--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
23

【記事】'友へ'ソ・ドヨン"人生苦い味見たので急がない"

【記事】'友へ'ソ・ドヨン"人生苦い味見たので急がない"
090722_4a667855e4348.jpg
新しい作品に入る演技者らには数種類共通点がある。
'はやく認知度を積みたい'とか'無条件がんばる'として期待と熱意に満たされるということだ..
MBCドラマ'友へ,私たちの伝説'で'チョン・サンテク'役を担ったソ・ドヨン(28)は少し違った。
彼は"ひさしぶりに演技しながら,からだを自然に解いた"として楽しくなった表情になった。
また"男たち同士白砂浜で10万ウォン賭けて運動競技をした時が、最も記憶に残る"としてドラマ撮影現場にどっぷり浸かった姿を見せた。
引き続き"無事に撮影を終わらせたし,ゆっくり次の作品を待っている。
急がない"として呼吸を遅らせた。
このようにゆったりとしていたのにはそれなりの理由がある。
彼の話をそのまま表現しようとするなら"人生の苦い味を大きく見たため"だ。
まさに去る2006年ユン・ソクホ監督のKBS2ドラマ'春のワルツ'で相手俳優に顔を殴られる場面を撮影して頬骨が陥没した事件を示す。
事故は無名だったソ・ドヨンが真っ盛りの新しい韓流スターで脚光を浴びる頃起きた。
最近まで毎年日本ファンミーティングを持つほど日本で認知度は相当するが,当時深刻だった負傷のために活躍像はこれ以上のびることができなかった。
活動は着実に継続した。
'春のワルツ'以後KBS2コミックシットコム'止められない結婚'に出演したし、たまに単幕劇に姿を表わした。
ソ・ドヨンは"途方に暮れた。
演技者として人生が終わるものと思った。
とても恐ろしかった"として記憶を想いうかべた。
彼は"幸い顔が大いに良くなって,今は笑いながら話をすることができるが,直ちに'どのように暮らしていくべきか'という心配が先んじた"と話した。
引き続き"苛酷な試練を体験したら全てのものが夢のようだったよ。
それで今は焦る気持ちがない"と付け加えた。
演技者として領域を少しずつ落ち着いて広げたいという彼は、大きい逆境を勝ち抜けるように力をくれるおばあさんとファンたちに有り難みを伝えた。
"私がTVに出てくれば本当にお好きなおばあさんと、多い活動を見せることができなかったが、一様に見守ったファンたちが最もありがたい。
特に'友へ,私たちの伝説'でこの頃おばあさんの気を生かして差し上げているようでうれしい。"
(出処:スポーツソウル)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。