--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
29

【記事】'友へ'ヒョンビン,"チャン・ドンゴンは解かなければならない宿題…視聴率神経使わなくて"

【記事】'友へ'ヒョンビン,"チャン・ドンゴンは解かなければならない宿題…視聴率神経使わなくて"
入力:2009-07-29 12:05:44
PP09072700060.jpg
▲ヒョンビン
[イーデイリーSPN キム・ウング記者]俳優ヒョンビンが変わった。
デビュー初めから時々突っついたのだが純な子のように優しくて無邪気な姿だけ見てきたのに、赤銅色の皮膚にほっそりしている腰,筋肉質体つきで強靭な印象が感じられた。
ところでその姿でする演技がキャラクターに正しく交わる。
MBC週末特別企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’に会いながら,ヒョンビンに訪れた変化だ。
最近ソウル,汝矣島のある飲食店で昼食を一緒にしながら,ヒョンビンに投げた最初の一言は“なぜこういうキャラクターを今や引き受けたか”であった。
既存ロマンチック コメディー,メロージャンルの作品で見せてくれたことと違うがヒョンビンが‘友へ,私たちの伝説’で演技しているドンスの凄然ながらも荒っぽいキャラクターをよく消化しているという感じのためだった。
“私がこういう役割をしないのではありません。
‘私の名前はキム・サムスン’が人気を呼んだ後,ロマンチック コメディー,メロージャンルでだけ出演提案がきたことでしょう。”
多様なキャラクターに挑戦したがる欲が伝えられた。
‘友へ,私たちの伝説’はヒョンビンにそのような怨念解消ができる初めての機会であった。
‘友へ,私たちの伝説’は2001年封切って,800万人を越える観客を劇場に呼び入れた映画‘友へ’を原作にしたドラマだ。
ヒョンビンが受け持っているドンスは原作映画でチャン・ドンゴンが演技した。
PP09072700050.jpg
▲ヒョンビン
映画ではドンスの悪漢面が主に浮び上がったが、ドラマでは違う。
‘友へ,私たちの伝説’でドンスは寂しくてかわいそうな感じまで与える。
このドラマが映画とは違いドンスがなぜ過激になるほかはなかったかに焦点を合わせているからだ。
そのためにヒョンビンに懇意な先輩のチャン・ドンゴンは‘友へ,私たちの伝説’で解かなければならない課題のように近づくほかはなかった。
自身も映画を印象深く見ただけ同じ状況で他の演技をしようとしてもチャン・ドンゴンの演技が模範答案のように頭の中に残っていたためだ。
“出演を決めた後,映画をまた見ました。
ところで度々(チャン)ドンゴン兄のように演技をしなければ違ったようだという気がして映画を見なくなければならないと決心しましたよ。
だが演出者のクァク・キョンテク監督様と話しながら,キャラクターを作っていってまた映画を見ることにしました。
映画と同じ人物なのに同じ状況で100%異なるの演技をするのは答ではないようでメローとか,高校時代ボクシング選手であり、船も乗ったなど他の設定を忠実に消化することだけでも、異なるドンスと見えることができることという考えでした。”
このためにヒョンビンは‘友へ,私たちの伝説’を撮影する6ヶ月中ずっと運動を併行して,からだを作った。
ボクシング選手出身という点で鋭くて鋭い感じを視聴者たちに伝えたいからだ。
それだけでもチャン・ドンゴンからある程度抜け出すことができた。
そのように悩んで努力して作ったキャラクターなのに‘友へ,私たちの伝説’視聴率は多少残念でないだろうか?‘友へ,私たちの伝説’は放送時間が30分余り重なったSBS週末特別企画ドラマ‘きらびやかな遺産’が40%を上回る視聴率で人気を呼んでいるのに押さえられたからなのか一桁数視聴率に留まっている。
だがヒョンビンの返事は意外に簡単に出てきた。
PP09072700074.jpg
▲ヒョンビン
“私は視聴率は1%も神経を使いません。
これまで(視聴率不振は)たくさん体験したではありませんか。
この頃はインターネットだ,ケーブルTVだ,ひとつのドラマに接することができる通路があまりにも多いから見る人々はどうにか見ることと考えます。
またそのような媒体らは視聴率集計から除外されるから視聴率に気を遣う必要もないです。”
ヒョンビンは俳優と監督,スタッフの持分は完成度あるように撮影をすることで視聴するのか決める選択は視聴者の持分だと線を引いた。
事実このドラマがインターネット ダウンロード サービスなどで‘大当たりドラマ’と釣り合う数値を記録しているというクァク・キョンテク監督の話を勘案すればヒョンビンの説明が合うという考えになった。
むしろヒョンビンは視聴率より自身が持ったこのドラマに対する期待を強調した。
“クァク・キョンテク監督様が私が知らなかった表情,私が知らなかった私を探して引き出して下さいました。
してみなかったキャラクターを演技してみるのもおもしろかったし、釜山なまり演技もそうしましたよ。
またドラマを数えて,シーズンで分けて,14~20回を先に写してその次に7~13回,1~6回順で逆に撮影して行きました。
映画のように現長編執刀しましたし。
撮影会場で編集したこと等を見たがはやく正しく付けて,ドラマで見たかったんですよ。”
ヒョンビンは自らも‘友へ,私たちの伝説’をおもしろく見ていて作品の完成度面では視聴者たちの評価と同じように自身も満足だといった。
また“今はよく分からないだろうが、後ほど考えれば演技の幅は増えているでしょう”という言葉も付け加えた。
ヒョンビンは28日から‘友へ,私たちの伝説’補充撮影に入った。
ドラマの完成度を一層高めるための作業だ。
そして補充撮影を終えた後には当分休息を取るといった。
ドラマ‘彼らが生きる世界’に続き‘友へ,私たちの伝説’,映画‘私は幸せです’まで3編にひきつづき出演しながら,心身が疲れたためだ。
“直ちに新しい作品に入れば100%失敗しそうです。
無条件休みながら,再充電をするでしょう。”
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。