--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
27

【記事】‘友へ’ヒョンビン,“ロールモデルはチャン・ドンゴン,だが違う姿見えるはず”

【記事】‘友へ’ヒョンビン,“ロールモデルはチャン・ドンゴン,だが違う姿見えるはず”
入力:2009年07月27日17:59:20
20090728_02500110950231_01L.jpg
ドラマ‘友へ,私たちの伝説’でドンス役を担った俳優ヒョンビンと率直ながらも,虚心胆慨な対話をした。
彼は懇意な先輩で同じ所属会社家族のチャン・ドンゴンとの似た点を認めながらも,差別化を強調した。
幼い一面があるようだったヒョンビンに対する先入観は見栄えが良くこわれたし,ドラマの中キャラクターのように男性らしい雰囲気がいっぱいだった。
▲ ‘ロールモデルはチャン・ドンゴン’
ヒョンビンとチャン・ドンゴンの歩みを見れば類似性が多い。
よく整った容貌,思ったより増した男性美はもちろんで、作品の歩みもそうだ。
二人はトレンディー物で顔を知らせた。
引き続きチャン・ドンゴンは1999年映画‘NOWHERE 情け容赦なし’で,ヒョンビンは昨年釜山国際映画祭に招請を受けた‘私は幸せです’を通じて,俳優としての可能性を認められた。
チャン・ドンゴンが映画‘友へ’を通じて,本格的な演技派俳優隊列に合流したとすれば,ヒョンビンは映画‘友へ’を原作にしたドラマ‘友へ,私たちの伝説’を通じて草木が水分を吸い上げた演技力を誇示している。
“(チャン)ドンゴンが兄が私のロールモデルであるとはします。
ところで、あらゆる事をドンゴンが兄のように行きたいのではありません。
あいにく演技を始めてほぼ同じ時期に‘友へ’に会ったという共通点があるけれども、全く意図したことは違います。
初めにドラマ‘友へ’に出演提案を受けた時,ドンゴン兄を除いて、周辺で皆‘上手にしても元手’としながら引き止めました。
ドンゴン兄はクァク・キョンテク監督と一緒にしながら多くのことを学ぶことができることと助言して下さったのです。”
▲ ‘一つのためにオールインする馬鹿力’
容貌だけおいてみればヒョンビンは細心ながらも,女性らしい性格があるようだ。
だが本来ヒョンビンは男中に男というほど馬鹿正直ながらも,自らの意地が強い俳優であった。
また最近ヒョンビンが演技したキャラクターと作品を思い出させれば順次実際姿を探していきつつあるようだった。
もしかしたらドラマ‘友へ’中のドンスが今まで演技したキャラクター中のヒョンビンの実際の姿と最も類似するかも知れないという気がした。
“100%事前製作なのでそうなのか、前作らよりは一層気が楽だと思います。
不足した部分を補完することができるという長所があったり。
これまで男性美あふれるキャラクターをしてみたから、たくさん楽になったのも事実です。
特に‘友へ’を撮影する間には少しの余裕もできたし,私自ら演技の幅を広めていっているようです。
一つをすると決心すればひたすらそれだけを眺めて,作品に有害な全てのことをしないようにします。
そうしたためか撮影の時監督様が私を見て‘石頭’と呼んだりもしたでしょう。”
20090728_02500110950231_02M.jpg
▲ ‘私は幸せだった’
インタビューをする間ヒョンビンは映画‘私は幸せです’を数えきれない程言及した。
この作品は精神病棟で会った患者と看護師の切ない疎通を描いた作品.
ヒョンビンは自身が処した状況を耐えることができなくて誇大妄想症という病気を得ることになったマンス役を担った。
だがこの映画は昨年釜山映画祭で公開されて目を引いたが、惜しくもまだ封切りを出来ずにいる。
それにもかかわらず,ヒョンビンは‘私は幸せです’を通じて,自身が一層さらに成熟したことを打ち明けた。
“映画‘私は幸せです’に対する愛着が本当に大きいです。
その作品を通じて,自ら演技をたくさん習ったし,何より最も有難いことは私一人で考えることができる時間らがたくさんありました。
私を振り返ってみることができて,演技に関連したことでも自分自身のためにでもすべての部分に対して考える時間が多くて,その作品の影響度,愛着も大きくならざるをえません。”
▲ ‘挑戦は続く。
ま~っすぐ’
ヒョンビンの演技欲は誰と比較しても遅れをとらない程すごかった。
自身もそこまで分からなかった内面の姿を発見する面白みを感じていた。
ドラマ‘友へ’に対する負担感を比較的簡単に追い落とすことができた理由も‘これから作品一つだけすることは決してない’という考えが強いからだ。
海外進出に対しても用心深く口を開いた。
“後悔したくない性格のためなのか、細かい部分では準備が徹底しなければならないという完ぺき主義であるようです。
作品のために私的な部分も果敢にあきらめます。
今までもそうしたが今後もしてみなかったものなどに挑戦するでしょう。
海外進出も機会になるならば拒む必要はないです。
ただし準備ができているならばより一層良いと思うという気がします。”
<文パク・ジュンボム・写真イ・ソクウ記者>
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。