優らの中で最も優れるという評価を受けている。
"あえて申し上げるが、キム・ミンジュンは今回はじめて自分役割をする俳優にならなかったようです。
過去に標準語で演技した姿を見れば、ソウルの方言をまねをするように見える場合がありましたよ。
ところで私たちの作品では故郷言葉を使えば良いから、もう少し安らかに自分声を出すことができます。
すなわち洗練されはしなくてもいかにも強情そうなことはなくなりました。
なまりを使いながらも,中で沸き出る感情を自然に表現できるならば成功だと考えたのにミンジュンがそのように良くしてくれていて,非常に満足です。"
▲主演俳優らだけでなく助演俳優やはり自分の分を100%している。
特にジンスク役のワン・ジヘをはじめとするソンエ役のペ・グリン,ウンジ役のチョン・ユミなど女新人らの活躍が引き立って見える。
彼らはどのように発掘することになったか。
オーディションの話をちょっと聞かせて。
"レインボーの子たちは皆オーディションでキャスティングしました。
ソウルで4度,釜山で3回オーディションを実施したし、俳優ら大部分は3次オーディションまで見たあげく抜擢されました。
(ワン・)ジヘの場合いくつかのドラマに出演したことがある中古新人なのに、オーディション当時から準備をとてもよくしてきた俳優でした。
なまり演技部分も立派だったし、容貌やはり私が考えたジンスクの姿と似て,キャスティングすることになりました。
ジンスクの場合、気勢張った男たちの間でも絶対劣らないカリスマがなければならないのに、ワン・ジヘがそのような感じでした。
ペ・グリンとチョン・ユミはオーディションと現場区分なしでいつも誠実な姿勢で臨んでくれて悩むことがありませんでした。
20090713_124905720629_4.jpg
<写真=イ・スンフン記者>
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。