--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
25

【記事】'友へ'ワン・ジヘ"ジンスクがつらいほど,私は幸福です" (インタビュー)

【記事】'友へ'ワン・ジヘ"ジンスクがつらいほど,私は幸福です" (インタビュー)
20090725_092433725409_7.jpg
20090725_092433725409_1.jpg
[スポーツソウルドットコム|ソ・ポヒョン記者]
話題の中に始めたMBC-TV '友へ,私たちの伝説'(以下'友へ')が期待以下の評価を受けている。
平均視聴率7%と'モザイクの伝説'というニックネームは'友へ'を意気消沈するようにさせるのに充分だった。
だがこうした中、演技人生最高の幸福を味わっている人がいる。
'友へ'ジンスク役のワン・ジヘがその主人公だ。
彼女は'友へ'が産んだ最高の期待の主に選ばれながら,8年間の芸能界生活をあわせて最高に幸せな毎日を送っているところだ。
ワン・ジヘの幸福は'友へ'のジンスクがすさまじくなるほどより増した。
彼女はジンスクが笑いを失って底辺で落ちるほど,そのようなジンスクを全身で表現するほど人々の注目を引いた。
人気が高まったことはとやかく言うまでもなかった。
"逆説的だがジンスクが不幸なほど私は幸福です。
ジンスクが痛ければ痛いほどその深い内面を演技できて幸せで,彼女が悲しければ悲しいほど人々の同情が、私に対する関心につながって幸せですね。"
実際に彼女の顔にシワを探してみられなかった。
低い視聴率に対するあせることも感じられなかった。
結構余裕も働かせることができて安らかな姿だった。
これらすべてのものが'友へ'ジンスクから醸し出した楽しみだった。
'友へ'にキャスティングされた昨年冬,ワン・ジヘは幸福の開始を味わった。
そして今年夏,彼女は待ちに待ったスポットライトを受けた。
ジンスクが痛いほど幸せになるワン・ジヘに会った。
20090725_092432725409_0.jpg
20090725_092433725409_2.jpg
◆ "愛されるということがこのように幸せだとは"
事実ワン・ジヘのキャスティングは多少破格的だった。
ヒョンビン・キム・ミンジュンと三角関係を成し遂げなければならない女主人公というには知名度もなくて実力も検証されなかったという指摘を受けることもした。
ワン・ジヘやはり分からなくなかった。
有名税をそろえた人々と並んで立つということが最も心配になる部分だった。
"キャスティングされた時,ミスキャスティングという話は聞かなくなければならないと念を押しました。
毎場面ごとにジンスクの気持ちで演技したし、そのどんな状況にもジンスクを理解しようとしました。
なまりを気を遣ったのもそのためでしょう。
馬山(マサン)出身だが,ソウルで長く住んで,なまり味を生かすのが難しかったです。
頭からつま先まで全てジンスクになるためにどれくらい努力したのか分からないです。"
こういう努力のためであろうか。
彼女の演技はジンスクが痛いほどさらに光を放った。
ジンスクが難しくなるほど彼女の演技では真心が入れられたし、人々はワン・ジヘからジンスクの姿を見た。
そのように彼女とジンスクは似ていていた。
"‘ワン・ジヘ=ジンスク’と見れてくだされば良いです。
私たち二人はそのくらいに非常に似ていましたよ。
ジンスクが持っている貪欲根性と傷,程度は違うが私にもあります。
それでジンスクが今までしたそのどのキャラクターより気楽だったようです。"
その結果ワン・ジヘは浮かび上がった。
真心を入れて演技したおかげで人々は、彼女の顔を記憶したしジンスクを調べてみた。
以前には考えもできないことだった。
ワン・ジヘに'友へ'は演技人生のポイントでありファンたちと疎通することができるようにした媒介体であった。
"その間名刺になるほどの作品がなかったです。
皆興行とは距離が遠かったんですよ。
ところで'友へ'のジンスクといえば皆調べてみるのです。
私がサランを受けていると考えると本当に有難くて幸せでした。
ファンたちが調べてみる気持ちを初めて感じましたよ。"
20090725_092433725409_3_20090725130025.jpg
20090725_092433725409_4.jpg
◆ "2年の空白期,いつも演技が恋しかったです"
ワン・ジヘはこの頃本当に幸せだといった。
'友へ'に会った後から空白期心配はしなくても良いほど交渉が入ってきていて、ファンたちに愛される感じを知ることになったためとのことだ。
彼女はこういう感情が本当に久しぶりといった。
デビュー8年目が愛される感じが初めてとは,驚くべきだった。
それもそのはずワン・ジヘのフィルモグラフィーは次第硬い方だった。
作品数は数ないが、彼女は'1%の奇跡'でデビューして'北京我が愛','完ぺきな隣に会う方'(以下'ワニマン')と映画'KUMIHO/千年愛家族','ビューティフル サンデー'など誰でも分かるほどの作品に参加した。
だが毎度スポットライトは他の人に行ったし、弱り目にたたり目で彼女は最近2年の間空白期を持たなければならなかったんだ。
"演技を休まずしたかったです。
ところで運が従わなかったんですよ。
'ワニマン'以後ずっと活動をしようとしたのに、続けて作品がひっくり返って延期になりました。
その間他の作品ものがすことになって結局2年をずっと休むことになりましたよ。
その時本当に非常に大変でした。
いつも私とのけんかをしなければならなかったんですよ。"
去る2年は待つことの連続だった。
開始もする前に忘れられるのではないのか心配も大きかったし焦燥感もできた。
だが彼女がすることができるのは、馬鹿正直に時を待つだけだった。
厳しい焼き入れの時間を送った結果、彼女は一層成熟したし余裕を取り戻した。
"ある瞬間心を無にすることになりました。
欲を出すと解決されるのではないといったことを悟ったことでしょう。
代わりに毒気ができました。
休む間運動と演技授業を一度もしないことがなかったです。
演技の感を失うのも嫌だったし、無気力に時間を送るのはさらに嫌だったんですよ。
多分その時できた毒気のために'友へ'をできたのがでないかと思います。"
心がけだけ変わったことではなかった。
演技も一層良くなった。
'ワニマン'時の演技がぎこちなかったということを今一度悟ることになるほどだ。
笑い話で長足の発展をしたという話をしたりもするのだ。
ワン・ジヘは"欲を取り出した結果"として自体診断した。
"その時は欲がぎっしり埋まりました。
とても力が入って、歩くのもぎこちないと使えないほどでしたよ。
私の目にも見えるほどだったが他の人々目にはさぞかし大変でした。
今回は力ちょっと抜こうとしました。
やさしくはなかったが時間が過ぎるほど楽になりましたよ。"
20090725_092433725409_5.jpg
◆ "時間が残れば不安,休む隙間なしで生きなさいって"
芸能人を職業で選びながら,彼女は冷静に自身を眺め始めた。
優秀な点よりは不足した面をさらに多く見ることになった。
短所を克服してこそ次に段階に移ることができるということを悟ったためだ。
芸能界にはワン・ジヘより立派な人がとても多かった。
"初めからこういう考えだったのではありません。
私も幼かった時は私が一番可愛いのか分かったしみな上手にすると思いましたよ。
だが放送局に入ると新たに知ることになりましたよ。
私より優秀な人がとてもたくさんいるでしょう.
その時から努力なしではならないと考えることになりましたよ。"
自身に厳格なためであろうか。
ワン・ジヘはまだ自身が演技した作品を気楽に見ることができないといった。
モニターをする時もしばらく迷う。
自身が演技する姿を見ることがまったく恥ずかしいんだ。
"この前にもお母さんとともにモニターをしようとしたのに見られませんでしたよ。
私が失敗したのが全部見えるでしょう。
それでダウンロードして一人で見る時が多いです。
モニターをしながら私が克服しなければならないものなどを一つずつ知っていっています。
これも演技ができる時,感じる幸福の中の一つでしょう?"
現在ワン・ジヘはそのいつの時より忙しい毎日を送っている。
公式的なスケジュールがなければ直接仕事を作っている。
彼女はこれが今よりより良い生活を送るための方法といった。
"虚しく時間を送っていれば不安になります。
今でもさっとそのような気がするのに撮影をしてしないからであるようです。
台本でもまた見なければならないような気持ちだというからです。
それでこの頃は思い出をたくさん残そうとします。
それでこそ自分の生き様が今よりより良くなりそうですね。
これからしなければならないことが多くなりました。"
<写真=イ・ホジュン記者>
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。