--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
24

【記事】ソ・ドヨン"'どん詰まりと名品'二つとも愛されなければならなくて"

【記事】ソ・ドヨン"'どん詰まりと名品'二つとも愛されなければならなくて"
image_readtop_2009_400619_1248402153180303.jpg
MBC '友へ私たちの伝説'のサンテク,タレント ソ・ドヨンはすぐ"'友へ'初放送は最小限15%は出てくることができた"として苦々しい微笑を浮かべた。
'友へ,私たちの伝説'は映画監督クァク・キョンテクが自身の代表作の'友へ'をドラマ バージョンで直接脚色,演出まで引き受けたことだけでなく、自身の映画スタッフらと共に放送が始める前すでにほとんど大部分の撮影を終えるなど完成度にとりわけ精魂を込めた作品だ。
映画'友へ'では観察者立場に制限されたサンテクがドラマ'友へ'では独立的な話を導く程強調されただけサンテク役のソ・ドヨンやはり期待が少なくなかった。
ドラマ'友へ'でサンテクの役割は?
良い作品をしたという自負心とそれだけ視聴率で補償を受けることが出来ないくやしさに多少格量なった感情を取りまとめてソ・ドンヨンは、自身が演技した'サンテク'に対する話を聞かせた。
ソ・ドヨンは"二時間の映画'友へ'が20部作ドラマで再誕生された時,個人的に期待をよくした部分が時代的描写であった"として'友へ'は基本的に友情に対する話とジンスク(ワン・ジヘ扮)を通したサランに対する話が付け加えた作品だ"として"ここに70年代80年代を貫く時代的背景は'友へ'という作品から抜け出られない観戦ポイント"と説明する。
"学校で秀才で通じながら,ソウル名門大で進学して大学でいわゆる意識化過程を経験して、結局80年代第5共和国政権の下で社会部記者になるサンテクは、キャラクター自体で7080年代大韓民国社会を眺望するために作られたとしても過言ではない"というもの。
すでに800万人の観客らに証明された硬いナレーティブに精魂を込めてとった画面,クァク・キョンテク監督特有の郷愁を一杯に入れた情緒,時代意識までより増した'友へ'はTVドラマ クォリティーではどの作品と比較してもよく作った作品と評価されることができる。
"名品ドラマ'友へ'自負心ある"
ソ・ドヨンは"最も心配した部分が、ヒョンビンとキム・ミンジュン氏が映画の中のユ・オソン,チャン・ドンゴン氏を連想させるのではないかもしれないと思う点繋いだ"として"2人の俳優の演技が映画の中の先輩らに累を及ぼすことも漠然とついて行くこともないという点は、それだけ私たちの出演陣らの努力した結果だ"と自評した。
ここにクァク・キョンテク監督に対する尊敬も付け加える。
"本当にひとつひとつのカットを精魂を込めて,撮影された"として"単純に事前製作で時間的余裕がたくさんな場合もあるだろうが、照明,小物,天気まですべての時間を待って,全てのものが準備された状態だけで撮影に入るのは一種の匠の精神だと見る"と話した。
実際に演技をするソ・ドヨンやはり"一般的にドラマではたとえ重要でも、難しい感情である時はやむを得ず時間を必要とする"として"大きい演出者が幼い俳優一人の感情一つのために待ってくれるということは私をもってベストをつくさざるを得ない条件だった"ということ.
ソ・ドヨンは"こういう過程で完成された'友へ'は明らかに俳優に自負心を持つようにする。
相変らず視聴率が惜しいことは事実だが,俳優に残るものは作品であるだけという考えをまたすることになった"と付け加える。
"どん詰まりと名品皆愛されなければならない"
どんな作品より愛着がある'友へ'の不振が、いわゆる'どん詰まりドラマ'の相次いだ成功と比較して惜しいのではないかという質問に、ソ・ドヨンは"その部分は全く違う"と切って答えた。
ソ・ドヨンは"多少通俗的な素材に刺激的な設定,誇張された演技のドラマと、どん詰まりだと無条件にけなすことは正しくない"として"そのものだけの魅力があって視聴者たちに一種のカタルシスを与えるから、それだけ人気があることではないか"という説明だ。
ソ・ドヨンは"多様な作品らがその各自の意味を認められずにいることが惜しいだけ"としながら"刺激を通したカタルシスも,胸温かい話も,郷愁を刺激する素材の作品ら皆がそれなりの個性のとおりアピールするべきだとし、一遍にだけ偏る傾向は健全でない"ということ.
インタビューを終えた二日後のソ・ドヨンは日本でファンミーティングのため出国するという便りを伝えた。
'春のワルツ'以後日本でかなり高い認知度を積んだという。
他の韓流スターらのように日本現地で本格的な活動をする計画はあるかと"韓国でより良い俳優になるのが先"として慎ましく笑う。
(出処:毎日経済)


ほうほう。
視聴率はほんとうに惜しいけど、それに惑わされず作品を見ないとね。
明日(だよね?)のファンミではどんな話が飛び出すのかな?
行かれる方は楽しみですね~。いいな、いいな
ソ・ドヨンさんも追加撮影へ向けてた~っぷり充電できるといいですね
Comment

[159] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[160] カギコメmさんへ

mさん、はじめまして。おそおせよ~v-290
遊びに来ていただきありがとうございます!
いえいえ、お粗末すぎて恐縮しちゃいますi-201
なのに、ちょっとマニアックすぎる面もあってi-229
だからコメントくださる方は、ほんとありがたいですv-344

おお~!
ドヨンさんのファンミi-198
ガシっと(?)握手もなさって、心臓張り裂けなかったことを祈ります(笑)
ドヨンさんはお話し上手のようで、面白い話がポンポンでたのでは?
あらま!チングツアーにi-198
9話、明日の10話あっちこっちでてきて楽しみですねe-343

それから、限定記事の件ですがごめんなさいe-466
たしたものではないんですけど、修正途中だったりいろいろとありまして。。。
随時公開もするつもりです。
ほんとごめんなさいv-435

こんなんですけど、また来てくださいね~e-463
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。