--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
14

【記事】ソ・ドヨン-イ・シオン,'コミック'と'真摯'を行き来するよ

【記事】ソ・ドヨン-イ・シオン,'コミック'と'真摯'を行き来するよ
記事入力2009.08.14 12:16最終修正2009.08.14 12:16 1 0
2009081411051708108_1.jpg
[写真提供=(株)眞人事フィルム]
[アジア経済新聞ユン・テヒ記者]俳優ソ・ドヨンとイ・シオンがMBC週末ドラマ'友へ,私たちの伝説'でコミカルさと真剣さを行き来する演技で目を引く。
ソ・ドヨンはドラマが成人期に進行されながら,新聞社社会部記者になる設定が繰り広げられている。
高校時期まで真面目なだけだったサンテクも、新聞社というなじみがうすい空間で収拾生活をする姿は愚かな用意.
電話を'引きよせて'受けろとの先輩の話に電話機を引きよせながら"何のお言葉なのか"として深刻がったり、出勤するやいなや先輩によって,酒の席に引きずられて行く姿,俗称'爆弾酒'を飲んで拍手しながら"以前に張禧嬪(チャンヒビン)が毒薬を'ワンショット'するや大臣らが拍手した"と説明する姿などは視聴者たちに意外な笑いを抱かせた。
社会的に深刻な事件に対してはあまりにも真剣な姿を見せながらも時折とんでもない行動で急変するソ・ドヨンに対して視聴者たちは"演技が実感出る"とか"意外な可愛い姿が見えて良い"という背中好評を送っている。
4人の友人の中で甘草役割をするチュンホ役のイ・シオンも同じだ。
劇中チュンホはソンエ(ペ・グリン扮)とともに常にいい加減にやってもめ事を起こしたり、コミカルないたずららをお目見えして,多くの笑いを与えるが時々真剣な姿を見せながら,演技の広い幅をお目見えしている。
高校時期ヌンチャクを振り回しながらコミカルな姿を見せながらもジュンソク(キム・ミンジュン扮)とドンス(ヒョンビン扮),サンテクがジンスク(ワン・ジヘ扮)ひとりに関心が傾いて,関係が疎遠になるや"友情のために女をあきらめよう"として真剣な姿を見せることもした。
成人期になっても各自の暴力組織に属して,関係が悪くなったドンスとジュンソク,そしてソウルで活動するので友人らと連絡がよくつかないサンテクの間で友情を守る姿を見せるなど'義理男'としての役割も正確にしている。
ドラマの製作会社の(株)眞人事フィルム側は"ドラマの中には真剣な内容もあるが明るくて笑いをあたえる内容も共存する"としながら"コミカルなキャラクターを別に置くよりは各俳優らが処するコミカルな状況による笑いを意図している"と明らかにした。
一方ヒョンビンとキム・ミンジュン,ソ・ドヨン他にもワン・ジヘとイ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリン,イ・ジェヨン,イム・ソンギュなどが出演した'友へ,私たちの伝説'は主要人物らが暴力組織の組織員,記者,銀行員などに変身しながら,ストーリーの面白みを増している。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。