--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
27

ヒョンビンインタビュー(アジア経済)

【記事】'友へ'ヒョンビン,タフな男に戻る(インタビュー①)
記事入力2009.07.27 15:10最終修正2009.07.27 15:10 0 0
2009072713431869036_1.jpg
[アジア経済新聞コ・ジェワン記者]
映画'友へ'がドラマで出てくるといった時,多くの人々が期待半分憂慮半分の声を現わした。
だが、実際に蓋を開けて見るとMBC週末ドラマ'友へ,私たちの伝説'(脚本カク・キョンテク、ハン・スンウン、キム・ウォンソク・演出カク・キョンテク キム・ウォンソク・以下友へ)は映画で見ることが出来ない面白味と深みにファンたちにwell madeドラマと評価されている。
そしてその中心に立っている俳優がまさにヒョンビンだ。
ヒョンビンは今回の作品で破格的な演技変身を試みた。
'目の女王','私の名前はキム・サムスン','彼らが生きる世の中'などで都会的ながらも暖かいイメージを構築してきたヒョンビンは今回のドラマでは底辺まで落ちるごろつき演技を消化している。
"アクション演技,初めてではありませんが"
"演技変身をしなければならないと念頭に置いて仕事をするのは違いますよ。
'変身しなくちゃ'といいながら選択した作品はないです。
ただやってきた作品の中にキャラクター差があったことで作品が良ければすることですから。
恐らく'私の名前はキム・サムスン'の時イメージが大きくてそのように見るようです。"
引き続き"アクション演技は初めてか"という記者の質問にヒョンビンは笑いながら首を横に振った。
"デビューをアクション演技でしましたが。"実際にヒョンビンは映画'回し蹴り'で演技申告式を行った。
'回し蹴り'でヒョンビンはテコンドー選手役を担っていた。
そして'友へ'では前職ボクサー出身のごろつきだ。
"運動する人は目つきが違いますね。
その鋭い目つきをお見せしなければと考えました。
それで異種格闘技コーチ様をお招きしたんですよ。
撮影する時,そばでずっと私のアクションや目つきを教えて下さいました。"目つき演技一つも軽くしないヒョンビンの姿だ。
"なまり悩みが一番多かったです"
'友へ'といえば省けないことがまさになまりだ。
"私もやはり一番悩みをよくした部分がなまりでしたよ。
映画のようならば1時間半から2時間だけお見せすれば良いが、ドラマは3ヶ月の間ずっと見るでしょう。
もしなまりが正しくなされなければ自分自身にも被害だけでなく、作品全体にも影響を及ぼす恐れがあるからです。"
それでより一層なまり練習にまい進した。
"初めてキャスティングされた時,クァク・キョンテク監督様にカセットテープ一つを受けました。
訛ってした'友へ'のセリフが含まれていましたよ。
それをずっと聞いて通いました。
台本リーディングをしてからは監督様と1対1練習をしましたよ。
私たちのドラマには釜山出身俳優らが多いが、その俳優らよりなまりが不自然であってはいけないでしょう。"
真っ最中撮影が進行される時も同じだった。
"撮影をして私のなまりがぎこちなければ、監督様が無線機でそのなまりを読んで下さい。
そのようにして,なまり演技をしていきましたよ。
それでも監督様が満足できない部分は後時録音で、後ほどスタジオでまたしました。
なまりにあまりにも真っ青になって,私が監督様に'次回にソウルでの作品なさるならば、私がソウルの方言録音して差し上げます'としましたから。"(笑い)
'
"'友へ'は映画のようなドラマ"
ドラマ'友へ'は映画の時スタッフらがそのまま投入されて見たら映画のようなドラマになった。
"他のドラマより照明をさらに多く使います。
だから画面もより良く出てきます。
一度は照明を準備すると、ひたすら3時間を待ったこともありました。"
撮影場所も映画の時とたくさん似たように行っている。
"それで話も多かったのに、私や監督様や後悔しはしないです。
それだけ監督様は'友へ'に対する愛情があふれましょう。
セリフも似ているのが本当に多いですね。"監督の愛情はあちこちで感じることができた。
"撮影会場が忙しくて,演技のディテールに神経を使えない状況ではいつも後にでもチェックして伝えられたりします。"
だから'友へ'はヒョンビンの演技人生にも大きい転換点になるドラマだ。
そのためかヒョンビンの顔で'友へ'に対する満たされることが歴然だ。
2009072713431869036_2.jpg


【記事】'友へ'のドンス,ヒョンビンVSチャン・ドンゴン"お前が行けハワイ"(インタビュー②)
記事入力2009.07.27 15:10最終修正2009.07.27 15:10 0 0
2009072713432773950_2.jpg
[アジア経済新聞コ・ジェワン記者]
ヒョンビンとチャン・ドンゴンは今回のMBC週末ドラマ'友へ,私たちの伝説'(脚本カク・キョンテク、ハン・スンウン、キム・ウォンソク・演出カク・キョンテク キム・ウォンソク・以下友へ)を通じて,もう一度の縁を悟った。
2001年映画'友へ'が封切った時からチャン・ドンゴンが演技したドンスはヒョンビンが必ずしてみたい役割だった。
"その映画を見る時からそのように考えましたね。
あんな監督様,あんな作品,あんなキャラクターをしてみたいと考えましたね。
その時は本格的に演技をする時ではなくて、この仕事をちょうど準備している時でした。"
ところで実際に'友へ'をドラマ化するという話が聞こえたしヒョンビンにシノプが伝えられた。
"格別な悩みなしに決めました。
率直に映画'私は幸せです'(年末封切り予定)とKBS2ドラマ'彼らが生きる世の中'を相次いで,撮影するのにしんどいことはしんどかったんですけれど。
それでもドンス役をのがすことはできなかったんですよ。"
同じ所属会社のチャン・ドンゴンも彼の出演の便りを喜んだ。
"初めてキャスティングされた時は(チャン)ドンゴン兄が'君にとって明らかに役に立つだろう'と言いました。
本来その方がこうしろああしろとするスタイルではありませんね。
その程度ならば大きい助言したのです。(笑い)"
'友へ'で最も有名な場面がまさにドンスがジュンソク(キム・ミンジュン扮)に"お前が行けハワイ"と話すシーンだ。
この場面を撮影する時,ヒョンビンの額にでるシワも、映画の中チャン・ドンゴンのと似ていた。
"必ず類似するようにしようとするのではないが、監督様が感情演技で顔の表情を多く使って演技するのが好まれます。
今回も監督様の注文でした。"
チャン・ドンゴンも今回のドラマに対する関心が高い。
一度はドラマ撮影会場も直接訪ねてきたんだ。
"当時、兄が映画を釜山で撮影されましたよ。
突然撮影会場に立ち寄られましたよ。
映画スタッフらもそのままだったためか、映画撮影の時の記憶が次から次へと出られた行ってみます。
本当にうれしがられたんですよ。"だが、演技ではヒョンビンだけのスタイルを守ろうとする。
"ドラマの中のドンスをヒョンビンので作らなければならないですね。"
2009072713432773950_3.jpg


【記事】'友へ'ヒョンビン"今回の作品終われば彼女と付き合うことができましょうか?"(インタビュー③)
記事入力2009.07.27 15:10最終修正2009.07.27 15:10 0 0
2009072713433675182_1.jpg
[アジア経済新聞コ・ジェワン記者]
ヒョンビンはKBS2ドラマ'彼らが生きる世界'を撮影する当時"今回の作品が終われば必ず彼女と出会いたい"と話していた。
だが直ちにMBC週末ドラマ'友へ,私たちの伝説'(脚本カク・キョンテク、ハン・スンウン、キム・ウォンソク・演出カク・キョンテク キム・ウォンソク・以下友へ)の撮影に入って,希望を成し遂げられなかった。
"それで'友へ'を終わらせればまた必ず彼女と付き合いたいです。
だが、どうなるかは分からないです。"(笑い)ひきつづき三作品をして、ヒョンビンは肉もたくさん陥った。
"率直に体力がちょっとすっかりなくなりました。
このように作品をひきつづきしてみたことがないのに、今年はそうなりましたね。
'友へ'撮影を終わらせれば今回は必ず休むでしょう。"(笑い) '友へ'を終わらせた後次期作を準備するのかという記者の質問に、ヒョンビンがこのように答えた。
それならヒョンビンは休む時,何をするだろうか。
"運動が好きですので。
冬にはスノーボードを熱心に乗りますよ。
普段は野球もよくします。
昨日(26日)も野球したのですよ。"
ヒョンビンはチャン・ドンゴン,チョン・ウソン,チョ・インソン,カン・ドンウォン,ファン・ジョンミン,キム・スンウなどトップスターらが大挙布陣している芸能人野球団'プレーポイズ'で投手を受け持っている。
"ゴルフも習っています。
誰がそうしましたよ。
大人たちと一緒にすることができる唯一の運動がまさにゴルフですって。
いずれご両親と同じようにゴルフすれば良くないですか。"
時間がたくさん出れば旅行に出発したりもする。
"国内にもたくさん通ったのに、この頃にはわかってしまう方々ために海外に出て行く方です。
一度出て行けば10日の間は、携帯電話も消しておいて過ごします。"
最も記憶に残る旅行地はまさに南地中海にあるマルタ共和国とのことだ。
"ここはCF撮影のために行ったところなのですが、完全に中世時代感じだったんですよ。
時間だけもっとあるならばさらに見回したかったのに、惜しかったんですよ。"
2009072713433675182_2.jpg


季節感が(笑)おっと失礼!
視聴率という麻薬のような魔物とは縁遠くても、well madeドラマが続いているのはありがたい
一体どんな俳優になっていくのかな~。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。