--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
02

【記事】クァク・キョンテク監督,“初めての視聴率受けて大変なことになったかと思った"

【記事】クァク・キョンテク監督,“初めての視聴率受けて大変なことになったかと思った" (インタビュー)
OSEN |入力2009.08.02 15:59
20090802155905_262_1.jpg
20090802155905_262_0.jpg
[OSEN=キム・ミンジョン記者]
映画'友へ'に続きドラマ'友へ,私たちの伝説'を演出したクァク・キョンテク監督は事実単純に視聴率面では特別利益を得ることができなかった。
それにもかかわらず,記者が会ったクァク・キョンテク監督は余裕があることを越えて,むしろゆったりとしていて見せた。
ドラマ'友へ'を通じて,9年前自身と戦ったし,挑戦だけでも満足するという'名匠'クァク・キョンテク監督に会った。
#初めてのドラマ挑戦記,物足りなさ大きい
いつも映画を通じて,大衆と呼吸したクァク・キョンテク監督は初めてのドラマ挑戦で苛酷な申告式を行った。
ドラマの映像とストーリー展開などでは過分な点数を受けたが'きらびやかな遺産'との競争で視聴率は低調だったし,彼にかえってきた評価やはり冷酷だった。
クァク監督は"初めての視聴率を受けては'オイ,これ大変なことになったかと思いましたよ。
あまりにも相手ドラマが強かったりしたが、それだけ一挙と予想はできなかったんですよ。
初回からモザイク処理場面が多かったし、それで'モザイクの伝説'というニックネームを聞いたのが最も気に障りました"として物足りなさを伝えた。
クァク監督が映画でないドラマを演出しながらあたった最も大きい障害物を何だったのだろうか?彼は作品が初めから最後まで自身の手を経ることができなかったという点を最も大きい困難を挙げた。
"映画のようならば、場面一つ一つにみな気を遣って,ディテールひとつの部分までみな私の手を経ることができます。
だが、放送局を通して見せるようになるドラマは、100%私の思いのままに送りだされるのが大変です。
実際にTVで放送を見た後に心が胸が痛い時が多かったです。"
#主人公ヒョンビン,気味が悪いほど集中力優れた俳優
ドラマ'友へ'が製作されるという話が出た後,焦眉の関心事はまさに映画'友へ'でのチャン・ドンゴンが引き受けたドンス役だった。
結局ドンスはヒョンビンで戻って来たし,チャン・ドンゴンがクァク監督にヒョンビンを推薦したのが知られながら,世間の話題になることもした。
チャン・ドンゴンを自分の作品のキャスティング ディレクターと明らかにしたクァク監督は"ヒョンビンの目つきが気に入ったといいましょうか?私と(チャン)ドンゴニが親しくて,ドンゴニがと(ヒョン)ビニが良い関係ならば、私とも良い関係になることができるという意でしょう。
ビニは人間的な温度と価値観が私とかなり似た人です。
事物に対する認識や基準が似ていると考えたという気がしましたよ"として主人公に対する無限の信頼を表わした。
それならドラマ'友へ'を通して見せたヒョンビンの姿はどうだったのだろうか?クァク監督はヒョンビンを"気味が悪いほど集中力が優れた俳優です。
恐らくビニが出演俳優らの中でなまりに対する負担が最も大きかったでしょう。
初めからなまりは80点以上だけ受けようと話したし,私が大丈夫だと感じればOKと負担をちょっと減らしてあげましたよ。
ソウル出身のビニになまりに対する評価が反駁したことは仕方ないが、あえて比較をしようとするならドンゴニに比べて,ビニはセリフが途方もなく多いほうだったんですよ。
演出者の立場ではビニが無難になまりを消化したと考えます"と評価した。
#故郷釜山,そして故郷に対する'愛憎'
すでによく知られたことと同じようにクァク・キョンテク監督は釜山ととても特別な縁を持っている監督だ。
彼の作品の中にはいつも釜山が背景に登場したし,釜山に対する愛情が常ににじみ出た。
それならクァク監督に故郷'釜山'はどんな意味であろうか?
"私に釜山は一単語で'愛憎'これでしょう。
ある時はとても良くて,ある時は本当に気味が悪いです。
私が多くの作品を釜山で進行しながら有利な点が多かったんですよ。
だが、釜山には許諾を受けなければならない人がなぜそんなに多いかわかりません。(笑い)どこへ行くも"誰の許諾受けて撮影しますか?"として文句をつける人々が多くて当惑する時が多かったです。"
クァク監督は釜山で撮影中体験した笑うことのできないエピソードも伝えた。
"釜山の人々は悪口を本当に口について生きます。
釜山の人の私が聞いてもきまり悪いほど。
問題は自ら悪口をよくするという事実を悟ることができないんです。
それで私もスタッフらに"市民らが不平を言うことに対しては無条件謝罪からしろ。
だが初めから悪口を言えばこらえないでくれとしましたよ。
それで大きいケンカが出るところしたこともありました。"
#友へ,まだ終わらなかった話
クァク監督はドラマ'友へ'の演出を受けることに決心したことに対して"9年前の私との戦いだった"と表現した。
彼は"事実勝って至高は重要なことではなかったです。
ただ挑戦をしたとのことだけでも勝ったものと考えます。
ひとまず視聴率はちょっと難しいが、見る方々にひどい目にあうことよりは称賛が多くて慰めになります。
映画'友へ'を憂慮しないで本当に熱心に,几帳面にとったんだなという評価を聞いたので満足します。(笑い)"
それならクァク監督は映画'友へ'でみな伝えることが出来ない話をドラマですべてしたことだろうか?結論から言ってみれば彼の'友へ'に対する話はまだ終わらなかった。
"今度は友だちの話をしたから、次にはドンスとジュンソギ,サンテギ,チュンホなど彼らの子供の話を一度描いてみたいです。
周辺の人々と冗談で話をしたりしたのに具体的に進行されたのはなくて,たんなる希望です。"


ぷはは
口汚さくらいに情も深~かったりするんだろうなぁ~。
監督様、彼らの2世たちについて描いてみたいってぇ
どうせなら3世まで、ゴッドファーザーみたいに
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。