--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
23

【記事】"私思ったより荒っぽい男です"'友へ'サンテク役ソ・ドヨン"後半部に行くほど力発揮します"

【記事】"私思ったより荒っぽい男です"
'友へ'サンテク役ソ・ドヨン"後半部に行くほど力発揮します"

ju200907222037060.jpg
スポーツ韓国アン・ジンヨン記者
"すがすがし一発殴ることができなくてじれったかったです。"
MBC週末企画ドラマ<友へ-私たちの伝説>(脚本演出カク・キョンテク)でサンテク役を担ったソ・ドヨンの不機嫌な声だ。
原作映画で俳優ソ・テファが引き受けたサンテクは4人の友だち中、最も勉強が上手な模範生だ。
そのイメージはドラマにも続く。
ソウル大学校進学を目標にするサンテクはケンカになれば、殴られるのが常だ。
"(笑いながら)私思ったより荒っぽい男です。
ドラマでみな見せられなかった姿があります。
実際状況だったら劇中と同じように殴られてだけではなかったでしょう。
殴る場面が一つもなくて,監督様に'一回だけ殴るようにしてくれ'と要求したりもしました,ハハ。"
ソ・ドヨンが描くサンテクは<友へ>のそれと明らかに違う。
俳優ヒョンビン,キム・ミンジュンなどを含んで,最も背が高いソ・ドヨン(188cm)はドラマの後半部に行くほど力を発揮する。
大学卒業後新聞記者になったサンテクは二人の友を囲んだ重要な情報を握って悩むことになる。
"ドラマの中サンテクは欲も多くて成就欲が強いです。
その熱情をキャラクターに植え入れたかったです。
一時の成功と友人間の友情を間に置いて悩みます。
映画の中のサンテクより葛藤構造の中にさらに積極的に飛び込む人物です。"
ソ・ドヨンはメローの一つの軸も担当する。
サンテクやはりドンス(ヒョンビン)とジュンソク(キム・ミンジュン)のサランを受けるジンスク(ワン・ジヘ)に対する憐憫を抱いている。
ソ・ドヨンは'19才以上観覧可'判定を受けた<友へ-私たちの伝説>を念頭に置いて"19禁に似合った場面が出てきます"となだめた。
"愛するジンスクを腕力を利用して襲う場面があります。
軍隊で休暇出てきたサンテクが感情を持て余すことができなくて、ジンスクに過激な姿を見せます。
学究的なサンテクの果敢な面をのぞくことができます。"
<友へ-私たちの伝説>を通じて,ソ・ドヨンはイメージ変身を狙っている。
去る2006年KBS 2TVドラマ<春のワルツ>の主人公で出演したソ・ドヨンには'温厚な男'の代名詞に選ばれる。
慶尚道(キョンサンド)出身の両親を置いたソ・ドヨンが非常に濃いなまりがみなぎる<友へ-私たちの伝説>を選んだ理由だ。
"<春のワルツ>が日本で成功を収めながら,イメージが固まりました。
このドラマが来年初め<友へ-愛と友情の絆>という題名で日本で放送されます。
既存イメージを洗う良い機会になりそうです。
一緒に国内ファンたちにソ・ドヨンという俳優をもう一度刻印させることができる作品になることという確信が聞きました。"
ソ・ドヨンはデビューが遅れた。
軍隊まで行ってきた後、俳優として第一歩を踏み出した。
だが急がない。
緊急に多い作品をするよりは自身にぴったりな服を慎重に選ぶ冷静さを見せている。
軍入隊前、歌手デビューの機会もあったソ・ドヨンは俳優が天職であることを悟った後にはあせることを捨てた。
"軍入隊前SMエンターテイメントの名刺を受けました。
歌手をするつもりはなかったのに経験を積もうという考えで訪ねて行きました。
(笑いながら)ところでその日がよりによってHOT解体当日でした。
女子高生らが建物を囲んでいて,結局入れませんでした。
未練なしに軍隊に行ったし,戻った後俳優で新しい人生を始めましたよ。
<友へ-私たちの伝説>は俳優ソ・ドヨンを一層跳躍するようにする作品になるだろうと信じています。"
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。