--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
03

【記事】ヒョンビン,"本来の夢のとおりならば,刑事になっていなかったでしょうか?"

【記事】ヒョンビン,"本来の夢のとおりならば,刑事になっていなかったでしょうか?"
記事作成:TVian 取材発行日:2009.08.03 10:58
j2QAeAWLAWK9633846645258007881.jpg
“中学校の時までは演技者が夢ではなかった。
警察大学に行くことが目標であった。
高等学校の時演劇に接することになりながら,人生が180%変わることになった。”
刑事になった‘ヒョンビン’はどんな姿であろうか?恐らく‘ドンス’のような人物らを捉えるために潜伏をしながら車の中でカップラーメンを食べていないだろうか?余計な想像力を発揮してみる。
そしてヒョンビンを俳優で大衆の前に立てるようにした演劇にも深甚な謝意を表する。
おかげで多くのお姉さんの胸に火がついたことだ。
短い頭とあかがね色の皮膚,そして黒い服装に‘ドンス’の感じが充満するヒョンビンに会った。
ソン・ジウン記者〓写真ノ・ミンギュ記者
Q:ドラマ<友へ,私たちの伝説>撮影は皆終わったか?補充撮影をすると記事が載ってたが。
-放送に出て行く前に97%程度完成をして放送に出て行った。
撮影を20部までみな終えたのに不十分な部分があって,クォリティーや完成度をより高めるために補充撮影をしている

Q:それではソウルと釜山を行き来するのか?
-撮影チームは釜山にも行く。
だが私は釜山と関連する背景とは関係ない分量で、ソウル近郊で撮影している。
Q:最も思い出す場面は?
-映画の中の場面で苦労もして記憶にでてくる場面はドンスが刃物にささる場面.
4日間中ずっと雨に降られながら大変にとったし、どうしても映画でも印象的に残った場面なので記憶に残る。
映画以外の場面の中ではドンスがお母さんの店に訪ねて行って,対話する内容があるのだが,お母さんにお金を投げかけながら,お父さんのもとへまた戻ってひざまずけという場面だ。
Q:その場面が良い理由がほかにあるか?
-演技をする人なのでそうなのか,その場面を撮影しに行く前に頭の中に色々な考えらをして行った。
このように演技しないだろうか?でなければ、このような状況だ。
あらまし頭の中で雲を作って行ったのに,現場で演技してみれば完全に変わった。
私が計算して計画したとおりではなくてそのままその状況に合わせて,演技をしたことのようだが,それで記憶にさらに残る。

Q:ドンスを演技しながら‘目つき’演技に最も重点を置いたといったが,ドンスの目つき演技に対する評が良い。
-ドンスの目つきに多くの気を遣った。
ボクシングをする奴なので,私が考えるに、格闘技をする選手たちの目が鋭い事もあって、瞬間捕捉のようなものを早める目だと考えた。
成人になってごろつきの生活にたたんで入った時は鋭くて恐ろしい目つきを見せてあげたくて,運動したこともあったし。
神経を使った。
ほかの方々よりセリフも少なくてドンスが話をよくするキャラクターではなかったために、違ったと見られてくれることができるのはただ目つきだと考えた。
私が計算して準備したものなどを視聴者方々がのがさないで良く評価をされるから良い。

Q:ヒョンビンという名前より演技したキャラクターで記憶してくれることを願うと聞いた。
そうしたためか本当にヒョンビンの性格はどのようかわからない。
普段性格はどうなのか?
-キャラクターを100%創り出せないようだ。
今回のドンスというキャラクターを演じながら,監督様に助けをたくさん受けて習ったことは私も分からなかった私の中の部分を引き出して下さったということだ。
表情と演技の部分で助けをたくさん受けた。
今まで演技したキャラクターは私の中に一つずつ含まれていることのようだ。
ドンスのような場合は外向的なことよりは内省的な面が似ていて、話をよくする方ではないということもドンスと同じ部分で。
個人的な性格は外向的なことよりは内省的なことがさらに多くて,人々に先に話をすることよりは話を聞いて、それに対して話すことなどが好きで,特別に出たりそうすることもないようだ。
Q:コミカルだったり壊れる役割をしてみるつもりはないのか?
-してみたい。
ところで今までスタイル上のキャラクターだけ見て演技したかんじではない。
作品選択する時,その作品が良くてこそそのキャラクターを演技していたかんじで,もちろんキャラクターに魅力を感じるべきだが...
後ほど本当に魅力を感じる作品を受けて、そのキャラクターがコミカルな人物ならばやると思う。
PkJY8M6zJ3pm633846645821140089.jpg
Q:<私の名前はキム・サムスン>以後,<雪の女王>,<私は幸せです>,<彼らが生きる世界>で演技した人物らを見れば,何か挑戦したという感じがする。
少しずつ色を満たしていく感じがしながら,演技に欲が感じられる。
幼い時から夢が俳優だったか?
-中学校の時までは演技者が夢ではなかった。
警察大学に行くことが目標であった。
高等学校の時演劇をすることになりながら,180%変わることになったものだが,演劇をして中大演劇学科に入ることになって大学院まで通うことになった。
おもしろくて,今とても良い。

Q:ドラマ<友へ,私たちの伝説>でのヒョンビンはチンピラなのに、もし警察大学に行ったら今ヒョンビンは警察になっている。
-本来中学校の時目標のとおり行ったら,刑事になっていなかったのだろうか?(笑い)
Q:学生時代のヒョンビンにドンスの姿があることもしたのか?
-勉強をそれほど好んではいない。
他の見方をすればドンスのように友だちと交わうのをより好んだし。
それでも勉強を最初からしなかったようなことはない。
よくできるという声も,できないという声も聞かなかった。
ある程度しながら友だちと交わってそのような時間をさらに大切にしたかんじで,そのような時間がより良かった。

Q:ドラマ<友へ,私たちの伝説>が日本に先行販売されたのに,韓流の中心にあるヒョンビン氏の影響度なかったようだ。
これから日本活動計画はどうか?
-感謝します。
たくさん愛してくださるから。
まず9月にファンミーティングがある。
誕生日兼ファンミーティングのために日本に訪問しなければならないようで。
前作品<彼らが生きる世界>でプロモーションに行かなければならないスケジュールもある。
また私が分かるのは、ドラマ<友へ,私たちの伝説>も今年の年末や来年に放送される予定なのに、その時また日本を訪問するようだ。
Q:今後の計画は?
- 19ヶ月の間、前だけ見て走った。
3作品相次いでしたのに体力がたくさん消耗した。
体力も補強して,また他のキャラクターを受け入れることができるよう空の状態を作らなければならないようで<友へ>補充撮影が終えれば休みながら,次期作を検討するつもりだ。


19か月もの間全力疾走してきた姿はかっこよく、誇らしいね
ファンミにプロモーションと燃え尽きた体でお仕事まだまだ続くけど、がんばれ~。
た~っぷり休んで飲んで歌って恋して、スクリーンだか茶の間だかにまた帰ってきてほしいね。
あ、院生として学術研究もしっかり~
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。