--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
31

【記事】ヒョンビンvsソ・ドヨンがっしり筋肉モムチャン対決‥カリスマメラメラ

【記事】ヒョンビンvsソ・ドヨンがっしり筋肉モムチャン対決‥カリスマメラメラ
[2009-07-31 10:20:43]
200907311004561001_1.jpg
[ニュースエン ユン・ヒョンジン記者]
MBC週末企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’男主人公らがより一層濃い男性美をお目見えする。
来る8月1日,2日に放送される11,12回放映分でソ・ドヨンとヒョンビンが健康なからだを表わしながら,モムチャンイメージを吹きだす。
キム・ミンジュンも相変らず強いカリスマでブラウン管をぎゅっと満たす。
ソ・ドヨンがモデル出身らしい体つきを表わす瞬間は、劇中時代の痛みが埋めている場面で運動圏学生で学生運動をして軍服務をすることになった劇中サンテク(ソ・ドヨン扮)が大学運動圏先輩の自殺と関連した疑問死調査を受けるシーンだ。
運動圏学生出身という理由で軍保安隊で調査を受けたある兵士が自殺をすることになって、これを調査する軍検察ト大尉(ノ・ジュンホ扮)が暴行有無を確認するために、サンテクの服を皆はがしてこの過程でなめらかながらも、硬いソ・ドヨンの体つきがそのままあらわれる。
ヒョンビンは高校時期ボクシング試合シーンを通じてお目見えした筋肉質体つきをまた誇る。
組織を譲り受けたジュンソク(キム・ミンジュン扮)を代って,暴力組織の行動隊長を自任しながら,自首,収監生活をすることになるドンス(ヒョンビン扮)が刑務所作業場で態度を働かせる収監者らとの戦いにまきこまれることになって、結局問題収監者に分類されて,青松刑務所の独房で移監される。
ドンスの前に独房での孤独な生活と無差別的な暴力が続いて、これを勝ち抜くために単独で運動をする場面で、ヒョンビンの硬い体つきがもう一度あらわれることになる。
‘友へ,私たちの伝説’の事前製作に参加するために主演俳優らが6ヶ月余りの時間の間釜山で過ごしながら,運動などの体づくりに熱中したことはすでによく知られた事実だ。
この過程で作られたヒョンビンとキム・ミンジュン,ソ・ドヨンなど主演俳優らの硬い体つきが整っているストーリーあちこちにあらわれながら,視聴者たちの関心を引いている。
特に11,12回でヒョンビンとキム・ミンジュンが登場する場面らは軍事政権の下の軍疑問死や学生運動の弾圧,組織暴力団に対するすさまじい処罰など時代的に暗鬱だった時期を含んでいて,単純に見どころでだけ終わりはしない展望だ。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。