--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
07
31

【記事】[スターシークレット]ソ・ドヨン"なまり先生と3ヶ月合宿しましたよ"

【記事】[スターシークレット]ソ・ドヨン"なまり先生と3ヶ月合宿しましたよ"
20090801ba005.jpg
“英語勉強をなまり習うようにしたら本当に上手にしたでしょう。”
MBCドラマ‘友へ.
私たちの伝説’でエリート記者‘サンテク’役を担ったタレント ソ・ドヨン(28)がこの前インタビューでとぼけて笑いながらした話です。
“どれくらいなまり練習をしたのでこういう話をするのか”と尋ねたところ彼は“外国語を勉強する時と全く同じだと考えられれば良い”として笑いました。
ソ・ドヨンは大邱(テグ)出身です。
しかし幼い時期故郷を離れて,ずっとソウルで生活したといいます。
なまりが口にしみこむ余裕がなかったことでしょう。
その間作品でも主に現代的なイメージを見せて,劇中でなまりを使ったことは今回が初めてというのに非常に濃いなまりをぷつんと吐きだすソ・ドヨンの姿を見れば“本当であろうか?”という気がします。
ドラマ演出者の‘元祖釜山の男’クァク・キョンテク監督もほめるほどのソ・ドヨンのなまりは合宿訓練(?)と粘り強い反復学習が秘訣でした。
クァク監督は“キャスティングを確定作る時までだけでも上手にできなかったので。
一ヶ月だけに頭からつま先まで違っていた”として彼の執念をほめました。
キャスティングが確定した次の日、ソ・ドヨンはまさにドラマの背景の釜山出身のなまり先生を探したといいます。
彼は“慶尚道(キョンサンド)出身だとなまりがぎこちなくないけれど。
実際に使ってみたことがなくて堪え難かった”としながら“久しぶりにドラマに出演するだけ完ぺきに(なまりを)やり遂げたかった。
それでなまり先生を迎えて,3ヶ月の間共に生活した”と明らかにしました。
またなまり先生の肉声を録音しておいて時間がある時ごとに聞きながら,耳になじませたといいます。
話だけでなく食べ物と文化.
釜山の人々の気質などを習いながら‘現地化’訓練をしました。
釜山の文化にどっぷり浸かったためでしょうか。
余談だが,その間釜山にゆっくり浸って,生活したソ・ドヨンはもうプロ野球も釜山をゆかりとするロッテのファンだと打ち明けました。
彼は“釜山の人ができあがった(笑い).
一生生活でもある瞬間からなまりを使っている”としながら“野球もロッテの‘大ファン’になってしまった。
以前には他のチームが好きだったのに。
この頃はロッテを応援する。
応援文化と熱情的な雰囲気が良い”として親指を褒め称えました。
(出処:スポーツソウル)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。