--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
01

【記事】'友へ'ヒョンビン,"死ぬ場面4日かかって,撮影…本当に死ぬと思った"

【記事】'友へ'ヒョンビン,"死ぬ場面4日かかって,撮影…本当に死ぬと思った"
入力:2009-08-01 08:00:00
PP09072700062.jpg
▲ヒョンビン(写真=キム・ジョンウク記者)
[イーデイリーSPNキム・ウング記者]
“死ぬ場面撮影する時,本当に死ぬと思いました。”
俳優ヒョンビンがこのようなMBC週末特別企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’撮影エピソードを明らかにした。
死ぬ演技をする時死ぬと思ったというから感情移入がうまくいったと考えることができる。
しかしヒョンビンの説明はそうでない。
単にその場面を撮影する時あまり荷が重かったという理由からだ。
このドラマでヒョンビンが演技する劇中のドンスは原作映画のように友ジュンソク(キム・ミンジュン扮)の信号を受けた組織員の刃物に数十回ささって凄惨な最後をむかえる。
この場面は映画で最後の部分に描写された反面ドラマでは序盤に登場した。
ヒョンビンはこの場面を撮影する当時に対して“劇場の前から刃物にささり始めて最後息をひきとる時まで50mもならない通りを移動しながら,撮影をした”として“ところでこの場面を撮影する時,4日がかかった。
あまり荷が重くて‘もうちょっと死んだら…’とする考えになった”と話した。
引き続き“原作映画でもこの場面を撮影する時,4日がかかったと聞いた。
ドラマでこの場面を撮影する時は当初3日間スケジュールをつかんでおいたのに一日が増えて,結局同じように4日がかかった”と付け加えた。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。