--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
27

キム・ミンジュンインタビュー(アジア経済)

【記事】['友へ'キム・ミンジュン①]また始まった挑戦"史劇もとてもやりたい"(インタビュー)記事入力2009.07.27 07:50最終修正2009.07.27 07:58 0 0
200907221407512024892A_1_20090727101802.jpg
[アジア経済新聞ムン・ヨンソン記者]
俳優キム・ミンジュンがまた挑戦を始めようとする。
最近MBCドラマ‘友へ,私たちの伝説’(以下友へ)の撮影を終えた後休息を取りながら,次期作と今後活動計画に対する深い苦悶に陥った。
今月中にはドラマ補充撮影があって,他の計画をたてることは難しいが時間が与えられた時,俳優としてこれからどのように進むべきか深く研究してみようということが彼の考えだ。
‘友へ’に対する格別な愛情を見せているキム・ミンジュンはその間しなかった芸能番組まで出演しながら,風変わりな容貌を見せながら,大衆ともう少し親しくなっている。
フュージョン史劇MBC ‘朝鮮女刑事茶母’でデビューとともにスターダムに上がったキム・ミンジュンは以後常勝疾走しながらSBSドラマ‘外科医者ポン・ダルヒ’で人気絶頂に上がった。
だが毎度限界を感じたことも事実.
彼は“初めから今まで私の足りなさを悟る期間だったと見ても過言ではないほど満たさなければならないことが多い”として謙虚な態度を見せる。
彼の渇きを解決するために,すなわち完ぺきなキャラクター変身と演技内面空白を積むために自ら選択したのが映画‘サラン’.
彼はここで主演でなく助演で出演した。
クァク・キョンテク監督に直接“比重が少なくても良くて,場面が少なくても良いから確実なキャラクターで作ってくれ”と要請した。
彼の演技哲学が変わったのもこの時期だ。
“クァク・キョンテク監督様が初めに半信半疑されました。
すでに一定位置に席を占めた俳優がなぜ端役をしようとするかということだったんですよ。
私は最初から俳優の名前上がる時入れることもやめてくれと言いました。
作品に臨む私の覚悟でしたよ。
ただその人物を演技することで、世の中の人々に見せてあげたかったです。
監督様がそれなら最悪のキャラクターに行こうといわれましたよ。
私はむしろうれしかったんですよ。
結果的に私は演技面で一段階上がる幸運を得ました。”
200907221407512024892A_2_20090727101810.jpg
この期間の間彼の動向が順調なだけではなかったので、キム・ミンジュンは集中的な悩みに入った。
彼は今でも自身を紹介する時‘演技をする人’といってきた。
今は演技に対する確信と職業に対するアイデンティティも確立しなければならない時と感じる。
“今は俳優と芸能人の間にあるようです。
俳優という単語はちょっと恥ずかしくて、芸能人というには多少さびしいです。
今まで歩いて走ったとすれば、今ははいあがる姿をお見せしなければと考えます。
それは真の‘俳優’になることでしょう。
ドラマ‘友へ’を通じて,俳優に近く近寄ったとすれば,もう俳優としてはいあがる姿を見せてさしあげます。”
その間新しい挑戦に臆しないで自信あるように演技に臨んだので、キム・ミンジュンがこれから見せようと思うのは何か気がかりだ。
彼は今は主助演と端役を離れて,作品の中で意味あるキャラクターを演技することに集中しようと思う。
人々がびっくりするほどのキャラクターで‘サラン’に出演したように絶えず挑戦するところだ。
“映画でもドラマでも演劇でも上下のジャンルで見ません。
今まで私が見せたことは20%もならないから、どんなジャンルでも私が上手にしているということを堂々と見せてあげたいです。
どんな作品でもどんなキャラクターでも上の空でしたときがないですね。
結果を離れて,作品する時だけは私の全てのものを一度に注いだので悔やまれたり恥ずかしくなかったです。
今までしたよりしなければならないことがさらに多いです。”
200906171609122968689A_2_20090727101831.jpg
彼は最後に“史劇もとてもやりたい”と話した。
デビュー作で出世作の‘茶母’が自身に,そして韓国ドラマに小さくない影響を及ぼしたため。
また当時はなまじっか演技に臨んだとすれば、今の発展した姿で何か正しく見せることができそうな自信があるためだ。
“茶母は多くのことを学んで,考えるようにした作品です。
以後ドラマ,映画など多い作品をしてきながら,成熟したようだからこのくらいまた挑戦したいことでしょう。
もちろん作品を分けることはないがこの頃切実に,史劇をしたいという考えがぐんぐん聞きます。
現代劇より史劇でより多いものを見せることができると考えます。”
キム・ミンジュンのこの頃一日一日は新しい跳躍のためにいっぱい縮めたカエルのようだ。
あちこちでラブコールが続いて,忙しいスケジュールを消化している中でも多様な本を通じて,悩みを解決して,自身の哲学を作っていくのに投資を惜しまない。


【記事】['友へ'キム・ミンジュン②]吸わなかったタバコを吸うことになった理由
記事入力2009.07.27 07:50最終修正2009.07.27 00:59 0 0
[アジア経済新聞ムン・ヨンソン記者]
MBC週末特別企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’(以下友へ)に出演中である俳優キム・ミンジュンが普段しなかった喫煙を始めた。
他の人々は切れないで,やきもきなのに彼はむしろ6ヶ月前から吸い始めた。
まさにドラマ‘友へ’に投入されてからだ。
彼は‘自身に対する挑戦’というおかしな論理を展開している。
だが彼の話を聞いたら理解できないことでもない。
“タバコが人々と疎通するのに大変重要なことという事実を知ることになりました。
‘友へ’撮影しながら,監督様をはじめとして,スタッフらと話を交わしながら吸うタバコが非常にとても役に立ちましたよ。
どんな感じかも気になったが、酒飲むのと似ているようにタバコを吸いながら話を交わせば自然になるのを感じました。
対話の世界自体が変わったといいましょうか。”
学生時代から運動をしたし,血の汗をにごらせながら,体重減量に成功した後,モデル生活をする間キム・ミンジュンはからだ管理に徹底した。
運動をする人にタバコを禁物.
だがキム・ミンジュンは昨年まで吸わなかったタバコを今年の初めから吸い始めたし,考えでもしたように一日に二箱ずつ吸いまくった。
だが吸ってからいくらも経たないからなのか彼がタバコをくわえる姿勢はそれほど上手でない。
誰かのように格好よくもなく,ちょっとぎこちない。
釜山撮影途中時々とっておいた個人写真を見れば、彼の前にはいつもタバコとライターがあって,タバコをくわえて周囲の人々と話を交わす場面が多数ある。
200907242003232004132A_1.jpg
彼がタバコをかみ始めた最も大きい理由は事実‘友へ’中のジュンオクのキャラクターのためだ。
劇中学校を飛び出して,組織暴力団社会に入るジュンソクが麻薬までしながら没落する過程が描かれるのに,演技のためにタバコを吸った方が良いと判断したこと。
実際ドラマ上にはしばしば出ないけれど、ミュージックビデオとスチール写真にはしばしば登場する場面だ。
“ジュンソクのキャラクターを消化するために始めたことだから後悔しはしないです。
他の人々が健康にも有害で,また吸わなかったタバコをなぜ吸うかとだが私は今回タバコを吸いながら,多いことを得たと考えます。”
タバコをずっと吸うつもりではない。
キム・ミンジュンは当初‘友へ’が放映終了する時ぐらいまで吸うと決心した。
だがタバコをまたやめるのも容易なことではないところだ。
“タバコをやめることやはり私自身との戦いだと考えます。
初めてタバコをくわえた時とともに大変だと思います。
他の人々より遅れて短い喫煙だったが,一日に2~3箱ずつ吸ったので中毒になりましたから。
以前に戻ることやはり私の新しい挑戦です。”
何一つ始めれば終える性格のキム・ミンジュンが作品のために始めたタバコを自身の意志でまた切れるか今後を見ることだ。
200907241949211945919A_1.jpg


いまだ”俳優”と名乗れない兄さん、謙虚だなぁ。。。
俳優と芸能人との間を行き来するひと幕を見せた<ペトッ>、あれはおかしかった
タバコねぇ、カラダには良くないけどやっぱり(男の人には)コミュニケーション手段でもありますからねぇ。。。
飲酒もですけどねぇ。。。
やめるのは右脳と左脳のせめぎ合いで大変でしょうけど、がんばれ~
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。