--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
13

【記事】見れば見るほど陥るドラマ'友へ'の魅力

【記事】見れば見るほど陥るドラマ'友へ'の魅力
手当たり次第にドラマ:2009/07/12 01:14
2009-07-12_013B073B00.jpg
ドラマ友へ,私たちの伝説(以下友へ) 5回が放送された。
ドラマ友へ初回を見ながら,原作の映画と比較されて,多少惜しかった部分が多かった。
主人公らの演技力,ドラマに放送されるには不適切な素材,そして最後に原作の映画に迷惑をかけはしないだろうかと思う気がした。
ところで心配もしばらく会を繰り返すほど<友へ>にますます陥ることになる。
何より俳優らが演技力が日に良くなっており,そして大部分の出演陣らが既存ドラマと違うように新鮮だと言うべきか...
とにかく<友へ>が既存ドラマの枠組みをたくさん破っていると考える。
2009-07-12_013B073B38.jpg
今日放送では映画でも多い話題を産んだチャガルチ市場疾走場面があったのに,個人的にも印象深く残った場面だと気持ちが妙(?)だった。
そして初回ぎこちなく感じられたヒョンビンの釜山なまりが回を繰り返すほど完ぺきに近いほど発展していて没入度が一層より良かった。
事実初回を見ながら,ヒョンビンの演技力に多くの不信(?)を持っていた私に今日放送により不信を皆消えた。
むしろチャン・ドンゴンが思い出されるほど素晴らしい姿をたくさん見せるようだ。
本当に見れば見るほど魅力があふれるヒョンビンではないのか考えてみる。
2009-07-12_013B053B16.jpg2009-07-12_013B063B51.jpg2009-07-12_013B063B12.jpg
その他にも今日放送では劇場で行う乱闘,友らと行ったキャンプなど今は考えさえできないことを見せながら,80年代に学生時代を送る方々に過去の思い出が浮び上がらなかっただろうかと思う。
また原作ではそんなに浮び上がってはいなかった主人公らの愛物語がドラマ<友へ>に描かれながら,映画とはまた他の面白みを感じることができた。
恐らく主人公らの愛物語がドラマ前半に大きい比重が自治しないだろうか用心深く考えてみる。
そして初めに心配した部分の中の一つがどんな方法でドラマを導いて,行くか内心心配になったのに,原作の映画の枠組みを抜け出さないのに少しずつ肉付けしていく製作スタッフの能力(?)またすごさを感じることができた。
だが少し心配になる部分はあまりにも暴力的な場面らがたくさん出るということだ。
事実彼らの友情も友情だが,ごろつきを素材で作って見たら仕方ない場面らもあるだろうがそれでも少しは自制したら良いだろう。(それでは<友へ>見ることがないことなのか…これもまた製作スタッフの能力ではないか…^^)
とにかくドラマ<友へ>は週末遅れた時間放送されることにもかかわらず,粘り強い(?)視聴率を自慢している。
多分今週が先週よりさらに高い視聴率を記録しないだろうかと思う。
5回が放送されたドラマ<友へ>が多い方々の憂慮の中に巡航中である中でまだ原作の陰から抜け出せずにいることが事実だ。
まだドラマが持つことができる時間という長所をどのように活用するかにドラマ<友へ>の勝敗がかかっていないかといえる。
だがやや間違ってくれた時間を活用できないならば、多い人々の胸中に残っている映画<友へ>の思い出まで消えるようにさせることができる。
原作を跳び越えられなくても迷惑をかけてはいけないだろう。
今まではドラマ開始前クァク・キョンテク監督が話した映画でし終えることができなかったお話がたくさん繰り広げられることができないようだ。
これからどんな方法での話を広げて,行くかすでに気になってき始める。
何より今日高等学校を卒業した主人公らをこれからどのように作っていくのか本当に気になる。
最後にドラマ<友へ>が映画を跳び越えて,私の胸中に久しく残るドラマになればという風と共に<友へ> 5回レビューを終えるようにする。
(出処:TVian)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。