--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
03
05

【記事】ミジャンセン'エッセンシャル ダメージケア'広告キャンペーン ランチング

【記事】ミジャンセン'エッセンシャル ダメージケア'広告キャンペーン ランチング
[(c) 'グローバル総合日刊紙'アジアトゥデイ]入力[2009-03-05 10:45]
miseenscene_ad.jpg

強烈なレッド カラーの上で‘赤色でないRed’,‘傷でないRed’,‘サランでないRed’というコピーが続けて浮び上がりながら,微妙な緊張感が流れる中でシン・ミナがはさみを聞いて,長い髪を自らバッサリ切ってしまう。
引き続きバラ花びらがいっぱいであるローズウォーターの中でアルガン オイルが浮び上がりながら,美しく変身したシン・ミナの見事な髪のきめでいっぱい満たされた画面の上で‘ローズウォーターRed’,‘損傷ケアRed’というRedの新しい解釈が登場する。
数千輪のバラの森で囲まれた湖畔の神秘で夢幻的な雰囲気の中になめらかな長い髪を自慢するシン・ミナとその髪のきめを感じるヒョンビンの姿が照らされながら‘美しくてRed’というコピーを最後にミジャンセンの‘Red’の秘密が明らかになる。
アモーレパシフィック(代表:徐キョンベ)のヘアートータルファッションブランド ミジャンセンがダメージヘア、縮毛集中ケア新製品の‘エッセンシャル ダメージケア’発売とともに,感覚的な映像美を自慢する新しい広告キャンペーンを5日からお目見えする。
アルガン オイルとローヤルゼリー,ローズウォーターで構成された特許受けた成分に焦点を合わせて製作された今回の広告はパッケージ色により製品のペットネームでついた‘Red’を‘傷ついた髪のきめをケアすること’で再解釈,ミジャンセンRedが軽くてなめらかな髪のきめを通じて,女性の究極的な美しさをかえすというコンセプトで構成された。

今回のミジャンセン広告で最も眼に触れるのはモデルの世代交替.
その間チョ・インソンを中心に女モデルを交替してきたこととは違って,2009年からはシン・ミナ、ヒョンビンのツートップ体制で変化を与えて,ヘアケアからスタイリングまで完ぺきなヘアーのためのフルラインをそろえたトータル ヘアーブランドイメージを一層さらに強調した。
特に今回の広告では毎作品ごとに多様な変身を通じて格別な感覚を自慢してきたシン・ミナと各種ドラマを通じて,女性を守る軟らかいながらも,強い男性でポジショニングしてきたヒョンビン,二つのモデルの魅力が精一杯発散されて,より一層目を引いている。
傷の前でも美しくて堂々と変貌した女性とその女性がより一層美しくなれるように守る強い男性の姿を完ぺきに消化することによって広告の雰囲気を一層さらに高めさせたこと。
実際に二人はもう少し神秘でロマンチックな雰囲気を生かすためにキャラクターの表情と動作を積極的に提案して,果たしてプロモデルらしいという賛辞をかもし出したという後聞だ。
また他の主人公はまさにミジャンセン‘エッセンシャル ダメージケア’それ自体だ。
広告の初めてのカットと中間に全面的に浮び上がるレッド カラーは製品の表面をそのままクローズアップしてとったことで,高級で洗練された製品のイメージを表現するグロッシーあるレッド カラーが魅力的だとそのまま使っても遜色がないという判断下に選択された。
アモーレパシフィック ミジャンセンのブランドマネージャーのク・ハクヒョン チーム長は“今回のエッセンシャル ダメージケア広告は損傷毛髪,縮毛毛髪ケアに関心が高い女性消費者に焦点を合わせて,シン・ミナを中心にストーリーを展開した”と説明しながら,“見えるようやめるようかくされたヒョンビンの姿でモデルと製品に対する好奇心をより一層刺激するように誘導した”と付け加えた。
また,“今回の広告がシン・ミナの堂々とした女性的魅力に注目してミジャンセンのヘアケア イメージを強調したとすれば,次に進行される広告ではヒョンビンの軟らかいながらも,男性的な魅力を積極的に活用してミジャンセンのトレンディーでスタイリッシュしたイメージを極大化する計画”と明らかにした。
(出処:asiatoday)


CFギャラに関する興味深い記事も。
【記事】トップスター抜いた‘CF女王’キム・ヨナのギャラは?
JES|イ・サンテク記者|2009.03.05 09:22入力
pho_200903050919430105000001051200-001.gif
スターらのCFギャランティーはいくらであろうか。
スターらの広告出演料は極秘事項だと外部公開がよくされず,客観的な統計を出すのが難しい。
だが最近国内有名A広告企画会社がスターらのCFギャラを策定した。
その結果最もからだ値段が高いCFスターで国民の妹キム・ヨナが挙げられた。
キム・ヨナの広告料は昨年6ヶ月契約4億ウォン,1年契約8億ウォンだった。
だが今年は6ヶ月5億ウォン,1年10億ウォンで前年より25%走った。
キム・ヨナは現在サムソン電子・現代自動車・LG生活健康・毎日乳業など10ヶ余り広告に出演している。
キム・ヨナは広告料とスポンサー費、競技賞金などを合わせれば今年の収入だけで最高120億ウォンに達するだろうという予想が出てきている。

引き続きCFトロイカ時代を構築したキム・テヒ、チョン・ジヒョン、ソン・ヘギョが各々1年8億ウォン,ムン・グニョン、イ・ヒョリ、イ・ナヨンが1年7億ウォン,イム・スジョン、ユン・ウネが6億~7億ウォン,少女時代とワンダーガールズは1年各々6億ウォン,'花男'の女主人公ク・ヘソンは3億 5000万ウォンの広告料を受けると分かった。

男性で最もギャラが高いCFスターで歌手ピが挙げられた。
雨は景気不況で広告料が大部分昨年価格で凍結した中でも1年に10億ウォンを取りまとめると伝えられた。
引き続きチャン・ドンゴンとチョ・インソンが1年に8億ウォンずつを受けると分かった。
またソン・スンホン7億ウォン,ヒョンビンとソ・ジソプ6億ウォン,カン・ドンウォンとイ・ジュンギは4億~5億ウォンを受けると伝えられている。
アイドル グループではビッグバンが1年に8億ウォン,6ヶ月4億ウォンで最も高かった。

俳優スターらのCFギャランティー特徴は'花男'らの急上昇だ。
KBS月火ドラマ‘花より男子’が話題を越えて,症候群を起こしながらF4のギャラがますます沸き上がっていること。
F4は'花男'出演前だけでも無名スターに近かった。
だが視聴率面で30%を渡しながら,すごい興行成功と共に有名になりながら,これらのCFギャラも一緒に走っている。
F4の一番上の兄格のイ・ミンホはダンキンドーナツ,LGテレコム,リーバイス広告などをとりながら,5編に20億ウォンを取りまとめた。
またキム・ヒョンジュンは偏向4億ウォン台(1年)の広告料を受けていると分かった。
キム・ボムとキム・ジュンの1年広告料は概略2億ウォンと1億5000万ウォンで調査された。
広報専門企業イシューキャスター,チョ・ミョンファン代表は"今年キム・ヨナと花男F4の人気が絶頂に達しながらCFギャランティー順位で影響を与えている"としながら"キム・ヨナの広告料順位が1位を占めたことは好感度と成績にともなう国民的声援とも無関係ではない"と説明した。
(出処:일간스포츠)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。