--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
14

【記事】キム・ミンジュン,"機会なるならば大林宣彦監督作品に出演したくて"

【記事】キム・ミンジュン,"機会なるならば大林宣彦監督作品に出演したくて"
image_readtop_2009_380517_1247445126176768.jpg
11回ソウル国際青少年映画祭監督特別展‘青春をとれ!
’のために訪韓したカルト無比の大物,大林宣彦監督に会うために最近MBCドラマ‘友へ’で集中照明受けている俳優キム・ミンジュンがソウル国際青少年映画祭を直接訪問して,話題を集めた。
2003年ドラマ<茶母>のカリスマあふれる‘チャン・ソンベク’役で熱い注目をあびたし,ドラマ<アイルランド>,<プラハの恋人>,<タッチャ>,そして映画<サラン>等線太い演技で多様なキャラクターを作り出している人気俳優キム・ミンジュンが最近作ドラマ‘友へ’撮影で忙しい日程を分けて,ソウル国際青少年映画祭を探した。
キム・ミンジュンは大林宣彦監督をソウル国際青少年映画祭で直接会って“<青春デンデケデケデケ>を見た以後で,大林信彦監督の熱烈なファンになった,映画の中で‘浅野忠信’が引き受けたキャラクターは俳優としてあまりにも欲しい役割だった。
機会になるならばいつか必ず大林監督作品に出演したい。”としてときめく心を伝達した。
大林宣彦監督また“韓国の有名俳優のキム・ミンジュンが私の映画をたくさん好んでくれるという事実が非常にうれしい。
<青春デンデケデケデケ>が好きな彼の純粋な心が感じられる。
すなわち日本に訪問する予定とは,二番目出会いを期待する。”と答えた。
11回ソウル国際青少年映画祭を探した大林宣彦監督は3泊4日間の公式日程を終える前,俳優キム・ミンジュンのびっくり訪問に快く応じて,韓日最高級俳優と監督間の劇的な出会いが成し遂げたのだ。
またキム・ミンジュンは“ソウル国際青少年映画祭で大林宣彦監督の珠玉のような8編の作品を一度に会ってみることができる機会をプレゼントしてくれてうれしい。
青少年らだけでなく大人たちも共に楽しむことができる映画らが豊かな映画祭という気がする。
来年映画祭がすでに期待される。”とソウル国際青少年映画祭を探した所感も付け加えた。
11回ソウル国際青少年映画祭は7月9日を始め15日までソウル劇場で開催される。
(出処:毎日経済)


この映画<青春デンデケデケデケ>、とおーい記憶だと学校で同じ内容の劇を見させられた覚えが。。。
これもある年代の人たちの郷愁を誘うような内容だった気が。
へぇ~、いつかキム・ミンジュン@大林宣彦監督作品見れるといいですね
せっかくの記念写真なのに、袖に挟んでるのはタバコかな(笑)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。