--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
16

【記事】キム・ミンジュン,健全なバイク マニア"怠惰になりたくなくて"

【記事】キム・ミンジュン,健全なバイク マニア"怠惰になりたくなくて"
記事入力2009.07.16 09:00最終修正2009.07.15 16:45 1 0
[アジア経済新聞ムン・ヨンソン記者]
200907151037115765044A_2.jpg
俳優キム・ミンジュンが‘健全な’スピード狂でバイク愛好家だと明らかになった。
タフで男性的な魅力が充満するキム・ミンジュンは最近アジア経済新聞とのインタビューで自ら‘スピード狂’と明らかにしながら,バイク礼賛論を広げた。
“スピードならば,駆け足でも好む”というキム・ミンジュンは自転車とインラインスケートを楽しみながら,特にバイクが好きだ。
多様な運動を水準級でしながらもいわゆる‘エクストリーム スポーツ’を楽しんでいること。
作品を終えてやっとの個人的な時間が与えられた時は決意してバイクに乗る。
ただ時間が出きて乗るのではなく、最高のコンディションになる時まで準備運動を徹底的にした後、真剣な姿勢で疾走に臨む。
一般車種でないプロらが正規トラックで乗る数百ccあるいは1000cc以上のバイクを愛用しながら,その間かなりの車種を扱いながら,経歴を積んで,もう自他が公認するプロになった。
キム・ミンジュンのバイク サランは格別だ。
一部は趣味で,かっこよさで始めて,マニアになる場合なのに彼は“怠惰にならないために”とか“緊張感を失わないために”乗る。
バイクに対して彼は“私自身を制御することできるような健全な趣味”と話す。
“作品終れば私もうつ病似た恐慌状態がきます。
だが酒を飲んだり乱雑に広く散らかすことが嫌いで運動をして,映画を見て,本を読みます。
そうするうちに最適の状態になればバイクに乗ります。
誰よりスピードを楽しむ人ではあるが,他の人々に妨害を与えてはいけないから安全なトラックを利用して,乗る瞬間だけはひたすら運転に集中します。”
200907151037115765044A_1.jpg
面白味で乗ることではないからキム・ミンジュンがバイクが好きな理由は別にある。
“スピードは楽しむ対象でもあるが,極度の恐怖を投げかけたりもします。
ともすると死ぬこともありうるからです。
その瞬間を楽しむためには最高の集中力と緊張が必要です。
トラックまわりを終えた後,正常に生きている私を見ながら,喜びを感じます。
極度の恐怖感を勝ち抜いて生き残ったので何でもすることができるという自信が活気でしょう。”
普段個人的にあることで外に出てくるときは自動車でなく主にスクーターを利用する。
かっこよさで乗るのではないから安全のためにヘルメットに手袋まで着用して決して無理に追い立てない。
最高のスピードを自慢するバイクに臨む時,彼の姿勢はあたかも敬けんな聖職者と同じだ。
“話では‘かっこいいでしょう’というのに、決してかっこよさのためとは違います。
極度の緊張感を持って乗ってみるならば全てのものをここに集中できます。
私はとりわけ安全を問い詰めます。
恐いのではなく事故がおきれば色々な人が大変ですから。
一般道路より正式にトラックを利用して,作品に入っては決して乗りません。”
バイクに乗りながら,自ら使命感を感じて,大衆に良い認識を持たせるために努力するという彼だ。
“バイクに対して認識が良くないことをよく分かります。
危険だよ。
それで私は人々が見るのに良くない行動はしません。
緩くなりやすい人々に警戒心を起こすバイクの純粋機能を知らせたくて,私からバイクに対する認識が良くなったらと思います。”
特に男芸能人中にはバイクを趣味でする人が多い。
キム・ミンジュンもその中ひとり。
だが彼にバイクは健全なスポーツで宗教だ。

【記事】キム・ミンジュン,"イオンの事故を防げたのに..."
2009年07月16日(木)14:22:22
クェナムヒョン(*)俳優キム・ミンジュンが懇意な同僚の故イオンに危険にバイクに乗るなと積極的に止めてたことが分かった。
昨年8月バイク事故で惜しい年齢に亡くなった故イオンは事故以前に先輩のキム・ミンジュンから引き止めを受けた。
キム・ミンジュンは某日刊紙とのインタビューを通じて,自ら‘スピード狂’で‘バイク マニア’と紹介しながら,過去のイオンの事故に対して回想した。
“イオンにバイクを買ったのも,奪ったのも私です。
バイクに乗りたくて私の金で買って毎月少しずつ返しなさいとしましたよ"として目がしらを赤らめた。
引き続き"いつからか過度に,集中しないで乗るようで私が奪って売ってしまいました。
バイク事故心がけがだめだと絶えず忠告したのに、後ほどドラマ‘コーヒープリンス1号店’(*正)「最強チル」)終わってバイクに乗って事故がおきるのです。”当時イオンの死亡消息を聞いて葬儀場に走って行ったキム・ミンジュンは悲しむと同時に故人のご両親の前で自責感に苦しんだ。
その時“イオンのご両親が‘君が悪いのではないから罪悪感持つな’と慰安して下さった”とキム・ミンジュンは説明した。
一方キム・ミンジュンは柔道をはじめとして,多様な格闘技を楽しむスポーツマン,スピードならば,駆け足でも良いという‘スピード狂’だ。
だがバイクに関してだけは徹底的に安定した心身の状態と敬けんな態度をそろえて運転に臨むことがキム・ミンジュンの持論だ。
(出処:日刊京畿)

*쾌남형(クェナムヒョン)=雄々しくさわやかな男性?
쾌=쾌쾌=쾌쾌하다の語源
쾌쾌하다=雄々しくさわやかだ
、、、、ってこと?わからん。

【記事】イオン"キム・ミンジュン兄がモデル デビューさせてくれた"
2007年11月20日(火)08:09:00
“やせてくればデビューさせてくれるといった。”
200711200001.jpg
[TVリポート]
19日放送されたSBS ‘野心満満’では話題作‘コーヒープリンス1号店’から‘ミンペミニョプ’に大人気を集めたモデル兼業演技者イオンが出演,デビュー秘話を公開して目を引いた。
イオンはモデル デビュー前,相撲選手で活動した履歴を持っている。
選手時代105kgになった体重を30kg減量した理由は広く知られた事実.
この日放送で体重を減量することになった決定的理由がタレント キム・ミンジュンのためだと明らかにして,周囲好奇心を刺激した。
イオンは“(キム)ミンジュン兄が相撲界だけでなく学校先輩だった”として“やせてくればモデルさせてあげるという言葉に30kgを減量したし,ソウルに訪ねて行ったところ本当にモデルでデビューするようにしてくれた”と理由の内幕をさらけ出した。
これにMCイ・ヒョクチェは単純に減量でモデル活動を始めたというイオンの話が信じられないという反応を見せた。
“やせればハンサムになるのか”と尋ねたこと。
イオンは“脂肪が多いからだでなく筋肉ある図体が大きいからだだった”としながら“30kg減量には成功したが,みな落ちたのではない。
今でも股は29インチを維持している”という答を付けて,出演者などを驚かせた。
一方、この日放送でイオンはモデルデビューするまで大変だった過程も合わせて公開した。
家の反対に家出を日常行ったし,はなはだしきは路上生活者生活までしたことがあったと明らかにしたこと。
“いくら痩せるとしてもカン・ホドン氏のような体形でモデルすることは容易ではなかったはずなのに”というMCカン・スジョンの問いには“カン・ホドン先輩体形までは違った”と言い切って,舞台を笑い海で作った。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。