--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
18

【記事】‘友へ’クァク・キョンテク監督“ドラマ初めてだと事実怖くなりましたよ”

【記事】‘友へ’クァク・キョンテク監督“ドラマ初めてだと事実怖くなりましたよ”
20090717001673_0.jpg
“視聴率が15%程度は出てくることができたのに,初回放送で9%が出てきてとても驚きました。
映画とドラマは完全に違ったゲームでした。”
クァク・キョンテク監督はMBC週末企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’(カク・キョンテク・ハン・スンウン・キム・ウォンソク脚本,カク・キョンテク・キム・ウォンソク演出)の初回放送を思い出させながらこのように話した。
彼は“ドラマ‘友へ’を見た人らが‘色彩’が良いという話をよくしたのに,ドラマはそれがすべてではないということを悟った”として“19禁に比べては遮りだとか、だがそれは私だけ良い言い訳ではないだろうか”と話した。
‘友へ,私たちの伝説’は去る2001年870万観客を動員した興行映画‘友へ’をドラマしたことでクァク監督には意味が大きい作品だ。
“ドラマ化提案を受けた後、シナリオ作業をしながらあまり荷が重かったです。
シナリオを書きながら,映画内容を抜け出せば嘘をついているような感じがするものです。
それで書いた内容を皆みな捨てて私がたくさん分からない話はすることは止めようという考えで原作中心にみな変えましたよ。”
クァク監督は映画の一部場面をそのままお目見えしたりもしたが,一方では新しいストーリーと破格的な試みで原作とはまた他の面白味を見せるために努力した。
だが彼の試みは人々に強烈な印象を植え付けた原作との仕方ない比較と破格的な構成により視聴者らの間で論議を産むこともした。
“事実私がドラマを初めてすることなので怖くなりました。
ドラマは序盤4回に成功の有無が決定されるというのに,今回の作品はスペクタクル一場面が後にあって見たら、各回初めにハイライトを入れることになりましたよ。
ところで反応が良くなくてこんがらかりましたよ。
今考えてみれば得より損失が多い試みであったようです。”
約2時間分量の映画を20部作のドラマに増やすことも容易なことではなかった。
その中心にはドンス(ヒョンビン),ジュンソク(キム・ミンジュン),サンテク(ソ・ドヨン),チュンホ(イ・シオン)等の男主人公らとジンスク(ワン・ジヘ),ウンジ(チョン・ユミ),ソンエ(ペ・グリーン)等‘レインボー’メンバーらのメローが大きい軸になった。
20090717001676_0.jpg
クァク監督は貴公子イメージが強かったヒョンビンのドンスキャスティングにまつわるビハインド ストーリーも明らかにした。
ヒョンビンは‘友へ’を選択するといった時,周囲でみな反対したと明らかにしたことがある。
映画原作のドンス役のチャン・ドンゴンとの比較を避けられないから上手くしてみてこそ元手評価というものためだった。
“ある日は自身もストレスをものすごく受けたのか、私がお手洗い行く所まで追いかけてきて‘監督様!
周囲でみな反対してますが、私がやりますといいました。
私にさせて下さい’といったのです。
その話を聞いて‘化粧室のドアちょっと開いて話そう’としたのに(笑い)それだけ負担がたくさんなったということでしょう。
ところで実際のヒョンビンは貴公子ではありません。
マッチョの中のマッチョですからね。”
クァク監督はその間‘どしゃ降り汁’を始め‘友へ’ ‘タイフーン’ ‘サラン’等多様な映画らをお目見えした。
今のクァク監督を作った映画‘友へ’とドラマ初めての挑戦という意味を持ったドラマ‘友へ’中でどんな作品がさらに愛着があるのかという,別の見方をすれば愚問であることもある質問を投げたところ比較的率直な返事が戻った。
“映画‘友へ’は爆発力がありましたよ。
だがドラマ‘友へ’はそうでないでしょう。
私がさらに多く見守ってくれなければならない作品のようです。
ダウンロードは超大当たりだと幸いだが,それでも放映終了時は視聴率が15%まで上がればハッピーになれそうです。”
彼は二つの作品の演技者らに皆有難いという心を表現した。
特に映画‘友へ’のチャン・ドンゴンに対して感謝の気持ちを隠さなかった。
ヒョンビンのドラマ‘友へ’出演決心にはチャン・ドンゴンの勧誘も大きく作用したことが伝えられている。
“ドンゴンがこの前にドラマ現場に激励のため訪ねてきたのに私がこのように話していました。
‘これからチャン・ドンゴンのドンスはいなくて、ヒョンビンのドンスだけいる’とです。
するとドンゴンが‘そうならなければならないですね’と言って有難かったんですよ。”
クァク監督はインタビューを終えながら‘友へ’のまた他の計画と次期作に対してさっと打ち明けた。
ひとまずドラマ‘友へ’が19禁判定を受けて,暴力的な場面の一部モザイク処理をしたことに対してケーブルを通じて,初めて意図のとおり再編集版をお目見えする予定であり,これから‘友へ’のミュージカル化も構想中だ。
また次期作で韓国と違った市場を共に攻略した作品をしてみようとすると野心に充ちた抱負を伝えた。
文タク・ジンヒョン,写真チョンギョンウ記者
記事入力2009.07.17(金)19:02,最終修正2009.07.17(金)19:03
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。