--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
05

【記事】‘友へ’刑務所場面実感できるよ!分かってみれば作家が服役者出身

【記事】‘友へ’刑務所場面実感できるよ!分かってみれば作家が服役者出身
[2009-08-05 08:44:52]
200908050748241001_1.jpg
200908050748241001_2.jpg
[ニュースエン イ・ミヘ記者]
‘友へ,私たちの伝説’実感できる刑務所場面は作家のおかげ?
MBC週末企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’(脚本カク・キョンテク、ハン・スンウン、キム・ウォンソク,演出カク・キョンテク キム・ウォンソク)の現実感あふれる刑務所場面らが実際作家の経験によったことが一歩遅れて知られた。
‘友へ,私たちの伝説’ 11回と12回で同数(ヒョンビンの方)は釜山刑務所で青松刑務所で移監されて,色々な苦難に会った。
この場面を見た実際監護所経験者が“その時のすさまじい記憶がそのままよみがえって,鳥肌が出た”と文を載せたし,ある勝運作家は“当時どんな状況であったか私も感じた”とコメントをしながら,刑務所生活をしたことがあることを暗示した。
‘友へ,私たちの伝説’のハン・スンウン作家は一時不遇な家庭環境のために暴力組織の一員で生活しながら,刑務所を出入りして組織の世界から抜け出して平凡な家庭を設けながら生きている人物.
青松刑務所で服役しながら,独学で習って文を書き始めたし2007年封切った映画‘サラン’の原作者で名前を上げながら,作家でデビューした。
ドラマ製作会社(株)眞人事フィルム側は“過去に対する話が出てくればハン作家に迷惑をかけることがありうる”という立場を表わしたが、ハン・スンウン作家が“すでに手を洗って熱心に生きていると恥ずかしいことがない”としてコメントを上げた。
ドラマ‘友へ,私たちの伝説’の実際主人公との縁のためにシナリオ執筆に縁を結んだハン・スンウン作家は“暴力の世界や組織暴力の世界に対する描写が重要なのではない”として“過ちを犯した時,その代価がどれくらい大きくて力に余ったことかを表現したかった”と明らかにした。

(出処:アジア経済【記事】'友へ'実感できる刑務所場面,分かってみれば格別な作家のおかげ)
200908050740308896498A_1.jpg
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。