--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
16

【記事】キム・ミンジュン,神懸かりの麻薬中毒者演技実感‘本当みたいだね’

【記事】キム・ミンジュン,神懸かりの麻薬中毒者演技実感‘本当みたいだね’
[2009-07-16 10:47:53]
200907161036371001_1.jpg
200907161036371001_2.jpg
200907161036371001_3.jpg
[ニュースエン イ・ミヘ記者]
俳優キム・ミンジュンが神懸かりの麻薬純愛中毒者演技をした。
ジュンソク(キム・ミンジュン扮)は7月18日放送されるMBC週末企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’(脚本カク・キョンテク、ハン・スンウン、キム・ウォンソク/演出カク・キョンテク キム・ウォンソク) 7回でサンゴン(イ・ジェヨン扮)の誘惑の罠に陥って,麻薬中毒者になる過程を実感できるように演技した。
この場面はジュンソクが麻薬をどのように接することになって,人生がどれくらい凄惨に壊れるかを見せる重要な場面.
ジュンソクはジュンソクのお父さん(キム・ドンヒョン扮)組織の亀裂を望むサンゴンがつながりのある遊興店のホステス女性を通じて,麻薬に接することになって,中毒者になりながら,人生を滅ぼしていく。
ジュンソクは疲弊したからだを導いて麻薬を探して,遊興店舗と夜道を転々として不良らに袋叩きをむかえるかと思えば、自身を世話するジンスク(ワン・ジヘ扮)に暴力をして暴力的な言動と大声で一貫するなど壊れた中毒者の姿を実感できるように演技した。
‘友へ,私たちの伝説’演出を引き受けたクァク・キョンテク監督は“感情や状況が極に達した演技でキム・ミンジュンはより一層光った”として“実際に経験してみられない部分に対する演技だが,立派によくしたし麻薬や社会の暗い部分に対する警戒心を呼び起こすはずだ”と明らかにした。
‘友へ,私たちの伝説’が暴力団や社会の暗い面を美化させるドラマでない弊害に対する警告のメッセージを含んでいる作品であることを確認できるような項目。
一方、ドンス(ヒョンビン扮)とジュンソク,サンテク(ソ・ドヨン扮),チュンホ(イ・シオン扮)等の男友だちと、ジンスク,ウンジ(チョン・ユミ扮),ソンエ(ペ・グリン扮)等の‘レインボー’メンバーらの成人期が本格的に放送される‘友へ,私たちの伝説’は土曜日午後10時50分,日曜日午後10時40分に放送される。
(写真提供=眞人事フィルム)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。