--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
21

ヒョンビンインタビューつづき①(TVDaily)

【記事】ヒョンビン"スター性 演技力 二兎捉えたい!"
[ソン・ヘギョと熱愛ヒョンビン電撃インタビュー]
TVdaily原文記事転送2009-08-21 13:36
16607.jpg
[TVdaily=ハ・スナ記者]
俳優ヒョンビンがスター性と演技力の二兎を捉えたいと告白した。
ヒョンビンは20日午後、TVdailyと持った単独インタビューで演技者としての抱負を詳細に表わした。
ヒョンビンは‘アイルランド’ ‘彼らが生きる世界’現在‘友へ’に至るまで決して軽くないキャラクターに挑戦したフィルモグラフィーを持っている若い俳優だ。
‘私の名前はキム・サムスン’でトップスター隊列に上がった彼だが,人気追及する可能性濃厚な‘定形化された’配役で彼を簡単に会えなかった。
まだデビュー7年目の若い俳優ヒョンビンの演技観が気になった。
ヒョンビンは“事実スター性と演技力の二兎をみな捉えたいです。
ところでスター性だけをついて行きたくはありません。”として話し始めた。
高等学校時期演劇を見て惚れて,演技者の道を選んだというヒョンビンは新人の時からたくさんのカメラ前に立ってきたしその経験が役に立ったとし,演技力に対する努力が後押しされないスター性は淘汰されやすいと強調した。
“新人の時すべてしてみました。
芸能ENGカメラの前にも立ってみたし,演劇もしてみて映画もしてみてシチュエーションコメディ,ファッションショー舞台にも立ってみました。
ところで演技が上手くしようとしてみれば(人気は)自ずと付いてくることになるようです。
スター性だけ追求してビジュアル的に何か見せようと演技でない違うものに重点を置いてみるならば淘汰されるようです。”
引き続き彼は“スター性と演技力,二兎は捉えたいが、目標は演技力側に行きたい。”と内心を取り出すとみられた。
だからだろうか。
現在出演中のMBC '友へ私たちの伝説‘この好評にもかかわらず,視聴率面で苦戦をまぬがれなくなっていることに対する心境を聞く質問にも彼は視聴率に意に介さないという立場を見せた。
ヒョンビンは“‘私の名前はキム・サムスン’ ‘雪の女王’ ‘クサセ’等に出演しながら,とても高い視聴率のドラマも経験してみてとても低い視聴率のドラマも経験してみた。”として“もちろん視聴率がたくさん出れば当時に視線も集中して,付加的に付いてくるのもあるがその両側を皆経験してみると演技する人には全く同じであるようだ。”と打ち明けた。
定形化されない多彩なキャラクターに挑戦しながら,演技の内面空白をじわじわ磨いていきつつあるデビュー7年目ヒョンビンはこの日インタビューで“比重がとても少ない役割でも(彼が感じるに)魅力的なキャラクターならばする意向がいくらでもある!
”として主,助演という区分に全く執着しないと強調した。
自身に今まで与えられた役割がただ主,助演の中で‘主演’だっただけだと話しながら,演技に対する情熱を隠さないヒョンビン.
彼がこれから映画とドラマでどんな八色鳥演技をお目見えしてくれるのか期待感を持つようにする意味深長な発言だった。

【記事】ヒョンビン"'シティーホール'で私の名前登場,気分良かった!"
[ソン・ヘギョと熱愛ヒョンビン電撃インタビュー]
TVdaily原文記事転送2009-08-21 16:16
16608.jpg
[TVdaily=ハ・スナ記者]
トップスターヒョンビンが人気の下に放映終了したSBS'シティーホール`で自身の名前が劇中びっくり言及されたことに対して愉快だったという所感を明らかにした。
この前放映終了したSBS'シティーホール`では劇中、シン・ミレ(キム・ソナ)がチョ・グク(チャ・スンウォン)に“私の前の彼氏はヒョンビンと同じような外見だった!
”と話して,話題になった。
’シン・ミレ‘役を受け持ったキム・ソナは前作’私の名前はキム・サムスン‘というドラマでヒョンビンと恋人関係で呼吸を合わせたことがある。
’私の名前はキム・サムスン‘は サムスニサムシギシンドロームまで呼び起こしながら,視聴率50%に肉迫する途方もない人気を集めたドラマであるだけにこれを記憶する視聴者たちに風変わりな楽しみを与えた大きな課題.
これと関連して,ヒョンビンは20日午後持ったTVdailyとの単独インタビューで“それと関連して,キム・ソナ氏と通話をしたりそうしたことはないが(それと関連した)記事を見て笑った。”として“‘それが(’私の名前はキム・サムスン`に出演した事実が)まだ議論になるよ’考えると気持ちは良かった。”と付け加えた。
引き続きヒョンビンは“もちろん他の作品らもあるが‘私の名前はキム・サムスン’という作品自体が現在ここまでくることができた最も大きい踏み台といっても過言ではないと考える。”として作品に対する格別の愛情を表わすことも。
またヒョンビンは‘私の名前はキム・サムスン’でキム・ソナとの撮影呼吸に対して“キム・ソナ氏はとても私を心安らかにしてくれたし呼吸もとてもよく合った。”と当時の記憶をたどった.
引き続き彼は“現在も時折メールをやりとりする。”として“撮影に入れば応援とモニターもされる。”とキム・ソナとの親密なよしみ関係がまだ続いていると伝えた。

過去記事
【記事】ヒョンビン"ソン・ヘギョと頻繁な愛情シーンがサラン育てた!!"はこちら
【記事】ヒョンビン'シティーホール'でキム・ソナの台詞でだけサプライズ出演?こちら
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。