--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
09

【記事】'友へ'ペ・グリン"クァク・キョンテク監督,私の人生を変えた"(インタビュー)

【記事】'友へ'ペ・グリン"クァク・キョンテク監督,私の人生を変えた"(インタビュー)
イ・ミヨン記者
MBC週末企画ドラマ'友へ,私たちの伝説'のペ・グリン(20)はドラマの活躍素だ。
ドラマで彼はチュンホ役のイ・シオンとのコミック ラブラインで活気を吹き込んでいる。
実際に会ったペ・グリンもそうだった。
休む暇もなく吐き出す話を聞いているならば自ずから笑いが作られた。
ペ・グリンはかわいさと愛嬌をあまねくそろえた。
新世代のぱんぱん飛ぶ面を見せながらも、ある瞬間貴重な姿を見せる。
愛らしい魅力を精一杯発散しながら,視聴者たちに目で存在を知らせているペ・グリンに会った。
1249784736324_1.jpg
"ペ・グリンの名を連ねて本格演技挑戦...涙のために苦労も"
ペ・グリンは新人だが見慣れない顔ではない。
2006年KBSドラマ'四捨五入3'でデビューしたペ・グリンはある移動通信会社シリーズをヒットさせながら,顔を知らせた。
以後演技者変身を夢見てきたペ・グリンは演技経験を積むために'友へ'オーディションを探した。
大きい期待をしなかったけれど途方もない競争率を突き抜けて幸運児になった。
'友へ'は自身の名を連ねて本格的に挑戦する初めての作品.
期待も大きかったがそれだけ下手な点も多かったし思い通りの演技にならなくて,気苦労もしたと。
"初めて撮影した場面中、チュンホ兄さんと婚約式場面でお母さんを眺めながら,涙流すシーンあったのに涙が出てこなかったんですよ。
結局泣けませんでした。
'まだ演技がしばらく遠いんだな'私を自ら叱責することになる瞬間でした。"
しかし時間が過ぎてソンエという人物に没入することになりながら,演技も早く発展した。
ここにはクァク・キョンテク監督と出演俳優らの努力と配慮があったと。
"撮影中盤にもう一度泣く場面がありました。
その時監督様が'あの時泣けなかったこと挽回しなければならない'と話されましたよ。
ミンジュン兄さんも私に助言をしてくださる情でも多い人々に胸が痛くなりました。
演技をしながら私が必ず越えなければならない壁でしょう。
本当にその日集中して,ジャージャー泣いたのに私にはとても大切な場面で意味深い日でした。"
"クァク・キョンテク監督,私の人生を変えた有難い方"
この日ペ・グリンはインタビュー途中何度もクァク・キョンテク監督の話を取り出した。
わずかなドラマ エピソードの話にも,涙が出る苦労談にもクァク・キョンテク監督の話は抜けなかった。
それだけペ・グリンにクァク・キョンテク監督は有難くて信頼できる存在であった。
1249780209303_2.jpg
"監督様は本当に私にお父さんのような存在でした。
夜明けに電話して尋ねても親切に教えて,気分良いことがあれば監督様とハイタッチもして。
周辺の人々が珍しがるほど良く従いましたよ。"
演技の部分にもクァク・キョンテク監督を全面的に頼って信じたと。
"私は私のモニターをよく見なかったです。
私の演技を見れば手足が縮むようだし自信が落ちて自ら叱責することになります。
監督様がOKといえば満足して100%信じて行きました。
私にある才能を選んでまた監督様も私を信じて...称賛はそれでも踊るようにするというのに,私は本当に楽しくなって,撮影しました。"
それと共にペ・グリンは"今回の作品をしながら最も有難かった方だ。
私の人生を変えられるように助けたし、私を俳優に成長するように作った"として心よりクァク・キョンテク監督に感謝の気持ちを表わした。
"素敵な俳優多かったが,それでもパートナーのイ・シオンが最高"
ペ・グリンは、劇中チュンホ役のイ・シオンとあれやこれやラブラインを継続している。
他の主人公らの感情シーンが複雑にからまっているので比べて,これらカップルの愛情シーンは単純明確だ。
ペ・グリンは"ドラマ後半でますます複雑で葛藤が激しい。
その中でチュンホとソンエカップルが安定した姿を見せて幸福を求めながら劇を明るくさせている"と話した。
ペ・グリンとイ・シオンのキスシーンは一時インターネットを熱い雰囲気にすることもした。
ペ・グリンはキスシーンにからまった面白くなったエピソードを聞かせた。
"キスシーンする時,チュンホ兄さんがとても緊張をしました。
チュンホ兄さんがいつもタバコを吸ってて、'一日だけタバコを吸うな。
灰皿とキスしたくない'とお願いしたりもしましたよ(笑い).
その日兄さんとキスをするのに行って描いたにおいがしました。
リハーサルの時もキスをしてあらさがしを受けたりもしましたよ。"
ペ・グリンは"ヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨンなど他の男出演陣よりイ・シオンが最高"としてパートナーに対する愛情を表わすこともした。
ペ・グリンはまた共に出演した女優らとも厚い友情を自慢した。
"俳優らより私どもがさらに厚かったことのようです(笑い).
今でもレインボー定期集会を持っています。
女たちどうしいれば、猜疑と嫉妬があるようだが、そのようなもの全くないです。
一緒に映画も見て歩いて釜山見物もして...特にジヘ姉さんと私は似てると,本当の姉妹かとたびたび聞いたりもしました。
ドラマを離れて,人生で良い姉さんらに会ったのは幸運です。"
ドラマ'友へ'で今まさに演技者人生の足取りを踏み出したペ・グリンは限りなく楽しく見えた。
ペ・グリンは"もう本当の始まりだ。
熱心に熱情を持って立派な俳優に成長する"と整った覚悟を表わしながら明るく笑った。
1249780204396_1.jpg
<写真提供=第二アンドスターカンパニー>
(出処:joynews)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。