--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
02

【記事】ソ・ドヨン“映画‘友へ’ 100度超えて見た”

【記事】ソ・ドヨン“映画‘友へ’ 100度超えて見た”
JES |イ・ドンヒョン記者| 2009.08.02 15:08入力
pho_200908021508180201000002010400-001.jpg
映画'友へ'がリメークされるという知らせが伝えられた時,人々はいぶかしいといった。
800万観客を動員した'友へ'は劇場封切りと地上波およびケーブル チャンネルを通じて見る人はみな見たので、ドラマでメリットがないように見えたためだ。
しかし、クァク・キョンテク監督など'友へ'製作スタッフは切り札を持っていた。
映画で詳細に扱われなかったサンテク キャラクターで多様なエピソードを描き出すことができるという自信だった。
MBC TV週末特別企画'友へ,私たちの伝説'(脚本・演出カク・キョンテク)が原作映画と差別化されるキーポイントはサンテクのキャラクターであった。
サンテク役を担う俳優の活躍が絶対的に重要だった。
新鋭俳優ソ・ドヨンに重大な任務が付与されたわけだ。
"信じられないけれど、クァク・キョンテク監督様と初めての出会いで出演が決定されました。
食事を共にしている最中、'気に入った。
一緒にやろう'となさったでしょう。
サンテクは映画と差別化のための鍵を握った重要な人物なのに,なぜそうされたのかは今でも気になります。"
ソ・ドヨンはその日から一日にも何回も映画'友へ'を見た。
サンテク キャラクターはもちろん,映画のすべての場面を研究した。
映画と違った何か見せようとするなら、あらゆる事を貫いていなければならなかったためだ。
"100度も超えて見たようです。
後日には映画のすべてのセリフをぞろぞろ覚えるほどになりましたよ。
映画で扱われなかったジンスクを囲んだメロー構図を頭の中に描いてみようと努めました。
撮影の時に監督様と協議しながら,メローに対する雰囲気を作っていったりもしました。"
ソ・ドヨンの代表作はKBS 2TV '春のワルツ'.
ユン・ソクホPDの季節シリーズ完結編だ。
ソ・ドヨンはすてきな王子様のようなイメージをお目見えしたし、彼を代表するイメージで残っている。
荒っぽい男性らの世界を扱う'友へ,私たちの伝説'には似合わないことがあって憂慮されることもした。
"撮影控えてキム・ミンジュン兄およびヒョンビンと共に運動しながら荒っぽいイメージを作りました。
演技のためにタバコも吸いました。
ジンスク役のワン・ジヘとキスシーンでは荒々しく襲いかかる姿を見せたりもしましたよ。
'春のワルツ'と比較のために最も気になった場面だったんですよ。
思い通りならなくて,二日にかけて,撮影しなければなりませんでした。"
'友へ,私たちの伝説'は7%内外の低調な視聴率を記録している。
原作映画の成功と、ヒョンビン・キム・ミンジュンなどスターキャスティングで集めた期待に比較すれば、極度に振るわない成績だ。
重要な任務を持ったソ・ドヨンも少なくない重圧感を感じそうである状況だ。
"初めには大きい衝撃を受けました。
監督様も大変がられましたし。
ところで成人時期になりながら,より一層興味深いお話が扱われます。
視聴者たちが映画と違った面白みを感じることができる部分らが多いです。
自信を失わないようにしようと念を押しました。"
'友へ,私たちの伝説'は事前製作ですでに撮影を終えた。
しかし製作スタッフと出演陣は完成度を高めるために補充撮影を進行することに意気投合した。


昨日の11話冒頭、旅館から出てきたソンエと出くわして、おたがいどぎまぎした場面おかしかったなぁ~。
サンテクはジンスクに玉砕してしまったわけだけど、次にジンスクとはどんな再会をするんだろ?くむぐめよ~
ドラマ版サンテクの活躍は映画にない部分かつ大きな要素となるようだから、もっとしっかり理解したいのだけど、いかんせん情報資料が少ないのがつらいふぅ。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。