--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
09

【記事】‘友へ’ドンスの反乱,ジュンソクと背を向ける!“もう独立するから”

【記事】‘友へ’ドンスの反乱,ジュンソクと背を向ける!“もう独立するから”
[2009-08-09 09:17:20]
200908090913281001_1.jpg
[ニュースエン イ・ミヘ記者]
ヒョンビンとキム・ミンジュンが互いに敵になった。
ドンス(ヒョンビン扮)は8月8日放送されたMBC週末企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’(脚本カク・キョンテク、ハン・スンウン、キム・ウォンソク/演出カク・キョンテク キム・ウォンソク) 13回でジュンソク(キム・ミンジュン扮)に“チャガルチのミン会長が出馬するんだと、青年部長ちょっと引き受けてくれといった”として“俺もう独立するから”と話した。
ドンスは自身の選択を引き止めるジュンソクに“誰のためにそうではなくてただ私がそうしたくて決めたことだ”として“たくさん考えて決めた。いくら考えてもここは私がいる場所ではないようだ”とすでに心を決めたことを伝えた。
だがドンスの選択にはサンゴン(イ・ジェヨン扮)の仲違いが一役かった。
サンゴンは“気を引き締めろ。死んで目覚めてもヒョンドゥは、ジュンソクほどにはお前のこと考えてないぞ”として“青松刑務所まで行ってきて,今残ったのが焼き肉屋構える程はなるのか?死ぬ時までお前の友だちの使いっ走りやるのか?”とドンスを刺激した。
事実、ジュンソクの代わりにすべての罪をかぶって刑務所まで行ってきたが、ドンスは自身がいない間変わった組織と、少し変わった兄貴ヒョンドゥの態度,生意気になったトルコ(イム・ソンギュ扮)のためになぜか分からない乖離感を感じた状態.
だからサンゴンの‘使いっ走り’という話に揺れたはず。
もちろんサンゴンのためだけではない。
心変わりしてしまったジンスク(ワン・ジヘ扮)もドンスがジュンソクと背を向けることになった理由の中の一つだ。
ドンスはジンスクに“これから君にもう少ししばしば会えると良いだろう”と自身の心を用心深く告白したが拒絶された。
その上、組織の弟分らがジンスクを“兄嫁様”と呼ぶのを見てジンスクが自身でなくジュンソクを選んだという事実に一抹の背信を感じた。
一方、友達であったドンスとジュンソクが互いに敵になりながら,これから葛藤ができることになる。
一番最初にミン会長の選挙出馬有無を置いてドンスとジュンソクは対立点をたてることになること。
友人の二人のこれから運命がどのように進行されるのか成り行きが注目される。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。