--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
30

【記事】‘友へ’ヒョンビン“ヒットないがさらに重要なことを得ましたよ”

【記事】‘友へ’ヒョンビン“ヒットないがさらに重要なことを得ましたよ”
MBC週末企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’で演技変身ヒョンビン

20090729001251_0.jpg
インタビューをするヒョンビンはなぜか安らかに見えた。
MBC週末企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’の低い視聴率に対するあせることは見られなかった。
派手な青春スターの姿を投げ捨てた代わりにじわじわ俳優としての内面を満たしているようだった。
彼は“前作の‘彼らが生きる世界’もそうで低い視聴率を何度も体験してみたことだし大丈夫だ”として“視聴率よりは今回の作品を通じて,人々を得ることができたとのことが最も大きい収穫だった”と淡々と話した。
そのように見ればヒョンビンはトップスターという位置に比べて,視聴率福はそれほどなかった。
去る2005年ドラマ‘私の名前はキム・サムスン’でスターダムに上がった後‘目の女王’ ‘彼らが生きる世界’,そして現在の‘友へ,私たちの伝説’までその人気は高くなかった。
“人生で険しい傾斜は私が考える時はなかったようだが、多くの方らは‘私の名前はキム・サムスン’以後と考えます。
その後ヒット作がなかったですから。
だが私はさらに重要なのを得ています。
いつかは商業的な作品もなって、多く方々の話題にも上るでしょう。”
実際にヒョンビンは毎作品ごとに新しい姿を引き出しながら,スターでない俳優として着実に成長してきた。
今回の作品でも暗い生活を送る釜山の男ドンスを引き受けて,変身を試みた。
原作映画でチャン・ドンゴンがした役でせいぜい元手とし皆が引き止めたが意に介さなかった。
“単純にイメージを180度変えると選択した作品は違います。
習うことができるのが多いと思いましたよ。
実際に多いことを習いましたし。
ソン・ヘギョ,その友はモニターをしながら‘ドラマがおもしろくて完成度もある’としながら私見ても‘素晴らしくよく出てきたようだ’と言ったんですよ。” (笑い)
それでもチャン・ドンゴンとの演技比較は避けられないことだった。
これに対してヒョンビンは“主観的に自評しようとするなら映画の中のドンスはドンゴンが兄だけができる部分だったら、ドラマの中のドンスは私だけができる部分”と話した。
ところでヒョンビンは俳優の歩みでもチャン・ドンゴンと似たようにした。
彼は“そういえば似ているようだ。
ドンゴンがヒョンド私の年の時‘友へ’をとった。
私が好んで尊敬する兄”と付け加えた。
そのような彼に今回のドラマは体力的にとりわけ大変な作品だった。
撮影中向こう脛に一生抱いて行かなければならない大きい傷跡も得た。
彼は“初めにはアクションがおもしろかったのに、後日には大変だった”として“特にリング上でするアクションは絶対またしなくなければならないと決心した”と話しながら笑った。
その上‘雪の女王’ ‘彼らが生きる世界’ ‘友へ,私たちの伝説’三作品を休息なしに続けてしながら体力もすっかりなくなった。
これに当分作品を休みながら,再充電をする計画だ。
そのような彼に現在の悩みを尋ねたところ次のような返事が戻った。
“上手になっているのか分からないです。
20代の時は他の見方をすれば多いことができる年齢なのに、私的な部分をたくさんあきらめたのではないですか。
腹ではいっぱいである不平であることもあるが、私も人だから….
それでも私が幸せな奴というものも知っています。
したい仕事をするからです。”
20090729001219_0.jpg
スポーツワールド タク・ジンヒョン記者,写真提供=眞人事フィルム
記事入力2009.07.30(木)08:52,最終修正2009.07.29(水)08:48
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。