--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
16

【記事】ソ・ドヨン“模範生?実際には人生悩み多いスタイル”(インタビュー)

【記事】ソ・ドヨン“模範生?実際には人生悩み多いスタイル”(インタビュー)
[2009-08-15 09:22:43]
200908150921381001_1.jpg
200908150921381001_2.jpg
[ニュースエン文イ・ミヘ記者/写真チ・ヒョンジュン記者]
ソ・ドヨンは漂う雰囲気がまさに模範生だ。
苦労一度もしなくて正しく育った金持ちの家のお坊ちゃんのようだ。
だからMBC週末企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’のチョン・サンテクとソ・ドヨンは非常に似ていた。
だがこれは偏見だった。
実際に会ったソ・ドヨンは人生に悩み多い20代の青年だった。
ソ・ドヨンにおいて‘友へ,私たちの伝説’は自ら何か作り出すことができるという勇気を与えたドラマだ。
俳優として一段階のぼることができる機会を与えた。
その間軟らかい美少年のイジミ(*イメージのあやまり?)がソ・ドヨンを代表したとすれば,‘友へ,私たちの伝説’を通じて成就欲と熱情を習った。
“今は本当に演技で認められたいという勇気を得ました。
美少年でなく卑劣な悪役,サイコ パスを演技してみたいです。
好きな俳優ですか?ダニエル・デイ・ルイス,エドワード・ノートン,ショーン・ペン…演技上手くて素晴らしい人々はみな好きです”
ソ・ドヨンは自ら人生に悩みが多いスタイルだと明らかにした。
‘友へ,私たちの伝説’中でサンテクは典型的な模範生だが,本人は勉強とは少し距離が遠かったと。
小学校の時から勉強よりは自身がこれから人生でしたいことを探した‘分別ついた’子供であった。
“その時から無駄だということは必要がないと考えたことのようです。
勉強が必要ないということでなく実用的でないことよりはまず私がしたいものなどをしたかったです。
その次に専門的に習うことができる機会があったら良いと考えましたよ”
ソ・ドヨンが演技をしなければならないと決心したことは軍隊であった。
除隊を控えて何をしながら生きるが確信ができなくてA4用紙に‘私は何が上手だろうか?’ ‘したいのは?’と考えながら,一つずつ消していって結局最後に残ったのが演技だったと。
“幼い時は大人たち言葉通り俳優は‘別もの’という感じがありました。
両親は医師や弁護士になるように願ったでしょう。
だがしたくてもできない医師や弁護士よりは演技というのをやりたいことである時、やってみるべきだとの気がしました。
直ちに両親にこっそりとモデルラインに登録しました”
20才から目標であった経済的独立のために一日11時間ずつ仕事をしながら金を儲けた。
お金が万ウォンもなくて大変に生きた時間もあった。
だが今考えればその時ぐらい熱心に,楽しく生きた時がないと。
そのような時間があったのでまさに今のソ・ドヨンがあるのではないだろうか?
“それでもその時は何をしても幸せでした。
責任感も大きくなって直接体当たりして,世の中を知っていくと人生というものに対する大切なことも悟りましたよ。
演技をしている今が私には本当に最高の時間です。
もはや目標は本物の俳優と認められることでしょう。”
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。