--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
09

【記事】ヒョンビン,‘仕事と恋愛’二兎を得る(インタビュー)

【記事】ヒョンビン,‘仕事と恋愛’二兎を得る(インタビュー)
[ノーカットインタビュー]
09141445390_60800010.jpg
MBC週末特別企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’ドンス
俳優ヒョンビンに2009年は仕事と恋愛の二兎を得た年ではないようだ。
年初KBS 2TV ‘彼らが生きる世の中’でドラマPDチョン・ジオ役を通じて平凡な大韓民国男性の自画像を演技した彼は、最近放送中であるMBC週末特別企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’のドンス役を担って,カメレオンのような演技変身を試みた。
“私が君の使いっ走りが”,“道で俺を見かけたら知らないふりをしろ”のような状況,同じセリフだが,血も涙もなかった映画‘友へ’の中のマッチョなドンスはヒョンビンの演技を通して胸中痛みを持った凄然な人物で再創造された。
放送序盤には映画でドンス役を担ったチャン・ドンゴンと比較する視線も少なくなかったけれど、今はそういう論議もぐんとなくなった。
2009年の‘友へ,私たちの伝説’は、ものさびしくヒョンビンの作品で記憶されている。
◇‘大衆の無関心’に対する恐れ克服,演技無限疾走
‘ノンストップ’,‘アイルランド’を経て‘私の名前はキム・サムスン’を通じて,韓流スターに位置したのが、24才だった2005年だった。
大学(中央大)で演劇映画を専攻したので始めた演技,漠然と良い作品を通じて,名前を知らせたいという欲が成り立った時,彼に訪れたものは分からないむなしさと虚脱感だった。
“俳優は選択される職業でしょう。
私が好んで,演技をする時は幸せだが、大衆が私を求めず演技をできなくなれば不幸にならなければなりません。
色々な悩んでいる時,出会った作品がユン・ジョンチャン監督の‘私は幸せです’でした。
この作品を通じて,コインの両面のようだった演技観が確立され始めました。”
思春期高熱病にかかるように演技に対する深い省察の時間を持った彼は、大衆の無関心に対する恐れを克服した後,演技者として再評価受け始めた。
ドラマ‘彼らが生きる世の中’のノ・ヒギョン作家はヒョンビンに対して“大韓民国男性の平均的な姿を最も自然に消化した”と評したし,ドラマ‘友へ’のクァク・キョンテク監督やはり“80点を期待したのに100点演技をお目見えした”とほめた。
ヒョンビンやはり保身を図らない演技でこのような期待感に応じる。
釜山なまりで進行されるドラマ撮影のために、クァク・キョンテク監督が直接録音したテープ2ヶを24時間聞きながら過ごした。
おかげで視聴者掲示板にはヒョンビンのなまりに対して“初めにはぎこちなかったが、ますます自然になる”という好評が増加している。
組織暴力団特有のハスキーな声を作るために切ったタバコをまた吸うかと思えば、アクションシーンを撮影している間、膝が油筒にかかれる負傷にあうこともした。
だが彼は相変らず自分の演技に飽き足りない。
彼は100%完ぺきな演技をする訳には行かないが、自身が挑戦できる姿は100%を示したいと話しながら,欲を表わした。
“どんな事でも完ぺきにやり遂げたいから仕事をする時ごとに鋭敏になったりします。
毎作品撮影の時ごとに一度も満足したことがありません。
必ずOKサインが落ちてカメラ火が消えれば、なぜ満足にすることができなかっただろうかと後悔したりします。
ならないのを無理にしようとすることよりは、私が90%ができるならばその90%を満たすとみられたいです。”
09141557906_60800010.jpg
◇アジア驚かせたソン・ヘギョと熱愛...賢明な女が良くて
彼は最近同年齢の同僚タレント ソン・ヘギョと熱愛を公式認めた。
二人は昨年ドラマ‘彼らが生きる世界’で恋人呼吸を合わせた仲.
二人はドラマが放映終了した後にも着実に連絡をして過ごして去る6月ヒョンビンの告白で友だちから恋人の間に関係が発展した。
特にドラマ‘友へ’は二人の間を繋いてくれる一種の‘掛け橋’役割をした。
‘クサセ’撮影を終えたヒョンビンが‘友へ’撮影のために釜山に留まることになるや、二人の切ない感情がサランで大きくなったこと。
ついにお互いのサランを確認した二人は色々な障害を跳び越えて熱愛を公式認めるに至った。
ヒョンビンとのインタビューはソン・ヘギョと熱愛事実を認める前なされた。
彼はインタビューで“センスがあって賢明で,他人に配慮する術を知る女性”を理想に選んだ。
“私は仕事と恋愛を併行することは大変なスタイルです。
仕事をする時はなかなか他の所に気を遣うことができなくて,周辺の人々によくとりまとめることができませんね。
性格をちょっと変えるべきなのに....(笑い)それでさらに私を配慮する賢明でセンスある女性が良いようです。”
09141740109_60800010.jpg


終盤から撮ってるのに、だんだん自然になじんできたって所感はいかに?
ただ私的に疑問だったのが、1話冒頭のナレーションでの釜山なまり度合い。。。なぜ?

それは置いてさておき。
正直、熱愛ニュース見聞きしすぎて、ドラマ視聴に集中できるかなと危惧したけど、
始まったら、どんどんそんな話は気にならないくらい集中して見れたのでよかった
ドンスを見ていて面白いのは、その場に誰といるかで目つきも雰囲気も発する言葉の強弱も違うところだなぁ~。

ぷぷぷ、自己分析できてるね
唯一視聴率とは最近ご縁がないけど、俳優人生も私生活も常勝疾走ヒョンビンだね~
Comment

[209]

あははe-257
私も密かに思ってたのだよ。
だんだんなまりが馴染んできた云々・・・(笑)
まぁ、みんながビニ@ドンスに馴染んできたってことかな。

自己分析できてる。できてる(笑)
それを理解してくれる賢明な女性に巡り合えたのね~e-415
おめでとーe-348

[210]

でしょ~。
どうしてもヒトは色眼鏡で見てしまうものだね。
あたしも、あの役のだれだれが好きだったという気持ちもわかるからな~。
そういう場合の自分的盛り上がりe-415はそれっきりだ(笑)

ねー、ちゃれっそ、ビニe-278
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。