--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
25

【記事】キスシーン乱発,演技満開はいつ

【記事】キスシーン乱発,演技満開はいつ
[マガジンesc]君昨日それ見たか?
映画<友へ>がドラマに変身して,新しく関心を受けている。
そうであるかと思えば,復讐とサランというおなじみであるアイテムの<太陽を飲み込め>は視聴率高空行進中だ。
放送コラムニスト チョン・ソクヒ氏とシナリオ作家シン・グァンホ氏が<友へ,私たちの伝説>(文化放送)と<太陽を飲み込め>(エス・ビー・エス)に集中した。
リメイクした‘友へ,私たちの伝説’,派手なスペクタクル目覚ましい‘太陽を飲み込め’
チョン・ソクヒ(以下チョン) <友へ,私たちの伝説>は映画<友へ>のリメーク作だ。
導入部がヒョンビン(ドンス役)のナレーションで始まったのに映画<ラブストーリー>を見るように繊細だった。
ところで瞬間の雰囲気さっと変わりながら,暴力が乱舞したよ。
映画<友へ>と違うね~としたが、“お前が行けハワイ”も同じように出てきて慌てた。
シン・グァンホ(以下シン)私も初めには‘映画一本ならば充分なのに、何のドラマなの?’疑った。
チョン:このドラマあきらめてこそすると思ったのにますます変わったよ。
1回はガチャンと戦うことの他にモザイク場面も多くて、不快だったのに順次変わった。
特にこれらの幼い時期を描く,一つの他のドラマのような構成が本当に良かったよ。
キム・ミンジュン(ジュンソク役)がソ・ドヨン(サンテク)の家に行ってご飯食べる場面や,キム・ミンジュンとヒョンビンが初めて戦う時引き分けにする場面や,幼い時期の性格をディテールするように見せた。
シン:初めには暴力場面が多くて‘モザイク ドラマ’という呼称がついた。
ところで映画が圧縮だったら、ドラマはクァク・キョンテク監督がしたかった話を背景から詳しく見せる。
<きらびやかな遺産>とついて,視聴率に押されるが,内面空白は相当する。
1248259124_6000277951_20090723.jpg
≫ 映画<友へ>を原作にした,はるかに繊細なことは<友へ,私たちの伝説>.
文化放送提供
モザイク ドラマ,繊細なドラマ
チョン:映画は友へとの友情を強調したが,権力と暴力の前に崩れる悲劇的な結末だった。
ドラマはこれを詳しく解いて,このねばっこい友情がなぜ暴力に壊れなければならなかったかを説得力あるように説明する。
私は3回から良くなった。
3回に暴力的な場面が出てこなかったりしたが,女たちの友情もすばらしいということを見せた。
ワン・ジヘ(チェ・ジンスク)を通じて,学生時代を見せるのだけど,アジアのオットセイ チョオリョンの話をする時は私も昔思い出したよ。
シン:私もぼんやり郷愁のようなのが感じられる(笑い).
チョン:当時は女の子らが先生に片思いして,号泣して大騒ぎであった。
ミーティング場面もイム・イェジンとイ・ドクファが出演した映画<ほんとにほんとに好きよ>を見るようだった。
過去を追憶するようにするという点で<友へ>は中壮年層を刺激する。
おしゃれしようと首にスカーフ見回した人ならば、思い出に浸ることができる!
シン:ドラマはあれやこれや愛らしい場面らが多い。
詳細に興味深い部分も多くて。
特に銀行シーンでポスターに‘3ヶ月だけ借りても銀行利子15パーセント’という文句があったよ。
そのような時期はどうだっただろうか興味深いこともした。
ユリ・ゲラーも出てきて(笑い).
チョン:本当に国民皆が当時には魔術師ユリ・ゲラーに熱狂したよ。
新繊細な状況でその時代感受性を見せる。
映画では男たちの動線が中心だったら、ドラマでは女の子たちの動線を一緒に追って行く。
葛藤,愛する過程を豊富に見せる。
チョン:ドラマではワン・ジヘの家族をはじめとして,新しい助演演技者らがたくさん登場する。
シン:ヒョンビンとキム・ミンジュンが<友へ>のツートップだが,その他に助演級演技が相当する。
イ・シオン(チュンホ)という新人俳優1000対1の競争率を突き抜けて優れた演技を見せる。
チョン:ドラマではこの人らがごろつきの世界に入る過程が出てくる。
ジュンソクも事実はお父さんを軽べつしたが、お父さん部下によって足を入れることになって,ドンスは選抜戦でくやしく落伍することになるじゃない。
自分を捨てたお母さんのためにやむを得ず暴力の道を行くことになることだ。
ドラマを通じてもう少し人間的に彼らを理解することができるようになるようだ。
暴力を正当化して美化する訳には行かないが,このような事情があるとのことを見せる。
シン:男子中学校や高等学校を出た人々は分かることだ。
一陣が‘1対5’で戦ったということ非現実的な話だけではなかったんだよ。
チョン:ところでヒョンビンとキム・ミンジュン戦うのがとても格好良く出てくるのではないのか?それはちょっと不満だ。
戦いの先頭に立つ子が格好よく見えればちょっと困るじゃない。
シン:最高の男性性をアピールできるのが、ここでは戦いであることだ。
チョン・サンテクをはじめとして,周辺人物らの人生も具体的だ。
サンテクが学報社の話とか、軍隊に行って拷問された話が出てくるなど他の子たちの事情も見せる。
シン:演技者らの演技が安定したのは事前製作から来る長所であるようだ。
事前製作をしながらキャラクターに没入するのではないかと思う。
チョン:映画の‘サナイ’ダウンの話が好きだった人々は今同じあれやこれやしたことを嫌いなこともできるようだ。
映画と何が違うかと思う考えで、このドラマを見ないならば真の残念なことだ。
作品性あるドラマを見られないのだから。
シン:‘クァク監督がまた<友へ>を作って?’と考えることができるが、このドラマの長所で短所はクァク・キョンテクが演出ということだ。
6000277958_20090723.jpg
≫ 波瀾万丈な人生史を派手な画面で表わす<太陽を飲み込め>.
エス・ビー・エス提供
マッチョ無条件受け入れる時代は過ぎたようです。
チョン:<友へ>がナレーションで始めたように<太陽を飲み込め>もユ・オソンのナレーションで初回が始まった。
<太陽>はアフリカ辺境地で爆弾さく烈して済州道(チェジュド)の海に出てきて、サーカス舞台を見せる。
派手なドラマが好きな人々は良いだろうが,私のように色とりどりなのが好きな人は見るのがちょっと大変だったよ。
シン:私の好みとも距離が遠かったよ。
生クリームいっぱいであるドラマ同じ?
チョン:チョコレートもいっぱい入れたようだ。
決意しておしゃれしたドラマだ。
シン:見てみるならば<太陽>中に<エデンの東>が見える。
チョン:<オールイン>でもあって<ロビイスト>でもあって,<アンニョン私の愛>でもある(笑い).
すべてのドラマを合わせておいたようなドラマだ。
シン:プロット面で見れば<エデンの東>と,本当に似ている。
スペクタクル一場面ら見ながら“わぁ…”しているには目が高かった。
チョン:派手なドラマが好きな視聴者たちには歓迎されるようだ。
商業的なドラマということを明らかに見せるのが,チソンが済州道(チェジュド)からソウルに上がってきた時点以後、本当にたくさん上着を脱ぐということだ。
モデルアルバイトするキム・セロムを不意にずっと脱がしたのに。
目の保養感で度々脱がすのが目障りだったよ。
シン:3回以後イワンとチソンの関係は完全に‘ソウルネズミと田舎ネズミ’だ。
この関係を深みある話で解いていくならば問題ないだろうが,済州道(チェジュド)をソウルに対比される‘カンチョン’で描く部分もちょっとかかった。
チョン:話のこまかい仕組みがまだ<友へ>に比べてあらわれなかった。
数千ヶの服とアクセサリーが並んでいる場面は今までたくさん見てきたじゃない.
シン:ソン・ユリもあくせくアルバイトをしながらも、楽器演奏しなければならなくて。
<花より男子>で見たような財閥2世ら登場して。
チョン:財閥と何も持ったものがない人物の競争,サラン.
こういう設定、今はちょっと嫌いだ。
まだ演技者らの演技を評価することがない。
イワンがキスシーン乱発したという記事がたくさん浮かび上がっただけ。
新主人公のチソンもまだ<ニューハート>時のその姿がさらに似合う。
愛らしくて元気な笑い作る,若干ファンシーである感じが。
チョン:<太陽>ためにチソンは筋肉も作ったが。
映像ときらびやかな音楽に集中すれば見るようになるのに,ストーリーは吸引力が減る。
シン:チソンが孤児院出身というものもそうで、底辺から始まって持ったのは負けん気一つだ!
<友へ>を見れば持ったものがない人物らもみな多様な差を持っていることに新たに感動する。
チョン:<友へ>は女新人演技者らも本当に上手にする。
<太陽>ではイワンが悪い男で登場する。
チソンにらんで,格好つけたのは見たのにまだ正しく演技を見せたのはない。
シン:演技は分からなくて、キスは本当に上手にしたよ。
チソンやイワンがまだ顔があどけないが、傷扮装してばん創膏付けるとタフになるのではないか。
チソンはちょっと荒い感じ与えようと努力するのは見える。
ばん創膏付けるとタフガイなるか~
チョン:それに比較すれば、ヒョンビンは<彼らが生きる世の中>時とは確かに違うように変身した。
さびしくてで孤独な姿が<友へ>であらわれる。
<太陽>ではキム・セロムだけどんなキャラクターなのかぴったり分かったよ。
新人物関係でも作為的な設定があらわれるが地域を扱うにも違いが生じる。
<友へ>は釜山色がさっと~あらわれる。
スタッフらも釜山の人のようで,現地を生き生きと見せることだ。
ところが<太陽>で済州道(チェジュド)はコ・ドゥシム抜いてはみな済州道(チェジュド)の人ではなかったようなことだ。
済州道がアクアリウムではないじゃない。
チョン:<太陽>ではとりわけ飛ぶ場面が多い。
突然目があって,キスして,突然服脱いでなぜそうかわからない。


<友へ,私たちの伝説>の共感キャラクター
ヒョンビン(ドンス役)
“ドラマを通じて,はじめてドンスという人物を理解することになった。
映画の中チャン・ドンゴン?本来戦いを好む人物だと考えたよ。
ドンスが選抜戦で操作によって落ちる場面とても残念だった。
訴えるところもないドンスを見ながら,私がドンスのお母さんだったなら胸かっと~”(チョン・ソクヒ)
イ・シオン(チュンホ役)
“完ぺきな正統釜山なまりを駆使する演技.
げんこつ確かめる二大山脈の間で,憎くなく粘り強い役をとてもよく消化するという感じ!
”(シン・グァンホ)
<太陽を飲み込め>の突然なキャラクター
チョン・グァンリョル(チャン・ミンホ役)
“済州道(チェジュド)大邸宅にこっそりと入ってきたチソンに銃を向けた家主チョン・グァンリョル!
銃見てもも粘り強く頑張るチ・ソンはまた何か?あたかも二人状況劇している感じだった。”(シン・グァンホ)
イム・ジョンウン(ミヨン役)
“イム・ジョンウンが済州道(チェジュド)の海女に出てくる場面,何の漫画人魚姫を見るような情景が繰り広げられた。
なぜ突然人魚の足で蹴ることをするんだろう?もちろん美しい海女もありえるが,でも漫画映画の中キャラクターであった。”(チョン・ソクヒ)
(出処:the hankyoreh)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。