--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
20

【記事】ワン・ジヘ"'友へ',友情を分かるようにした作品"(インタビュー)

【記事】ワン・ジヘ"'友へ',友情を分かるようにした作品"(インタビュー)
記事入力2009.07.20 08:15最終修正2009.07.20 08:24 4 0
[アジア経済新聞イム・ヘソン記者]
200907200758010369489A_1.jpg
MBC ‘友へ,私たちの伝説’(以下‘友へ’)の視聴率が1%ポイントずつ上昇するほど大衆に確かに顔印章を押す俳優がいる。
まさにジンスクを演じるワン・ジヘだ。
去る19日放送された'友へ'でワン・ジヘはより一層素敵な演技をした。
ワン・ジヘは‘友へ’で70年代女性にふさわしくなく堂々としていて自分の考えが強いジンスク役を担った。
郷愁を呼び起こすドラマの中で彼はお父さんに対する懐かしさと男性の前でのカリスマなど複雑なキャラクターを繊細な内面演技と完ぺきな慶尚道(キョンサンド)なまりで消化したという評価を受けている。
事前製作だと大部分の撮影を終えたのにかかわらず,彼は相変らずジンスクと‘友へ’そして釜山にどっぷり浸かっていた。
“去る1月初めてのリーディングのために釜山に初めて行きました。
その当時大部分の俳優らが参加しましたよ。
その日がまだはっきりしています。
キム・ミンジュンはパーマをしてきました。
彼を見た瞬間、ジュンソクのキャラクターをひと目で知ることが出来ましたよ。
ヒョンビンは‘彼らが生きる世界’時と180度異なる姿を現れました。
痩せる過程なのでそうしたのか少しは鋭く見えましたよ。
ソ・ドヨンは実際のイメージも‘模範生’の雰囲気でした。
明るいペ・グリンとチョン・ユミの姿も思い出します。”
200907200758010369489A_6.jpg
彼女は去る1月初めてのリーディングを始め6ヶ月の間釜山で生活した。
季節が変わって,服をとりにソウルに行った場合だけ除けば、大部分の時間を釜山で俳優らと生活した。
そのためか通常のドラマ撮影現場よりもさらに和気あいあいで,通常の出演俳優らよりもさらに友愛深いということが彼女の説明だ。
特にバンド レインボーのメンバーのチョン・ユミとペ・グリンとは無二の親友になった。
“率直に作品終わった後、しばしば連絡する同僚俳優があまりいません。
なじみさえすれば作品が終わってしまいましたよ。
今回は違いました。
6ヶ月を苦楽を共にしたところ今は家族のようです。
レインボーメンバーらとチムジルバンに行った記憶,海辺で生ビールを飲んだ記憶は絶対忘れることができないでしょう。”
レインボーメンバーらのチョン・ユミとペ・グリンに対して話す時ごとに彼女の顔に幸福感がにじみ出た。
永らく他の土地で生活するならば大変で孤独なこともした。
彼女は皆明るくて純粋で一緒にいれば力が出るといった。
“撮影が続いて、体力も枯渇しながら骨を折ったことがありました。
その時チョン・ユミとペ・グリンが後から言葉なしに必ず抱いてくれることです。
涙が出るようで遠く逃げて泣いたりもしました。
また思ったからか今でも涙が出ようとしますね。”
その当時を回想した彼の目には涙が溜まることもした。
事実十六才にデビューした8年目の俳優。
2001年CFモデルで芸能界にデビュー,映画‘ビューティフル サンデー’とSBS '完ぺきな隣に会い方`に出演したが大衆に自身の魅力を刻印させることができなかった。
彼はジンスクが波瀾万丈な試練らを体験して抜け目のなく変わる姿と実際自身と同一視した。
“私が浮気心が多い性格は違います。
だから越えなければならない壁らが多かったんですよ。
‘この道が私の道なのか’という考えもしましたね。
芸能人は他の人々が見るには派手に見えます。
だが鴨が水の上で浮かんでいるために下で無断に努力するように、芸能人らも死に物狂いで,努力しなければなりません。”
‘友へ’で彼女にいて,転換点になった作品だ。
‘まだ世の中は美しいな’と考えるようにさせた作品です。私は運が良い俳優です。(笑い)“
200907200759400381413A_1.jpg
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。