--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
25

【記事】'友へ'チュンホ役 イ・シオン"私も彼女います"

【記事】'友へ'チュンホ役 イ・シオン"私も彼女います"
記事入力2009.07.25 09:22最終修正2009.07.25 15:29 1 0
200906171617083085387A_2.jpg
[アジア経済新聞ムン・ヨンソン記者]
MBC週末特別企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’(以下友へ)でチュンホ役に出演中であるイ・シオンが彼女の存在とそれに対する悩みを打ち明けた。
独特のキャラクターと卓越した演技力に視聴者たちのサランを受けているイ・シオンは最近アジア経済新聞と会って現在つきあっている彼女に対して堂々と告白した。
現在二十八才の彼に比べて,6才幼い二十二才の彼女と付き合っているのでイ・シオンは周囲から‘泥棒’声を聞いた。
だがこれに意に介さなくて、自らを自慢する彼はいつも彼女を愛するとし,率直な話を取り出した。
“私が卒業生である時,今しがた入学したニューフェースだったからよく話す泥棒になったことでしょう。
本来学校初めて入ってくればきれいで可愛いでしょう。
初めに見て気に入って,ダッシュしたし以後からよく交際するようになりました。
最近ではドラマ撮影のために釜山に縛られていてしばしば会えないで申し訳ない心が大きいです。”
だがイ・シオンはつきあって約2年なっても、いつも自身に無愛想な彼女に内心不満があるように見えた。
ドラマ‘友へ’が放送されたのももうかなりなったのに、彼女は放送を見ても特別な呼応がなかった。
彼は“放送見てどうだったかと尋ねれば特別な返事がなしで何もなく移る。
年齢差があったためか、少し世代差を感じるようだ”と説明する。
“無事に過ごしているけれど時々空しくする時があります。
初めてドラマに出演して,顔を見せているのにとても淡々としたことでしょう。
内心応援をすることができたのに、まあまあである反応を見せるからさびしかったり,その胸の内を分からないです。
まだ私が足りないと感じられるようです。”
イ・シオンは事実演技生活を始めたと威張るより、彼女から真心に充ちた応援と激励を受けたかった。
特に今年はドラマ撮影でしばしば会えなかったので、放送モニターをしても押し黙っていた態度で一貫すると申し訳ない思い半分空しさ半分だ。
"他の先輩ら話をきいてみれば、彼女や奥さんがモニターもして,大変な時,慰労もするのに私の彼女はしません。
どのような時見れば、男よりさらに無愛想なようです。
それでもいつもそばにいて有難いが、演技することに対しては是非の言い合いをしません。"
何度か尋ねてもまだ正確な答を聞くことが出来ないイ・シオンは今回のインタビュー機会を借りて,彼女に訊ねたい。
'私をどう思うのか'と,'私がドラマで演技する姿を見てどのように感じたのか',そして'私が演技することに対してどう思うのか'という話だ。
"彼女がいるというのがすごく強固で,力になります。
だがまだ俳優として安定した位置に上がることができなくて多少萎縮するのも事実ですよ。
私がもう少しうまくいけば、堂々としていて素敵な彼氏になることができるでしょう?"
こういう自身を親しくかばって気勢を培ってくれなくていつも空しくさせるが、いつも可愛くて愛らしい彼女にもう少し良くしてくれたいのがイ・シオンの内心だ。


こんなところが、キム・ジュンホ
この機会を巧みに利用したイ・シオンと彼女の恋模様結末はいかに
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。