--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
28

【記事】ヒョンビン,真剣な目つきに変わった彼をみた(インタビュー)

【記事】ヒョンビン,真剣な目つきに変わった彼をみた(インタビュー)
2009-07-28 13:51:47
"チャン・ドンゴン兄が上手だったそうだよ","なまり,限りなく努力した"
[マイデイリー=ヤン・ジウォン記者]
200907281050581111_1.jpg
‘ドンス’といえばまだチャン・ドンゴンが浮び上がるのか?2009年にはヒョンビン(27)を思い出させてこそ正解だ。
彼から相変らず‘サムシギ’を見るならば誤算.
2001年映画‘友へ’をドラマ化したMBC ‘友へ,私たちの伝説’でヒョンビンは一層深くなった目つきとヒョンビンだけのノワール的感性をお目見えしながら目を引いている。
カメラの前ではカリスマあふれるヒョンビンだが,実際に記者が会ってみたヒョンビンは真剣に話しながら,よく笑うそのような安らかな印象を持っていた。
続けて続いたインタビューにも疲れたそぶりを見られなかったヒョンビンは“今度は何を飲みましょうか?”として話し始めた。
“常に惜しいです”
ヒョンビンは‘友へ,私たちの伝説’でハン・ドンス役を担って,ジュンソク(キム・ミンジュン)との友情を重要視しながらも,ジンスク(ワン・ジヘ)に対する一途な心でサランを捨てることができなくて心配をかけてするひまわりのような男で,ごろつき組織の中では男性的な魅力を遺憾なく発揮している。
感情に充ちた目つき,つやつやしていた筋肉質体つきを誇示しながら,ドンスをヒョンビン スタイルで新しくさせていっている。
- 10部まで放送されましたが、心情がどうですか?
“惜しいです。
ドンスのキャラクターを演技しながら、おもしろかったのは事実だが惜しい考えも多く入りました。
撮影入る前に‘このように演技しなくては’とアイディアを2~3ヶ程度出して、その中の一つを使ってOKサインを受けたのに,終るとまた他のアイディアが思い出されるのです。”
-ジンスクに一片丹心のドンスだが実際ヒョンビン氏は?
“1人の女性に一途な心であるのは似ています。
共感もします。
だが、ドンスはジンスクに直接的に告白をすることができなくて手紙で心を伝えてするのに、私ならば,ぽんと包み隠さず話をします。
それがちょっと違います。”
200907281050581111_2.jpg
“ドラマ‘ドンス’違うように見てあげられる方々,ありがとう”
ヒョンビンは放送前から映画‘友へ’でドンスを演技したチャン・ドンゴンとの比較を当然であるように受け入れなければならなかった。
彼はそれは当然であることとし,比較に超脱した姿だ。
-目つき演技が一品だという意見らが多いけど?
“ドンスの演技しようと決心した時,次第準備した部分でもします。
私が考えて準備したのが演技で表現になって、視聴者方々が良く見られると有難いです。”
-印象深い視聴者意見があるならば?
“個人的に有難いことはドラマ‘ドンス’を違うように見てくだられる方々。
-アクションシーン撮影大変だったと思うけど?
”そうです。
刃物,棒のような道具も使って相手と呼吸が合わなければならないでしょう。
神経がどうしても逆立ちます。
後半部撮影時は大変だったんですよ(笑い).
ところでアクションシーン撮影,おもしろいです。“
“最も神経多く使った部分はなまり”
ソウル出身ヒョンビンに釜山なまり駆使は率直に容易ではなかった。
クァク・キョンテク監督の予行なまり講習,撮影中間続くなまり矯正がヒョンビンのドンス演技を可能にした。
-初放送終わって、ヒョンビンのなまり論議が最も多かったでしょう?
“ところでそれが意見らが皆違いましたよ。
‘釜山なまりではないね’という言葉多いが、はなはだしきは釜山出身の(キム)ミンジュンが兄にも何とおっしゃる方々もおられましたよ。
分かってみれば釜山内でもなまりが違うよ。
(入り乱れていた意見)見ながら,これ以上気を遣わないと決心しました。”
-クァク監督様いわく,ヒョンビン氏が撮影の時なまりノイローゼにかかったそうですね?
”あ,それが事実撮影前からなまりをなじませるのに、時間を最も多く割愛しました。
台本リーディング終わって監督様と1:1で別になまり授業を受けたりもしましたし。
ところでそのままなまり練習する時と撮影時は違うでしょう。
なまりのセリフだけでなく感情線も捉えなければならず,撮影中間になまりを違うように使えば監督様が無線機でセリフを読まれました。
その時再度確認してまた撮影入るんです。
もしも監督様がディテールに神経使えない時は後時録音もしたし,とにかくなまりよく使おうと100%努力しました。
他の人々は(チャン・ドンゴンとの)比較に気を遣うのに、私はなまりに最も神経多く使いましたよ。“
“私の初めての作品、シオニほどできませんでした”
‘友へ,私たちの伝説’は100%事前製作ドラマにまた‘友へ’タイトルらしく演技者ら,スタッフら,製作スタッフ間により一層親睦を図る機会が多かった。
ヒョンビンは今回の作品で最も大きく得たもので‘人’を挙げた。
-演技の悩みを誰と最も多く分けたか?
“(イ)シオンです(笑い).
宿舎で休もうとすれば電話がきます。
私は現場に行ってからするスタイルなのに、シオニが翌日に撮影があればあらかじめ合わせてみようといいましたよ。
それでは、私はセリフもも覚えなかったのに何を合わせてみるかとそうですね(笑い).
シオニは今回が初めての作品なのに本当にがんばる奴です。
私の初めての作品を思い出させてみれば、シオニほどできなかったんですよ。
クァク監督様しても話よくしました。
ただし申し訳ないのが監督様が酒が好きなのに、私が運動中だとして酒の席にたくさん行けませんでしたよ。
行ったら、色々な話さらによくしたのにそれが惜しいです。
申し訳ないですよ。”
“ドラマがより良い”
‘友へ,私たちの伝説’は映画‘友へ’をドラマ化しただけ原作との比較はもちろん俳優らの演技力比較もまた避けられない課題であった。
これにヒョンビンは“映画よりドラマがより良い”と断言する。
-クァク監督様いわく,チャン・ドンゴン演技よりヒョンビン演技がさらに難しいことすべてされたのに?
“初放送終わってなまり論議(?)ある時‘憂慮したことが起きるんだな’思いました。
ひとつ作品で丸ごとみな使うなまりは初めてで、ナレーションもあるのに、私の分量はA4 4枚分量程度です。
ドンゴン兄が描いたドンスが私のドンスより強く見えて激しい要素が多いです。
ドラマはどうしても話を解きほぐさなければならないから...ところで私はドラマがより良いです。”
-今回の作品でイメージ変身になったと見るのか?
“イメージ変えるべきだとして作品選択したことはただ一度もなかったです。
もちろん見る方々には、私に対して刻印されたイメージがあるだろうが,私はロマンチック コメディー‘サムシギ’や裕福な家の青年一緒に私がした役割で少しずつ広めていっているところです。”
-チャン・ドンゴン氏がどんな話をするか?
”ドンゴン兄とは話よくします。
‘上手にした’としましたよ。
兄も気になられたでしょう。
兄がこの作品が私に助けが明らかなことだとしたのに、何の話なのか分かりそうです。“
ドンスの演技しながら変わった点を彼から直接聞きたかった。
“顔筋肉使うのが変わりました。
顔で表現する方式が変わったことでしょう。
監督様も今まで表現した表情らを願いませんでした。
例をあげれば‘桃種’あるでしょう。前はしなかった行動らです。表現方法が増えましたよ。”
200907281050581111_3.jpg
Comment

[173]

シオニ~e-257チャレッソヨv-218(笑)
役柄のまんまだね~。
新人らしくない堂々さ!新人らしいひたむきさ!
きっと、ビニも刺激されたことでしょう。
今後が楽しみな役者さんだね。

[175]

まさかの”副産物”だね、シオニv-352
会話はまさにドンスとチュンホ的な力関係かな(笑)

そういえば”桃の種”、ミンジュンもインタビューで言及してたね。
あたしはこれ”梅干し”と呼ぶのだけど。。。
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。