--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
05

【記事】ヒョンビン"仕事も,サランも後悔しない20代送りたい"(インタビュー)

【記事】ヒョンビン"仕事も,サランも後悔しない20代送りたい"(インタビュー)
イ・ミヨン記者,写真朴ヨンテ記者
俳優ヒョンビンの演技が進化している。
甘い微笑で女心を惹かれた'美男'青春スターであったヒョンビンは作品一つが終る時ごとに早く成長した。
スターでなく俳優との修飾語が今はそんなに不慣れではない。
MBCドラマ'友へ,私たちの伝説'でヒョンビンはまた変わった。
目つきは深くなったし演技は濃かった。
経たカリスマの中孤独で寂しい内面を抱いているドンスはヒョンビンと似ている。
あたかも初めからドンス役が彼のことだったことのように,映画でチャン・ドンゴンが作っておいたドンスの残影を探してみられない。
"チャン・ドンゴンのドンスでない,ヒョンビンのドンスを見せてあげたかった"というヒョンビンはいつのまに自身の色で作り出した同数を大衆に刻印させている。
1249000743296_1.jpg
◆"'友へ'はとりながら,期待をよくした作品…視聴率神経使わないで"
20部作'友へ'はもう折返し点を回った。
ヒョンビンは"熱心に努力してとった時間に比べて,放送は突然,あまりにもはやく過ぎ去ったようだ"と口を開いた。
"事実'友へ'は私がする作品ではあるが,期待をよくした作品です。
本当にがんばったりもしたし...
他のドラマとは違い映画のように現場編集ということがありましたよ。
とってモニターを少しずつ覗いて見ながら,完成作をはやく見たかったです。
そのようにとったのにすでに半分がすぎて空しかったり,惜しいです。"
精魂を込めた努力に比較すれば視聴率は期待に達することができなかった。
惜しいのは事実だが,視聴率に対するあせることはない。
むしろ初日視聴率票持ち上げて衝撃を受けたクァク・キョンテク監督に"視聴率が全部ではない"として慰めの言葉をかけたほど。
"初回放送の時製作スタッフと俳優らが皆共に視聴したのに雰囲気も良くて俳優方々が良い電話もたくさん受けて,期待感も大きかったんですよ。
翌日数字上の数値はそうでなかったし雰囲気がさっとダウンされましたよ。
特に監督様は'友へ'映画が興行成績も良かったし、まだ話題になる作品だと期待が大きかったようです。
私は'クサセ(彼らが生きる世界)'時も一度体験してみたのではないですか(笑い).
本放送たくさん見れば良いだろうがインターネットやケーブルなど他の媒体があるから惜しまないでくれとしましたよ。"
ヒョンビンは"'サムスニ(私の名前はキム・サムスン)'の時は人気を得たし,'クサセ'と'友へ'はそうでなかったが大丈夫だ。
視聴率でない他の重要なのをたくさん得た"と余裕がある微笑を見せた。
1249000733092_2.jpg
◆"ドンゴン兄がよく見たと…"
ヒョンビンが事実ドラマ'友へ'をするといった時だけでも周辺では大いに心配した。
しかし映画'友へ'を見て深い印象を受けたヒョンビンは再びないのかも分からない機会を躊躇なしに受け入れた。
多い人々の憂慮とは違い本来ヒョンビン自身は'友へ'のチャン・ドンゴンに対する負担感は大きくなかったと。
しかしドンスという人物の表現やなまりは決してやさしい宿題ではなかった。
"ドンスという人物が多い有名なセリフを残して今でも多い人々の中で認識されているキャラクターとどのようにしてこそ差別化されるかという考えを序盤にはしました。
映画を20,30度は見たでしょう。
なまりも熱心に習ったのに評価は入り乱れていましたよ。(笑い)"
'友へ'でヒョンビンの目つき演技は非常に印象的だ。
実際にヒョンビンは口数が少ないドンスのキャラクターを極大化するために目つき演技に多い神経を注いだ。
"撮影全6ヶ月の間格闘技とボクシングを習いました。
格闘技をする方々が筋肉動きなどを早く見るので目つきが鋭くて目の中に何か持っていましたよ。
私もそのような鋭くて冷たく険しい目をほしかったんですよ。
目つき演技称賛をよくして下さって良いです。"
そのように努力したドンスが画面によく表現されたことと思う質問にヒョンビンは"半々であるようだ"と評した。
"監督様が要求してまた私が習ったのが100%みな表現されたら良かったであろうに100%はみなならないようです。
最大限たくさん表現したくて,努力したのに...今回習ったことらが次の作品にでも次の次の作品に現れないでしょうか。"
それならチャン・ドンゴンの反応はどうだったのだろうか。
"ドンゴン兄が上手にしていると。
周辺の反応は神経使わないでもかまわないそうだと話をしましたよ。
ドンスを私に奪われたさびしさです?そうだな...そのような話はなかったんですよ。(笑い)。"
◆"サランも,仕事も後悔しない20代送りたい"
ドラマ'彼らが生きる世界'と映画'私は幸せです'そして'友へ'まで続けて作品をした彼は三作品で決して平凡でない役を消化した。
自らも難しい作品だったと評価したヒョンビンはその作品らの中でたくさん成長した。
今は'友へ'のドンスで'演技に草木が水分を吸い上げた'という評もあふれている。
"そのような称賛を聞けば有難いです。
発展した姿見せてくれることが後退した姿を見せることより良いことではないのですか。
作品をしながら以前には分からなかった部分,そしてなかった余裕ができたようです。"
ヒョンビンはこれから自身が夢見る未来に対しても明らかにした。
"後ほど後悔しない20代を終わらせたいです。
まだ何をするべきかは疑問です。
仕事だろうが,サランだろうが,人間ヒョンビンだろうがどんな部分にあっても後悔のない20代を生きたと考えられるようにするでしょう。"
ヒョンビンは当分作品に対する考えを閉じるつもりという。
"作品を相次いでしながら体力が枯渇した"というヒョンビンは旅行等を通して,その間し終えることができなかった人生の余裕を享受する計画だ。
'友へ'をとりながら,新たに友へら考えがたくさん出たという彼は,連絡がまばらだった友人らにも先ず連絡をしなければならないという言葉も忘れなかった。
1249000738765_2.jpg
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。