--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
21

【記事】[単独インタビュー]ペ・グリン,"生涯初めてのキスシーン?恥ずかしかったがはやく終わらせました"

【記事】[単独インタビュー]ペ・グリン,"生涯初めてのキスシーン?恥ずかしかったがはやく終わらせました"
1248091288-39.jpg
(c)第二アンドスター
[ユニオンプレス=クォン・ヘリム記者]
ペ・グリンがイ・シオンに初めてのキスを盗まれた。
去る19日放送されたMBC週末ドラマ<友へ,私たちの伝説> 8回にはソンエ(ペ・グリン扮)とチュンホ(イ・シオン扮)の奇襲キスシーンが放映された。
チュンホが当時流行した‘念力でスプーン曲げ’魔術を言い訳に、ソンエの唇を盗んだこと。
ソンエはチュンホの奇襲キスに怒りをかっと出したが、チュンホが消えた後、妙な表情になって,今後の両者に進展があることを暗示した。
ペ・グリンは20日ユニオンプレスとの単独インタビューで“兄さん(イ・シオン)も私も、ポッポシーンが初めてだと本当に緊張していた”として当時を回想した。
彼女は“兄さんが緊張をしたあげくリハーサルの時も本当にチューをした。
私もリハーサルと分からなかったほど”として笑い作っては“それでもこういうのを恥じて気を抜いてすれば、私たちを待つスタッフらが困るからはやく終わらせた”と伝えた。
ペ・グリンによればキスシーンは五回だけで無事に撮影を終わらせたと。
劇中、ソンエとチュンホのチューは今回が初めてでない。
高校生時期、レインボーメンバーらと4人の友らが渓谷に遊びに行った時,チュンホが水に落ちて,気絶するように演技して,ソンエが人工呼吸をしたことがあるため。
ペ・グリンはこれに対して“ソンエには人工呼吸は本当に人工呼吸だったこと"としながら"監督様が当時撮影の時要求されたのは‘オ、私がこれ初めてのチューだね?’という感じの,嫌いでないような表情だった”と説明した。
ペ・グリンは“これから両者に本当におもしろい部分が多い。
後に行くるほど劇の雰囲気が憂うつになる反面、ソンエとチュンホの場面は笑いを誘発しかねない劇の活力になるだろう”と話しながら,持続的な関心をお願いした。
ペ・グリン所属会社第二アンドスター側は“ペ・グリンが引き受けたソン・ソンエは登場人物ら中で最も変化の激しい姿をお目見えする人物”としながら“中性的な魅力を持った女子高生グループ レインボーのベース奏者で、女性的な容貌をそろえた衣料品店社長まで2段階変身プロジェクトを完了したソン・ソンエに、最後の3段階変化が残っている”と伝えながら,期待感を高めた。
1248084576-59.jpg
(c)第二アンドスター


この二人が出てくると、直前の緊張感から解放されて和む~。
ソン・ソンエに第3段階!?どうなるのかな~。
海辺でたしか食堂のおばちゃんになって、サンテク迎えてたよね。
Comment

[153]

うん。
このふたりのシーンは和むよね~e-446
ソンエもチュンホも、いいキャラだよね。
これから、このふたりの進展もたのしみ~
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。