--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
28

【記事】友へチョン・ユミ“監督様がシャネル着させました”

【記事】友へチョン・ユミ“監督様がシャネル着させました”
‘友へ,私たちの伝説’(MBC)のチョン・ユミはこの頃ふっくらと飛んでいてゴウゴウはいあがる勢いだ。
友へ’の後続作のイム・ソンハン作家の‘手まね’に早くもキャスティングされたし,映画‘ティファニーで朝食を’にもひきつづき出演を決めた。
‘友へ’の視聴率が予想外で低調なのに失望するそぶりがない。
“クァク・キョンテク監督様,良いスタッフらと共に仕事をしてみたこと,ヒョンビン,キム・ミンジュン,ワン・ジヘ氏と呼吸を合わせてみたことだけで良い経験”としながら痛快に答えた。
ねじけたところがなく明るくさわやか溌剌な笑いが劇中のミン・ウンジそのままだ。
着たかったシャネル服も願わずも着てみた。
財力家お父さんおかげで80年代米国留学に行ってきたウンジのためにチョン・ユミが、当初用意した服は豪華なワンピース.
服を見るやいなや、クァク・キョンテク監督は一言で突き返した。
“ワンピースではならない。
ミン・ウンジは本当にラグジュアリーでなければならない”ということであった。
クァク監督が直接指定した選んだブランドがシャネルだ。
200907280150.jpg
200907280151.jpg
“クァク監督様が実際80年代米国留学者ですね。
当時ニューヨークで金持ちの家娘らはシャネルを着て通ったそうですよ。
監督様が考える高い運動靴ブランドはナイキ,女性服ブランドはシャネルでした。(笑い)”
ミン・ウンジはシャネルを着てふっくらと飛ぶ声でがんじょうな釜山なまりを駆使する。
ぎこちないそうななまりが水が流れるようになめらかだ。
“高等学校2学年の時まで釜山に住んでました。
劇中撮影地で登場する龍頭山公園は幼い時、鳩としばしば遊んだ所ですよ。”故郷に遊びにきたように隙間ができる時ごとに友だちと知り合いを探した。
友だちが‘ヒョンビン サインを受けてくれ’としてしつこくねだったが“‘高’が傷つくかと思ってとてもサインを受けることができなかった”としてにっこりと笑う。
後半部から逆順で撮影して行ったおかげで初めからヒョンビンを相手に演技する機会が多かった。
二人とも人見知りが激しい方だと撮影会場の雰囲気が簡単に凍りついたりした。
見てられないクァク・キョンテク監督が酒の席を用意してやって“酒一杯ずつと親しくなってこい”としたほど。
釜山で寒さと眠気を共に耐え忍んだ今は、ヒョンビンを‘親しくて気兼ねがない先輩’で記憶する。
200907280153.jpg
見て回ればチョン・ユミは韓流スターらと縁が深い。
チョン・ユミがデビューするまで物心両面で努めた方もチェ・ジウの高等学校担任先生.
“チェ・ジウと先生おかげで芸能人の夢を育てた”という彼女も解かってみれば中国で先に名前を知らせた韓流スターだ。
中国CCTV特別ドラマ‘ファイブスターホテル(五大星飯店)’等に出演して大人気を呼んだし,このドラマは韓国に逆輸出されて,話題になることもした。
チョン・ユミは“苦しかったがおかげで演技を学んだし,人気を得たし,中国語まで習ったので一石三鳥”と話す。
からからに乾いた中国の砂漠,眠れなかった釜山撮影会場で彼女は整った度胸と‘肯定の力’を育てるようだ。
キム・ユンヒ記者 写真=イ・キルドン記者


へぇ~、ユミちゃんも人見知り屋さんなんだぁー。意外
五大星飯店も見たいんだよねぇ~。どっかでやらないかなぁー。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。